FC2ブログ

お片付け

 同居人が出張に出ると毎度わりにはりきって片付けものをする(自分比)。季節のものを入れ替えたり、カオス化している物置部屋を片付けたり、もろもろの箱ものやらを解体して資源ゴミに出すなど帰宅後夜中までわさわさやってることが多いけど、今回は手つかずになっていたネコものを少しずつ片付けるという使命を自分に課していた。ほとんどきれいなままで残ってたベッドの下に敷き詰めてた粗相予防のペットシーツをみてまたおいおい泣いてしばらく進まなくなってしまったもののなんとか処分し、療法食や普通のフード、サプリ・おやつ類は消費期限を確認してまだ余裕のあるものは保護猫カフェさんに譲る箱の中へ。爪研ぎストックやトイレ用のチップ/シーツもだいぶ袋を開けないまま残っているけれど、たぶん使っている飼い主さんを見つけてから譲った方がよさそうだからしばらく保留。Pこが使ってたトイレや爪研ぎは今回片付ける頭数にはいれてない。あまり変わり映えはしないように見えるけれど、これでも頑張って片付けてるほうだと思う(再び自分比)。

 ネコのもの以外にも、ときめかない(笑)書籍類や服やら小物類を処分しようと仕分けている最中ではあるけれど、実は2月の休暇中にネコさま病院代の足しになればと食器や靴など見繕って買い取りに来てもらったことが1度あった。うちには高級ブランドバッグやら洋服・服飾品は皆無なので、せめてもの北欧食器や履いてないほぼ新品の海外ブランドの靴など全部で30点ぐらい見てもらったのだけど買い取られた金額は全部で7000円。食器はともかく婦人靴はでかいサイズだと高く買い取れないんだそうだ、再利用の需要がないから。…わかっちゃいねーな。普段、そういうサイズの少しでもよさげなデザイン探して海外サイトとか探してる自分のようなデカ足おなごにしてみれば、いくら出しても欲しい人間はいるんだよ、ごルら!と言いたくなったけど、これもPこの薬代のためとぐっと言葉を呑み込んだのではあるのだが、ってか一応「インターナショナルサイズでもほしいと思う人は必ずいると思いますけどね」とは言ったさ。とりあえず、もう二度と靴は売らねーよと思いましたよ、売れるようなの残してないけども。
書籍や食器はもうちょっとジャンルを絞って買い取ってくれる先を引き続きリサーチしてみようと思っている。

ごはんメモ
朝 ミートパイ ピザトースト小 キュウリとトマトざく切り コーヒー ヨーグルト
昼 玄米ごはん ヤムウンセンサラダ ミックスベジマヨあえ ポタージュスープ

夜 キャベツスープトマト風味 玄米 じゃこ天

コーヒーに悩む

 去年の暮れあたりか今年の初めぐらいか、今年の花粉は史上最強で昨年比*万倍!みたいなことを言ってた気がするのだけど、どういうわけか去年一昨年よりかはマシだった気がする。多少の頭痛はあったけど点鼻薬も1本使い切ってないし。もしかして2月に泣きすぎて体液が減少しすぎたのか、それとも体質自体水分が枯れてきたのかよくわからないけども、自分だけかと思ったら職場の花粉おとーさんsたちもいつもに比べればそんなにヒサンじゃなかったので、やっぱりそんなに大量には飛散してなかったのかもしれない。よかった、自分が枯れてたわけじゃなくて。

 花粉の時期には粘膜系がデリケートになっているせいか、コーヒーがあんまり飲めない。特に我が家は深煎り派で普段は朝から晩までいくらでもがぶ飲みしているのだけれど、春はキツイのでミントティーばかり飲んでいる。でも今年はそんなわけでさほど影響がなかったのではあるのだけど、なぜかここに来てなーんかコーヒーがおいしくいただけないんだけど?という事態になっている。
 器具が古くなってサーバーに澱でも溜まってきてるとか? でもこのまえオキシクリーンできれいにしたばかりなので、そんなにすぐ溜まるとは思えないし。豆はここのところたしかに一定していない。というのもカルディのコーヒーパスポートなるものを暮れから使い出して、1種類違う豆を買うたびにスタンプを押してもらえるので、毎度あれこれ違うものを買っているから。とはいえやっぱり酸味のある豆にはそんなに惹かれないので厳選してるつもりなんだけどなんとなく酸っぱい気がするのよね。単なる選択ミスだったんだろうか。まだずいぶん残ってるけど豆をかえてみようかしら。もしくはハンドドリップで試してみるか。

 そういえばPちこはコーヒーのかおりがあまり好きじゃなかったようだった。うちらが普通に朝コーヒーを飲んでいるときは横で寝てることが多かったけど、そばでカリカリ豆をひいているとおもむろに目を覚ましてすたすた離れていったことがよくあったっけ。みかんとかレモンとかフツー猫が嫌いそうな柑橘類のにおいには全く反応しなかったし、そんなに鼻が敏感に利いているようにはおもえなかったPちではあるけど、なぜかコーヒー豆には反応していた。

ノートルダムの火事

 昨夜遅くまで自宅仕事しつつそろそろ寝ようかという時間、そのまえにツイッターでもと開いたときに飛び込んできたパリ・ノートルダム大聖堂の火事には目を疑った。激しい炎を上げて燃えさかっている画面を呆然と見つめていたらあの尖塔が焼け落ちる映像が。観光で訪れた程度の自分でもショックだったのだから、パリの人、フランスの人たちはどんなにかショックだったろう。長い歴史の中では革命やら戦火もあっただろうけれどそんな年月をくぐり抜けてきた建物があっという間に失われて行く様子はあまりに儚かった。消火活動が続く中祈ったり賛美歌を歌いながら様子を見つめる人々に心が痛んだ。状況は違えどアフガニスタンのあたりでタリバンに破壊された岩壁の仏像の写真を思い出したり。つらい。
 最終的なダメージがどれほどかは分からないけれど、もう国を挙げての再建の計画や援助寄付の報道もでている中、相変わらずいまだにストやら続くフランス国内も、このことが心をつなぐじゃないけれどひとつになったりするんだろうか。ならば大聖堂も本望なのかもしれないけれど。
いつの日か再建されたあの場所を訪れられたらいいな。

期日前の投票とか

 明日から1週間ほど出張にでる同居人が出かけてる間に選挙も終わってしまうということで期日前投票に行こうとしたのだけれど、昨日の時点で候補者の情報が得られるような区の広報も新聞報道もネット関係はまったく更新されておらず、おまけに今日は朝刊休刊日。なのにもう月曜から投票できるって何見て決めりゃいいねん、なんかいい加減じゃね?とぶーたれていた。さすがに今日になってからネットには情報上がったらしくそれ見て出かけてきたらしいけど、そんな慌ただしい日程では候補者をじっくり選べないよね。でも、初日にもかかわらず意外と混んでいたんだそうだ、投票所。自分も今回はもう行ってこようかな。ある程度決めてるし。

 ともかく、明日からネコなき後はじめての留守番なのだ。10年以上ぶり、この部屋に越してきてからは当然初めてのまるっきり単独長めの留守番なのである。憂うつ。通常なら毎年3月には約2週間+αの同居人不在期間があるのだけれど、今年はたまたま出かけられずに済んだのでどんなに安堵したかわからない。3月11日に一緒にいられたのは今回が初めてだった。震災の年以前からあの時期はいつもいないけれど、今年あの頃に出かけられて一人で家にいたら外には一歩も出られなかったほど落ち込んで毎日涙に暮れていただろう。それから約ひと月ほど経っての留守番だけど、やっぱりたまらなく寂しくなると思う。本当は同居人がいない間自分もどこかに出かけていたいけどそうもいかないし。お世話は要らなくなったけどPこもしろちゃんもここにいるから放って置くのもかわいそうだし。
 まあ、今でも向こうに気兼ねしているわけではないけれど、泣きたくなったら気にせず好きなだけおいおい泣けるということはプラスかもしれないと考えてみる。酒でも飲みながらゆっくり普段通りのことをする努力はしてみようと思う。

仕事でお付き合いのある方が翻訳大賞を受賞された。すごいなあ。とてもめでたいことだ。
Kさん、本当におめでとうございました。

ライブ2つ

 今週は新旧2つのライブにお出かけ

IMG_4807.jpg

 まず、未見のアーティストは積極的に出かけようライブ今年第2弾というわけでRINGO STARR And His All Starr Bandを観てきた。過去に何度かメンツを変えて来日しているけれど、「リンゴとそのお友だちバンド」というわけで今回はTOTOのスティーブ・ルカサー、元ジャーニー、サンタナのグレッグ・ローリー、メンアットワークのヴォーカルだったコリン・ヘイなどなどというメンバー
 リンゴのソロの曲は実はそんなによく知らないのだけれど、どこかで耳にしたことがあるナンバー揃い。そしてALL STARSの面々の曲もキラ星のような70〜80年代全米チャート大ヒット三昧にホワイトファンクのヒット曲といえば絶対聞いたことがあるアベレージ・ホワイト・バンドのPick up the pieces(ってタイトルだったんだな)などなど贅沢のひとこと。個人的には2年前のサンタナのライブの時から、ってかジョナサン・ケインのジャーニー初めて観た時から生で聞きたい!!と思ってたグレッグ・ローリーの歌声聴けただけで大満足。まあ、ジャーニー時代の曲が聴けなかったのはちょっと残念だけど…なんてわがままは言わないよ。ルカサーと共に前回も来てるらしいこの2人はなんか兄弟っぽかった。しかし、リンゴはめっちゃ若い!スッキリしたスタイルに往年のタイトなドラミングにビックリ。正直言って2才違いのポールよりずっと若々しいよね(ポールももちろん若いけど)。気軽に人生楽しんでるかっこいいおじ(い)ちゃんって感じだった。あんな風に歳取れたらいいね。また来たら観に行きたいよ


IMG_4823.jpg

 もうひとつはビルボードで観たマーカス・キング・バンドというバンド。全く聴いたことがなくてサイトの解説でブルースロックのバンドらしい、というのだけ読んでじゃあ観てみようかと出かけてみたんだけど、これがもう大当たりというかすんばらしかった!ギターとボーカル担当のリーダー、マーカス・キングくんは22歳ぐらいらしいのだけどぽよぽよした身体にベビーフェイスでみるからに若っけーなという感じの子なのだけど、曲が始まるともう曲調、ギターになによりハスキーでちょっと高めのジャニスっぽくも聞こえる声がすごくいい。ブルースロックというかサザンロックというのか、あまりにかっこよくてしびれたね。たぶんホーンセクションもいれてほかバンドメンバーも若いのだろうけれど、インプロで自由にアイコンタクトしながらばんばんソロ聴かせるところなんぞも、楽しそうで非常にいい。お客は今まであそこで観た中では決して多い方ではなかったけれど、あんなにわくわくさせられるライブを観たのはものすごく久し振りだった。たぶん翌日ECみるよりはぜーんぜん熱かったと思う。思わぬ拾いものなんて言っては失礼だけど、遅ればせながらちゃんとアルバムフォローしたい。
(…なんて思ってたら、ECもなかなかよろしかったらしいですけれど、ジョン・メイヤーが飛び入りなんてそれだけですごい。エドシーランがジョンのライブに飛び入りなんてのもすげーとびっくりだったけど)