2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.02.08 (Mon)

番外つぶやき

 おそらくつぶやきが集中してるからと思うんですがぜんぜんつながらないのでこっちに。
スーパーボウルのHalftime Showですけどもちょっとライブ映像の音と画がずれすぎー。なんでーー??ジャネット事件のせいにしたってちょっとどころでなくこりゃひどいぜよ。NHKだけなのかなあーでもついっとがあまりにつながらなすぎるところを見ると海外用映像全滅ってことですか。
あーあ、おわっちゃった。
あNHKが現地映像だとエクスキューズしてますねえ。こりゃ再放送きまりだろう(と勝手な希望)。来年もだせ!

おーセインツが逆転しましたね→そしてコルツまた逆転。これはシーソーでおもしろそうですー。といいつつ時間切れ。もう出勤するぜよ

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : ザ・フー 音楽わき道

10:09  |  music  |  コメント(0)

2008.11.24 (Mon)

1週間たって ザ・フーまとめ

 寝違えたのか分からないけれど今日は朝から右肩筋肉痛。静かな職場で静かにお仕事PAL-DVDでも観ようと思いきや半分ぐらい進んだところでアプコ9.2ダウン。馬力なしこTT

 さてTHE WHOの公演から、というより武道館の初日から1週間。2日目の19日の公演もロジャーの歌は素晴らしく、後半のクライマックスのアレンジも気持ち長めな感じ(実際1曲多かったようです)。もしかしてもう1曲アンコールの時にと思ったけれどそのまま終了したらば、ものすごい勢いでセットのばらしをしてたのでケツかっちんだったのかもしれません。
 それから5日ほど経っていまもモード全開で本当はすぐにでも『アメイジング・ジャーニー』やら観にいきたいところですが、いつまでも日ごろの生活が手につかない状態でもいられないし。でもあれからずっと通勤の行き来は『ライブ・アット・リーズ』やらなんやらかんやら。

 いろんなバンドのすごい熱気伝わる全盛期のライブアルバムやら記録映像を見れば、たいがいの場合にはああーこの時代に生まれたかったとか、居合わせた人々がとてもうらやましくなったりするけれど、もちろんかつて『ライブ・アット・リーズ』を聴いて何度目かたった頃や、カンボジア難民救済コンサートの映像を初めて観た時もそんな風に思ったものだった。カンボジアの時はすでにキース・ムーンはいなかったけれど、ジョン・エントウィッスルもいなくなってオリジナルメンバー2人きりのバンドがほんとにザ・フーと言えるのか、みたいなセリフは今回だって同居人始め周りの何人かにも言われたし、正直4年前のオデッセイに出かけなかったのは、高いチケット代払って特に興味もないほかミュージシャンやら観たくなかったのにもまして、自分の頭の片隅でそんな風にちらりと思わないでもなかったから。でもあのライブの好評もさておき、もしかして本当にもう二度と見るチャンスをなくしちゃったのかもしれないなと思うと、出かけなかったことを心底後悔した。
 で、今回のライブはたしかにピートがギターをたたき壊す場面もなければ、ロジャーの振り回すマイクコードだって一時期よりは気持ち短め&回すのもゆっくりめで、方向誤っておっとっと風な場面もあったけれど、そこで目にしたのは尽きることないモチベーションというんだろうか、それを余すところなく発揮した紛れもないザ・フーというバンドのステージ。ギミックなしの直球も直球ストレートすぎる圧倒的パワーと演奏に素直に心打たれたし、今だからこその至福というのかな。どの会場でも地鳴りするくらいの大歓声に包まれてたピートの腕グルグルにカットもするどいギター、武道館の初日クライマックスで聴かせた熱唱の最中、盛り上がる熱気に当てられたみたいに頭上に霧吹いて水かぶってたロジャーの姿はあまりにも画になりすぎて絶対に忘れられないし、カンボジアライブの熱狂にめちゃくちゃ感激した記憶がシンクロした。わきまえすぎなくらい表と一線弾いてバックに徹していたあの凄く強烈なんてものじゃないザックとピーノのリズム隊とサイモン&ジョンにもプロ魂を感じたり。とにかく期待に違わず、なんてこと以上のライブを体験できたことを心から心から幸せに思ってかみしめて、カンボジアの映像観ながら反芻する1週間後の今だったりするわけです。
そんなわけで
はい、ご一緒にどうぞ。究極のハマースミスオデオンです。
ステージを思い出してハグハグしましょう

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 観た ザ・フー アルバム ライヴ

23:18  |  お出かけ  |  コメント(0)

2008.11.18 (Tue)

ブレイク

ドームからときおり漏れ聞こえてくるビリーを聴きながら残業の本日。
ヘッドフォンしてたうえ曲目までは分からんかったけれど盛り上がったのでしょうね。
参加した方お疲れさまでした。

今日は仕事しつつもずーっと頭の中でLove Reign O'er MeとNaked Eyeがなっていました。昨日のライブのことを書こうと思いつつもいまだあまりの感激に言葉がでません。昨日のロジャーは確かに何かが降りてきていました。Tea and Theatreのあと、彼はI was luckyっていったけど、幸運だったのはこっちのほう。もし明日のステージがそれ以上でも、たとえとどかなかったとしても昨日のパフォーマンスだけで十二分に満足。墓場の中まで持っていけます。そのくらい、ふるえました。

でも明日はいよいよアリーナ鑑賞。願わくば再び神様が降りてきてくれますように。
そして踊りまくるのだ、Budokan!

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : ザ・フー

23:13  |  flicks  |  コメント(2)

2008.11.17 (Mon)

budokan

あああーもうサイコーでした(psychoではないけどほとんど…)
もう昨日より(.いや昨日もよかったんですが)全然演奏、よかったですよーーーー。
メンバーもそうとう気合いが入ったというか乗っていたのでしょう
というかなんといっても今日はロジャーの日です。
もぅ、一層言葉になりません。ロジャ~~~~~!!!
またあさって会いましょう。
明日『ライヴ・アット・キルバーン』行っちゃおうかな
もうダメ。

***

0811170

出勤前にひと駅手前の九段下で降りてのぞきに行ってしまいました。
準備中でした。わくわく。今日もよきライブがみられますように。
連チャンだけどロジャーの声がちゃんとでますように。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 観た ザ・フー ライヴ

22:05  |  お出かけ  |  コメント(2)

2008.11.16 (Sun)

さいたまより

レコード・コレクターズ 2008年 12月号 [雑誌]

さいたまスーパーアリーナでのザ・フーより帰宅途中。うちの方まで帰るには電車があんまりないんだな。素直に高崎線乗ればよかった。ライブは…汗と涙でマスカラ落ちて目の下真っ黒。ピートのオチャメぶりがあと2回みられるのがウレシイです。ひとまず。踊れBUDOKAN!

***

まだこの先もあるので、ガーとは書きませんが(というかそんなに元々うんちくは書けないし)ぽつぽつ。
この日は17時開演だったんですけれど、実は、会場について建物内の通路走ってる途中でI Can't Explainが終わっちゃったんです(…)。まさかこんなにわりときっちり始まるとは思わず、ってか日曜だしライブ連戦なのでその辺はきっちりスケジュール管理してるのかもですけれど、席ついたときにはThe Seekerの後半でした。いきなり不覚。ピートの腕グルグルに会場全体から湧き上がるうぉー~~の歓声だけで涙腺がゆるゆる。遅れてしまったことなどそっちのけで調子よくハマッてしまいました。曲目はThe Who.comによると横浜と同じだったようです。音はもうひとつだったのかピーノがローディさんにいろいろ言ってましたけれど、もう聴けるだけでよいという感じ。Behind Blue Eyesのイントロがきこえたときには自分はこれがずっとずっと聴きたくてここに来たんだよなーなんてことをふと思ったらボロ泣きしてました。嗚呼ロジャー…。とりあえず、今のところはこのへんで。マイジェネのマンボというかルンバリズムで狂ったように踊りたい。
ピートのMCでは「今日はハロー、ヨコハマとか、ハロー、ニューヨークとかいわないぜ」とかいってましたがどうやらヨコハマで言っちゃったらしいのですね。でもだからといってサイタマとは言ってませんでした、ほんとに。ほかにもアリーナ前方のお客をCHANGEネタでいじったり、たしかPinballのイントロ前には「暗くて手元が見えにくいんだよな」とぶつくさこぼす(…だけどそれってあなたがグラサンはずしたらもっと明るいんじゃないかと思うんだけども)などなどおちゃめなおっさんぶりが炸裂していました。あとはうしろで流れてるビデオイメージ映像ですけども、Love Reign O'er Meのときには『さらば青春の光』のブライトンなぐりこみ場面(?)が流れてましたねー。さすがにスティングが映ってる場面はなかったですけども。
ではではひとまず。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 観た ザ・フー ライヴ

20:11  |  お出かけ  |  コメント(0)
 | HOME |