FC2ブログ

久しぶりのお日さん

 梅雨前線どっぷりの日本列島ではいろいろなところで大雨がふりその被害の大きさには心を痛めるばかりだけれど、強弱の雨がふったりやんだりこちらも続いていた東京では今日ようやく太陽が顔を出した。たまっていた洗濯物はすでに金曜の夜に一度洗って乾燥機かけに出かけたりしていたけれど、昨日に続き今日ももちろん洗濯続行。少しでも行けそうなら全部、いや余分に洗っとかないと次いつ晴れ間が来るか分からんし。
 そしてあまりの日照不足にLEDライトまで買っちゃった水耕野菜たちにもわずかな時間でもと外に出しておてんとさんを拝ませる。ちなみに最初に蒔いて野菜らしく成長中なのはルッコラsのみ。パセリもまあがんばってるけど、レタスは瀕死でセロリは全滅。レタスとセロリは鉢に蒔いた方はまだスローペースで成育中。ルバーブも土に植え替えて地味にそれらしい小さな茎が出てきて期待。
 そんなわけでこの週末は洗濯に栽培もののお世話にフリマ用のあれこれなどおうち活動が充実していて外に出る気が起きない。感染者が連日200人を超えているこの頃なのでそれはそれでいいのだけれど、再開してようやく動きが見られるようになってきた仕事の今後はどうなるのかしらとやっぱり気になる。
 期待されていたアビガンなんかは思ったような効果が得られていないようだし、やっぱり一足飛びには何事も進展しないもんだろうけれど、ならばそれなりの対策は行政に責任を持ってとってほしい。とりあえずこれ以上の感染拡大に繋がるようなGOTOキャンペーンは見合わせるべきだろう。そしてますます帰省が遠ざかるのか。

お見舞い

 九州地方の大雨が大変なことになっている。ここのところ毎年といっていいほど大雨のたびにとても深刻な被害が各地で出ているけれど、以前はここまで甚大なケースって多くはなかったように感じるのは気のせいだろうか。あまりの被害の様子にとても心が痛い。今年はコロナのこともあるから避難される方々も本当に大変なことだろう。
どうぞどうぞご安全に。そして雨雲が早く去ってくれますように…。

週末からのあれこれ

土曜日 7/4
 4月半ばにオンライン飲み会をしてオフでは去年の年末以来という友人たちと飲み。この3桁感染者数連発のときにいいんだろうかと内心思いつつ、「ほんとに行くんだ?」と同居人に呆れられ、反抗心に火が付いたわけじゃないけど当日は雨だったし人出も多くないかしらと出かけてきた。浅草っていうとやっぱ日中の方が観光客も多いイメージだけど、待ち合わせた16時の時点では街中にも予想したよりも人出があって少し…と思った。でも駅近の居酒屋さんに入ってみたらお客はうちらともうひと組だけ。途中もうひと組を見かけたけれど、20時ぐらいにお店を出るまでお客はそれ以上増えなかった。お店のフロアスタッフさんも1,2人ぐらいしかいなかったし。地元の商店街や普段の職場近くでも夕方には「密じゃね?」と思えるぐらいお客が入っているのはしょっちゅう見かけるけれど、土曜日のあの時間それなりの歓楽街であの入りは本当に厳しすぎるだろう。とはいえこちらといえば広い空間でのんびり安心しつつ「やっぱ直接会って話したほうが話が弾むよね」とかいって喜んでたんだけど。
 いつもより多めにお酒も食べ物も頼んだつもりだけど、話に夢中で帰りの電車でお腹がすいたので、地元に戻ってからコメダでおやつ。こちらは入店した直後夜の9時近いのに待ちの列ができるほどの盛況っぷりで以前の様子に戻っている。モヤる。

日曜日 7/5
 雨がやんだところを見計らって都知事選の投票へ。近所の投票所に関していえば人の出足はいつもの選挙ぐらいだと思う。そしていつものように20時までの投票締切時間あたりに開票番組が始まったら現職当確の発表。ツイッターでも誰か書いていたけれど、あれって本当に有権者バカにしてると思う。20時の時点で投票所に並んでいれば時間が過ぎても票は投じられるということだけれど、出口調査を持って結果を早々とぶちあげてしまったら、誰だって気を削がれるだろうよ、最初から「圧勝」みたいにいわれていた今回に限らず。そんな報道の仕方してたらいつまで経っても投票率なんて上がるわけない。選挙なんていったってなにも変わらない、誰が当選しようが自分ら関係ないとか無意識のうちにすり込まれるだろう。ましてこれもいつものことだけど、今回なんて討論会含め選挙にまつわる事前の特集なんてどこの局でもやってないだろ。まったく政治に対する公平な判断材料を提供することが出来ない、する気もないのか。マスコミが機能してないことをホント実感する。
 結果に関していえば震災の年にあった都知事選と同じような展開だろう、あの時もむかっ腹しか立たなかったが。だけどコロナの対策もオリンピックに関しても全部半端な中で音頭取りの首長が変わることが果たしてよいことなのか微妙なところはあったと思う。全幅の信頼を置いての圧勝とは違うと思う。

月曜日 7/6
そして東京は今日も100人こえてるそうだ。

ゼロからのスタート

 毎年連休明けに受けている健康診断はさすがに自粛期間は行われていなかったのだけど、自粛が解除になって受付も再開され、できれば例年とあまり離れない時期に受けるべしとのことだったので月曜日に病院に出かけてきた。
 正直いって今年は少しだけ自信はあったんだよね。というのも連休中に自宅で測った血圧は120/80ぐらいというここ数年みたこともないくらい標準的数値。通勤時には職場までひと駅分は行き帰り歩いてるし、何より職場周りにファストフード店が少なく利用回数がずいぶん減ったことが功を奏してか体重も下降気味。そんなわけで「今年は絶対バッチリ」っていうミョーな手応えは持っていたんである。
 健診当日は晴れ間も出たし早起きして気分よろしく洗濯までして、余裕でお茶の水に向かった。予約時間より30分以上も早く着いたけど、今日はそれほど混んでないからと受け付けてもらえていざ測定へ。
 まず体重。看護師おねーさんのマスク越しの声がよく聞こえなかったんだけど、「****で、なにかなさったんですか?」ってなんのことだろ…?と思ったら、最大値を記録した去年から3〜4キロは減っていたので何か努力したんですか?みたいなことだった。そんなこといわれたらこちらも舞い上がっちゃうじゃんね〜!「いやーガンバッタンスよー」とかほくほくしつつおねえさんと「実はですね、」なんて無駄話をして盛り上がったんだけど、その流れて次、血圧測りましょっかーと進んだところ 
 測定その1の値170/150…。
 「ちょっと興奮しちゃったのかもですねー。ほかの測定済ませてからもう一度測りましょう」ってことに。機械に腕突っ込むあの測定器って嫌いだし、一発でいい数値なんてでたことはないので2回測るのは毎年のことではあるけれど、
 測定その2は150/130…。
 やっぱりちょっと高いので内科の先生と相談してみてバリウム飲むか決めましょう、とのこと。え?血圧高いとバリウム飲まなくていいんすか?だったら飲まないに越したことはないのだけど。
 でもって内科医による測定その3。
168/135。
高いですねえ、って自分でもビックリだもの。胃腸で特に気になることがなければバリウムはやめときましょうかと先生がおっしゃるので、飲まなくていいなら飲まないのは嬉しいです!!と応える。そんなわけで基礎コースからバリウム分の代金は引かれて領収書は戻ってきた。
 血圧に関してはこの数値だと健診カルテに特筆コメントはつくだろうし、血圧手帳のようなものも発行されるかもしれないとのこと。でも体重が減少傾向なので早急に何か治療をとはならないと思うけれどお家できちんと計測して気をつけるようにと恒例のアドバイスを頂き今年の健診終了。にしたって自分の勝手に持っていた自信のようなものは、なんかこう、上げて落とされたっちゅーか星の彼方に吹っ飛んだ。ダメじゃんとしか思えない。2週間後のカルテ到着がヒジョーに憂うつなんである。なんでなのかしら。
 でも、あれから折りをみて家で血圧測っているけれど、高止まりというかいつも見慣れた130〜140台/90台しかでやしないんだけども。もしかしてあそこの機械がおかしかったんじゃ?とも思わないでもないし、たしかに出かける時には早歩きもして、着いてからもひと息して汗が引く間もなく健診に突入してしまったし、それで余計にドッキンドッキンしてたとか…。ってか単純に本番に弱すぎる自分を発揮してしまった感もありあり。
 と、あれこれ言い訳じみたことを考えてみるけれど、ドクターストップがかかってバリウム回避という嬉しくもありがたくない経験をしてしまったことには変わりないので、センターからの帰りがけには本屋さんで血圧の本を買い、スーパーでお酢やレモン果汁も大量に買い込んできては再び脱高血圧を目指す。ゼロからってかマイナスからのスタートなのであった。

今年も後半

 今年も残り半年。バタバタどたどたと過ぎていった日々に、いつも以上にあっという間と、まだ半年しか経ってないとは思えないくらいの遠い感覚が入り乱れている。世の中が経済活動を再開させても、仕事は相変わらず予定も量的にも先のことは本当に見通しがきかないしわからない。年末まで、その先も、お給料ちゃんともらえるのかしら。
 今まで抱えてきたエベレスト級のツケもあるし、この先無駄遣いは厳禁であるのだけれど、そんな中でも小さな楽しみは持っていたい。そんなわけでおかずの足しやら小遣いの足しになったら儲けもんだしと手を出してみたのは水耕栽培やフリマだけど、そう簡単にことが進むほどやっぱ甘くはないのだった。フリマはともかく水耕栽培なんて発芽まではばっちりだけど、なかなか大きく育たなくて毎度スプラウトをもしゃもしゃ食ってる状態なのだから。でもまあ、それなりには楽しいんだけど。
 そのほかまだ時間やちょっとだけ気持ちも切羽詰まっていないのを利用して、本を読んだり勉強も、ほかにも…なんて考えると、週3出勤でも多いぐらい家でやりたいことはたくさんある。これで先立つものがあったらいうことなしなんだけど、それは誰だって同じだろう。
 そんな事をぐるぐる考えながらも今日もPっちーに「猫の手かしとくれ」とミラクルのお願いをしてみる。Pちこにしたら非常にいい迷惑だとは思うけど、まあ頼みますよ。