FC2ブログ

繁忙期とラグビーW杯の狭間で

 今週水曜日に代休とったとはいえ週末休むのはちょっとだけ久々。半日寝て過ごし、増税前の買い物にでも出かけなくちゃなーと思いつつ、ある程度足りてるし食料もあるしということで、部屋の片付けをしつつラグビーみてたらたら。今のところ仕事道具は開いてない、本日。

 ラグビーW杯は盛り上がっているのかいないのか街中の様子からはわからないけれど、日本のチームがとてもいい試合してるのでこれからもっと盛り上がってくるのかな。個人的には小さく節約モードで盛り上がっているつもり。
 こんな繁忙期まっただ中なので現地の試合に行けないけど、これだけはと思って水曜日に釜石での最初の試合中継を有楽町まで行ってみてきた。大型ビジョンの画面の中の風景だけでもう胸がいっぱいになってしまった。青い空にブルーインパルスが飛び、満員のスタンドに新日鉄7連覇時代の遠い昔の頃のように、たくさんはためく大漁旗。震災の被害を被った町以前に、釜石ってやっぱりラグビーの町なのだ。釜石でW杯を開いてくれたことは本当にうれしいし、あの競技場こそまさに本物の Theater of Dream と言っていいのじゃないだろうか。大会のあともなんらかの試合を定期的に開催してくれたり、シーウェーブスががんばって一部に上がって、どんどん活用してくれたらいいなと思う。
 パブリックビューイングの会場もなかなか雰囲気はよくて、飲食コーナーでわいわいしながらビール飲んでだべっているおっちゃんたちや、バックパックのカップルや若者たちの姿に「ワールドだわー」と懐かしくなった。サッカーのときも思ったけど日本くんだりまで追っかけてやって来てくれるのは実はそれなりにお金持ってる層のおじさんたちか、切り詰めてる風だけどその競技愛のようなもので楽しんでる若者層の両極端のようにみえる。いずれにしても楽しそうだ。いい試合がみられることは一番だけど、日本での滞在を心から楽しんでほしいなと願う。
 でも端から諦めてた現地観戦だけど、やっぱ行きたくなってきちゃったな。

すずしい朝

 あーー寝た。ずいぶんと寝坊して起きてしまった。台風が去ってからも猛暑なみに蒸した昼夜が続いていたけれど、昨日の夜はようやく涼しいかも?と思えた。持ち帰り仕事のあとエアコンを切って少しだけ窓を開けてあとは熟睡してしまった。過ごしやすい温度で眠るとこれほどまでに違うんだなと起きて身に沁みて感じる。
 千葉や神奈川のほうではまだ台風後の電気の復旧が済んでいない地区もたくさんある。寝苦しい夜を送ってきた方々も昨夜は少しは眠れただろうか。一日も早く作業が進み、普段の暮らしを取り戻せますよう心から願ってやまない。

台風が過ぎて

 いや、昨日というか今朝方の台風はすごかった。それにも輪をかけて交通機関が例によってしんどかった。元々朝はある程度落ち着くまでうちの路線が止まることは前日からアナウンスしてあったしそれ自体はいいと思うけれど、運休解除と同時に駅に人が押し寄せるものだから、元々間引き運転で動いてる電車は乗りきれないし、ホームも人混みで超満員。いくら入場規制したって、もう電車が着く時点で乗車率120%ぐらいで来てるから、うちのあたりからだとひとり2人しか乗れないよね。そんな状態がなんとまあ昼過ぎても続いてたから、驚きましたわよ。まあ、自分の仕事的には打ち合わせや編集の予定がなければ定時があるわけでもなし、適当に出かけていけるのでいいけれど、まともな会社はそうはいかないだろうし。
  駅のホームの広さなんかは開設した当初と変わらないのに、どんどん乗り入れ合併がすすんで路線区間が長くなって利用客が増加していけば、電車がキャパオーバーになるのはあったり前だろう。というかすでに限界越えてるような気がする。だって、現に入場規制したって乗れない利用客いっぱい出てるし。もうちょっと、たとえば始発駅を終電の駅みたいにばらけさせるとか何らかの対策高じないとだめだろう。
 というかですね、そのようなインフラ状況で従業員の足の確保がままならないのなら会社だってお店だってフレックスに対応すればいいんでないの?ようやく最近じゃそうやって電車や店舗だって運休早期閉店とかだんだん取り入れるようになっているのだから、翌日の開けだって、思い切って会社ごと休むなり、出てくるにしたってもっと遅くてもいいような対応にしたってバチは当たらないと思うけど。

改革推進のはずが

 世の中に便乗して働き方改革すんぞーと意気込んでみたものの、9月の初っぱなから日曜出勤かつ残業してしまった。だめである。
 食生活はそんなに不摂生しているわけでもないし、むしろ去年に比べれば野菜も多めに摂ったり酒量も減少傾向にあるのでわりと身体関係は改善してるほうなんじゃないかしらん、るるるんと思ってたのに、一昨日期待して血圧測ったら全然高くてガッカリ。なんでだろう。まあ、一時期風邪が長引いて減少していた体重も回復基調ではあるのだけれど。やっぱり一度は病院にいって薬をもらった方がいいのだろうか…(涙)。でも、まだ自力でなんとかできる手は尽きてない気もするので、もうちょっとがんばってみる。たとえば早寝早起きとか。
 ということは、やっぱり本気で個人的働き方改革しないといかんよな、と改めて突きつけられる、まだまだ暑い9月の始まりなのであった。

8月の読書

今月はあまり読めてない。
がしかし、自分にとって苦手としていた
塩野七生先生をちゃんと最後まで読み切ったのは
ネタに興味があったとはいえかなりえらいこと。
これでちょっとはローマ人シリーズとかもうちょっと読めるかしら??


8月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:693
ナイス数:0

十字軍物語 第四巻: 十字軍の黄昏 (新潮文庫)十字軍物語 第四巻: 十字軍の黄昏 (新潮文庫)
読了日:08月24日 著者:塩野 七生
安楽死を遂げた日本人安楽死を遂げた日本人
読了日:08月16日 著者:宮下 洋一

読書メーター