2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014.02.15 (Sat)

今週のつぶやき188

またしても首都圏は週末の積雪。先日よりは量は若干少なそうな感じだけど、うちの近所も昨夜はこんな具合でした。

DSC_1944.jpg

反対側

DSC_1945.jpg

たしか前もバレンタインの夜に雪降った記憶があるなーと考えていたら、ここに越してきたばかりのころだから3年前の2011年のこと。あんまり結びつけたくはないけど、今年は何もおこらないといいけど。

 そんなこんなで昨日の夜は、カーリングでうちひしがれつつもイギリスビューティー選手が好みだと浮かれる同居人にバレンタインのケーキを食わせて(…といっても半分はやっぱりわたしの「自腹」に)ちょっと仮眠後、今季初のオリンピックリアルタイム観戦でした。羽生クンはじめ日本の選手の演技は当然ハラハラバクバクしながら観ていたけれど、パトリック・チャンでもあんなに焦ることってあるんだなと、ちょっとかわいそうになったよ。やっぱりオリンピックって特別も特別なんですね。
 でも、競技者としては残念な結果だったかもしれないけれど、パフォーマーとしていつまでも演技を観ていたかったのはやっぱり高橋くんだった。やっぱりその点で彼の右に出る選手っていないと思う。この先も早々は出ないでしょうね。
歴史に残るすごいアーティストだと思う。

DSC_1950.jpg

本当におめでとう羽生くん。…ってかちゃんとみてないPち。

タグ : Life オリンピック

17:18  |  ヒビつらつら  |  コメント(2)

2014.02.14 (Fri)

プルシェンコ

 ソチ五輪が始まり約1週間。今回はアイスホッケー男子の放送があまりに少なすぎることに向かっ腹をたてたわたくしは勝手に抗議を決め込んで(?)ほとんどライブの放送を見てないのだけれど、カーリングに一喜一憂してる同居人がまめに録画かけてくれてるのでなんだかんだ言いつつもちらちらみたりしている半へたれぶり。メダルを期待されていた有力選手が惜しい結果に終わっているのかと思えば、若者たちが表彰台に登ったりとかしているようだけど、やっぱり国のためとかいう以前に自分が悔いなく力を出し切って結果がついてくるのであればそれでいいじゃん。出し切れなかったことを一番悔いるのも選手なんだし、それまでやってきた自分の努力が報われるようにがんばってほしいと応援するってことでそれ以上外野がとやかく言わなくていいと思うけどね。

 そんなわけでフィギュアも録画でしかみてないんだけど、羽生クンは大したもんだし、でーすけだって十分表彰台は狙えると思うし仮に結果が着いてこなくてもあんなにきれいなスケートできる選手はあの中にはいなかったと思うし、町田君も「逆バレンタイン」なんつーコメントを残せるだけの心の余裕があるのならまだ行けると思うし、ジェレミーはあんな酷い転倒してもすごくがんばったなーとか、「カナダのトム・ソーヤくん」と勝手に命名したケビン・レイノルズ君が使ってるAC/DCに興奮したり、ジュベールやらベルネルくんやら…とそんな熱心に観てるならリアルタイムでみろよって気もするんですが、プルシェンコの棄権はすごく残念でした。
 やっぱりロシアの男子枠1人しか選べなかったっていうのがそもそもマズかったんじゃないのかしら。だってプルシェンコはどうしても外せなかったコマなのだろうし、団体戦の種目が決まった時点でっていうかソチでやること決まった時点でせめて女子並みに男子も3枠ぐらいとれるような強化をして来れたらよかったのに……。
 でもってあの団体戦も、選手にしてみれば個人種目別に先だって実際のリンクで競技できることで氷に慣れられるという利点はあるのかもしれないけれど、仮にケガとか消耗してしまったらリスクは増えるわけだし、団体専用の選手を加えられないのであれば枠が1つしかない国の選手には当然負担になるだろうし。プルシェンコにとっては、チーム・ロシアとして金がとれたのは、もちろん彼のパフォーマンスも素晴らしかったし勇姿を観られてよかったと思うけれど、せめて個人種目のあとに国別対抗を持ってきてもよかったんじゃないかと思うんだけど。これまた部外者の余計な邪推ではあるけれど、なんだかモヤモヤしたものが残ってとっても残念です。
 とりあえず今日のフリーはみんな出し切れるといいですね。願わくば日本の選手が1等賞のメダルがとれるといいけれど。
 プルシェンコはこれが本当に最後になるとしたら、お疲れ様としか言えないですね。すごいカリスマだったと思うし、いい選手でした。ゆっくり休んでほしいです。

タグ : オリンピック フィギュアスケート

16:57  |  sportこばなし  |  コメント(0)

2010.02.28 (Sun)

今週のつぶやきその8

 気がついたらにゃーの日から日が開いてしまいました。今週はそれまでのつけといえばそうなんですが、いきなりぎゅーぎゅー詰めてんてこ舞いの末、フィギュアの女子すら週末まで見られず、おまけに昨夜は終電乗りっぱぐれて朝まで残業。綱渡りの末あげた表仕事はとりあえず事故なく半分終えられたようなのでほっとしてたところです。

 さてそのフィギュアですけども結果、シングルの代表選手6名全員が入賞で終わったのってすごいと思います。やっぱり日本って(というか名古屋スケート界?)って層厚いんだなあと思った次第。女子の真央ちゃんとヨナちゃんの一騎打ちというのは、ショートの演技だけ終わったときには数字に出ているほど差はないんじゃないかと思ったし、トリプルアクセルの技術に対する基準点がもうちょっと高くてもいいだろうというのは自分も同感だったけど、結果はどうこう言ったってしょうがないでしょうね。ヨナちゃんは実際パーフェクトだったんだから。
 とはいっても、真央ちゃんも今期の不調の出だしからすればよくぞ持ち直したものですよ。あの単調でひたすらぐわーっとヘヴィーなフリーのプログラムをあそこまで鬼気迫る表情でみせたんだもの。来期のプログラムを客受けのいいものにしろとは言わないけれど、やっぱり真央ちゃんのスケートの魅力はオルゴール箱のなかでくるくる踊っているバレリーナのお人形さんのイメージなので、そんな軽やかなプログラムがみられたらいいと思う。

 とりあえず明日でオリンピックは終わりですが、なんてったって楽しみはアイスホッケー決勝ですよ。うぉー

タグ : フィギュアスケート オリンピック

23:17  |  sportこばなし  |  コメント(0)

2010.02.21 (Sun)

今週のつぶやき その7

・ヨコハマ地ビールHACHEYハッチーってのんで見たいなあ。ほんとに甘いらしいけど。

・月曜には午前中仕事をサボって先週から始まった「午前10時の映画祭」に行ってきた。観たのは『フィールド・オブ・ドリームス』。大好きなんです、これ。映画はさておき、やっぱりニュープリだけあってきれいでした。同作がユニバーサルの作品だというのは(配給じゃないよ)今頃気がついたんだけど、ユニバーサルのプリントはPFFなんかでみてもちゃんとお手入れ管理が行き届いているというか、火事騒動があって焼き直しなんかも進んでる気がします。もちろん今回はネガから焼いてるんでしょうしどうしたってきれいとは思うけど。とにかくこれぐらいの年代のハリウッド映画って当時のプリントはとうにジャンクされてるだろうし、DVDなんかは廉価版もごろごろしてるから一番プリントでは見にくいのかしらと思ったり。限られた場所に時間帯ではあるけれど機会がある方はぜひ観てほしい企画です。次はどれに行こうかな。

・今週はといえばオリンピック前半戦。スピードスケートに続き、男子フィギュアやらカーリングに世間並みに大盛り上がりの我が家でした。
 さてフィギュアですけども高橋クンの銅メダルはめでたいけれど織田くん、小塚君も大健闘というかそれぞれがほとんどもてるものは出し切った結果でよかったと思う。それだけにあの靴ひも事件はねぇ自己責任といえばそうかもだけれどかわいそうでした。小塚くんはフリーで4回転飛んだときには砂嵐テレビでは両足着氷になってないかしらとはらはらしたけど判定されててよかった~。というか、今回の採点、その辺全般的にそんなにきびしくなかったように思いますけども、ジョニー以外の選手には。
 なんといっても日本人選手以外に大会を大いに盛り上げたといえばジョニーでしょう。その試合前のなんかの番組でスケートを始めたきっかけとか前のコーチとの絆と別離みたいなキャリアの紹介に混じって、私生活紹介のコーナーで親友クンと一緒にお風呂に入ったりベッドで戯れる衝撃映像が流れて、これはやっぱり真性か!?と迎えた本番。大会直前には衣装についてる毛皮の飾りでその手の団体から突き上げを食らったニュースもありましたが、それがあのショートのピンクおリボンにとってかわったんでしょうか。そしてプログラム中の投げキッスの嵐。開き直ったとしか思えませんでした。ステキ~。そしてとどめはフリー演技後のコーチも照れ笑いを浮かべる真っ赤な花冠。いやーもうジョニーにはヤラれました。もちろん正統派王子のランビエールさまにもときめきましたが、めろめろ王子はジョニーに決定ですな。
 なーんて書いちゃっててもジョニーは結構本当にミスも少なく出来はよかったと思うし、もうちょっと点数出てもよかったと思うんですよ。正直、フリーの演技終わったときにはあー高橋くん3位になっちゃったかもと思ったし。少なくともパトリック・チャンなんかよりはジョニーのほうがずっとよかったと思うのにな。
 あとはやっぱヨーロッパの実力派の選手の不振がすごく残念でした。ジュベールは本当にどうしちゃったんでしょう。。次の大会はいつもの強さを取り戻してくれるといいですね。それからプルシェンコはたしかに格の違いみたいなオーラは全然違うけどやっぱちょっと衰えたのかなというかキレが足りなかったですね。やっぱフィギュアは男子に限らず強いロシア選手がもっと出てきてくれないと寂しいです。今回出てたロン毛の彼にも注目ですがぜひ次世代の選手をお願いしたいものです。

というわけでフィギュア男子特集でした。来週は女子か?

タグ : 映画 オリンピック フィギュアスケート

23:32  |  sportこばなし  |  コメント(4)

2010.02.14 (Sun)

開会式雑感

 日にちを1日違えていて生放送を見逃してしまったので夜の再放送でみた開会式。本番の時間が押していたらしく再放送ではだいぶ編集もしてあったようで、中継時にみなさんが「男前だ」とおっしゃってたk.d.ラングが「ハレルヤ」を歌ったという場面は見られず残念。Youtubeあたりにはもうupしてあるのかな。
 出し物に関しては移民王国というか様々な先住民のカラーを生かしたものではあったけど、さすがハリウッド映画の経費節減先というかポスプロ王国だけあって演出はエンターテインばりばり。でも最新のテクノロジーを駆使したそれは確かにすごかったけど、北京の開会式の演出のほうが肉体の美しさであったりより血の通った部分での賛歌をテーマにしてあってよかったじゃないかというローリングストーン誌のピーターさんのご意見にはうんうんと頷いてしまったりする。北京だってテクノロジー的にもすごいものはあったと思うけど、あの肉弾戦というか太鼓部隊は圧巻だったもんね。とはいってもあのパンクス風リバーダンスはフレデリック・バックの短編アニメーションを思い出したりしてなかなかおもしろいと思いました。長かったけどね。

 五輪旗を持ってきたドナルド・サザーランド、なんで関係ないのに出て来るんだろうと思ってたんですがカナダ人だったんですねぇ。知らなかった。聖火の最終ランナー(とはいわんのか)はウェイン・グレツキーで納得ですが、パトリック・ロワはどこかに顔出したりしたんでしょうか。
 聖火といえばあの点火台の故障はあらま、って感じでしたけどもあの部分の点火を担当していたカトリオナ・ルメイ・ドーンさんが非常に冷静沈着でしたねー。というかあんな状況ではどうしようもないでしょうけど。

 選手団のファッションはやっぱりイタリアのコートが素敵と思いました。

さて、愛子ちゃんはまた惜しかったようですがそのほかの競技はどうなることか。あと、あのスノボの子の騒動はなんか朝青龍事件ってか朝潮を思い出した。監督不行き届きとか周りが野放しとかいう意味で。
それから、ボールをける代表の話題はする気、ないです。

タグ : オリンピック

22:20  |  sportこばなし  |  コメント(0)

2008.08.24 (Sun)

でましたね

ぺいじさん、CGではありませんでした。
なんでぺいじさんなんだろうとしばらく考えたんですが
きっとノンポリだからですね。
とりあえずお元気そうで何よりでした。
民放のニュースだと案の定ベッカムしか映ってないけどさ。

 そんなわけでオリンピックは終わってしまって事前の予告よりもずっと(音無し+チラ見とはいえ)みてしまったんですけれど、何見たかとか何に興奮したとかそういわれるとなんだろ、なでしこ中国戦とか…すぐには出てこず(それだけたくさん見てたからか1?)。リレーはリアルタイムでみてないしなあ。メッシは金メダルとれてよかったですね。ああ、あとロシアのやり投げのお姐さんがかっこよかったですよ。あとーソフトボールのアメリカのピッチャーがアテネのときすごくかわいい女の子ちゃんだったのに面影はあるんだけど4年の間苦労したのかなあと思ったり。4年間の苦労といえば前回銀メダルにもふてくされてた伊調姉の今回すっきりした銀の笑顔はさわやか印象的だったなー。あと久しぶりに入賞した体操女子の子たちも失敗も少なくて上手だった。
 しかし野球の試合のあった日はうちの職場も刻一刻と話題持ちきりでしたんですが、やっぱり野球の国なんだなあ、ここってば。結果はドイツW杯時の代表を彷彿とさせますが(今回の男の子たちとは比較しないってか、あえて比較するなら事前の注目度期待共に前回のフル代表だろうなってことで)、きっとそれよりもド・マイナスエラいことなんでしょうねえ、一部には。あんまり野球のことはよく分からないし触れたい話題でもないので。ちゃんちゃん。
と勝手にプチ五輪総括。

タグ : オリンピック レッド・ツェッペリン

23:13  |  ヒビつらつら  |  コメント(2)

2008.08.15 (Fri)

なでしこー!

ああどきどきしました。
なにもこんな日に中国とあたらなくたっていいのにと
朝から思ってたんですが、
沢のゴールでおお~、永里のゴールでぐぉ~(涙)。
とりあえずよかった。
次はアメリカですか…、北京で男子の分もがんばれ!

タグ : 観た サッカー オリンピック

23:55  |  sportこばなし  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.08.08 (Fri)

なんだかんだいって

 開会式を見てしまったわたし。だって演出がチャンイーモーでしょ。すごい物量でした。というかさすがにトゥーランドットのオペラとかトリノの演出もそうでしたっけ? 肩慣らししただけあったというか。あの巻物はハイビジョンなんですかねー。もっといいテレビで見たらもっときれいだったことでしょう。どれもすごかったけど最初の太鼓がインパクトあったかな。しかし中国と言えばゲストは谷村新司なのが、はあーってかんじ。ちなみにうちの大家のよしこちゃんも今年北京公演を行ってますよ。…ほんとにやったんだろうな?
というわけで鑑賞まとめみはほぼ終了。以下ちらみから。
 アナウンサーの人はカメラで抜かれてる有名選手の名前ぐらいいってほしいですよね。テニスの人とかバスケの人とか映ってませんでしたっけ。あとは横から谷村新司が突っこんでもしかとしてるし。
花火は空襲みたいですごいけど趣ないよねあそこまで派手だと。あとは結局ここでもワイヤーかいって。
東京はやっぱりやらなくていいと思います。

タグ : オリンピック

22:30  |  sportこばなし  |  コメント(4)

2006.02.24 (Fri)

フィギュア雑感

 今日は一日中荒川さんのニュースなんでしょうね。まあそれにしてもよく金メダルとれたなーと言う気もするし、でも納得って感じもする。やっぱ彼女は今年に入ってからの練習風景なんかが映るとひとり雰囲気が違っていたもの。曲も変更したことが大正解だった気がする。全日本の時にはなんとなく動きが華麗ではあるのだけれど、滑りもスピンもスピード感があんまり感じられないように思ったし、そういう意味では「トゥーランドット」で違和感は感じなかったですよね。あとはコーエンはもしやと思っていたけれど、スルツカヤが何でもないジャンプの着地で転倒したのにはすごく驚いた。二人とも精神的な気負いがあったのかも知れないけれど、決して調子よいようにはみえなかったのがちょっと残念でした。でも今回メダル争いした選手はみんなしっとり見せて技も決められる大人の選手だったからそれは誰が金でもよかったかも。もちろん今大会日本唯一メダル@しかも金をもたらしたということで荒川さんでよかったーんですがね。

 村主さんはもっとプログラムコンポーネンツとか点数出たっていいじゃんとショートの時にも思いましたが、ジャンプなどノーミスの演技持ってきても伸びないというのは、やっぱアーティスティック・インプレッションの採点ではなくなった今のフィギュア競技では、情感に訴える演技だけではなくて点数稼げるような技を入れないとダメってことなのでしょうね。これに関しては例えばペアだったら力技見せる中国人選手らよりももっと華麗なパフォーマンスに点数が入った方がよいのにとわたしは思うのでちょっと同情もしないでもないけれど、でも彼女の場合は3回転飛んでも小振りなせいか見栄えが寂しい気がするし、確かに感情表現以外の「技」にバラエティが乏しいよね。だからこれからまだのびしろはあるのかも知れないけれど、でもどっちかといえば「プロ」のほうがお客様ありきの彼女には向いているような気もします。

 安藤さんはですねー、まわりがほっとかないというかいろいろと騒ぎすぎなのは本当にカワイソウだと思うけれど、しばらくまっさらな状態で落ち着いた方がいいんじゃないのかなぁ。彼女がマスコミのターゲットになってくれたから他の二人が集中できたのかもしれないけれど、そういう当て馬的に使われるのは本人どう思っているか分からないけれど、リンクでしのぎを削る競技者として不本意でしょう。っていうかね、もう4回転がどうこうってのはまわり以上に本人も言うのやめた方がいいと思う。だって練習で着地に成功したとかあのおととし大会のプログラム中で1回成功したっていう映像みたって、あれで本当に飛べたって言える代物なんでしょうか?悪いけど「飛んで回った」だけでしょ、それもフォーム崩れずスタっと完ぺきに降りられたわけではないもの。だから、もう「過去に女子で唯一4回転ジャンプに成功した」っていうのは幻影だと思えばいいんですよ、まわりも本人も。それならもっとジャンプの精度を上げて3回転3回転のコンビとかホントにジャンプが得意ならとことんそれをきれいに極めればいいじゃん、とわたしは思うけど。

とりあえず今日はエキシビションが楽しみ~。

タグ : フィギュアスケート オリンピック

18:59  |  sportこばなし

2006.02.22 (Wed)

逃亡&スイミン

 朝っぱらからオリンピック、フィギュア・スケートとその前にやっていたアイスホッケー(チェコvs.カナダ)を追っかけ再生しながらみてました。早起きして体慣らしておけば今日明日明後日でサッカー・チャンピオンズリーグもみられるしバッチリと思ってたら、なんとCLトーナメントの1回戦は今朝から始まっててリバポーの試合が終了していたことに今頃気づいてしまった。ああなんてマヌケな(涙)。しょうがないので今日はチェルシー-バルサでもみます。グッスン。
 そんなわけで早朝出勤の甲斐あってお仕事も比較的さくっと進み(というか、昨日の夜のうちに原稿がもらえたからはかどっただけなんです。ありがとう翻訳者さん)、昼間仕事を抜けだして昨夜の「三文オペラ」に引き続き、フィルムセンターに出かけて「ガソリンボーイ三人組」をみる。おもしろかったんだけど…睡魔にふぅーっと襲われてしばし頭の中にドイツ語の音だけがこだまするという睡眠学習状態に(でも記憶はなし)。あーバカバカバカ。

 今日はニャンコの日なのでしろさんにサンマでも買って帰ろうと思います。

タグ : Life オリンピック

19:12  |  ヒビつらつら
 | HOME |  NEXT