2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2014.11.26 (Wed)

スケートの番組2つ

 少し時間ができてきたのでテレビをみるような時間もとれるように。普段わが家でテレビがついているのは夕飯食べるときが多いけど、ハードディスクに録画しておいた「サラメシ」やら「孤独のグルメ」やらご飯もの系から「美の巨人たち」とか「Song to Soul」とか「世界ネコ歩き」たまにNスペとかシーズンによってはツール・ド・フランスやらサッカー番組などが大体のラインナップでオンタイムではみていない。朝の連ドラは9月までは「花子とアン」の1週間のまとめをみてたけど、今の「マッサン」はみてないのでわりとハードディスクに空きがあるという具合。
 というのはともかく、最近フィギュアスケート関係の番組を2つほどみました。

 1つは今年のお正月に放送されたソチ五輪向けの過去のNHK杯特番。羽生くんと高橋くんのこれまで参加した演技を全部見せるということで、羽生くんは2回分、高橋くんは9回分のショート&フリーがみられたわけですが、羽生くんも最初に参加した15,16才のころというのはまあ少し前といってもよいと思うので、おまけのように見えちゃった感は否めないのですが(ごめん)、やっぱり高橋くんの9回の足跡というのがもう、永久保存ものの番組でしたね。15才で初めて出場した時にはフリーの曲にスターウォーズなんか使ってて見た目の雰囲気もいかにも少年。どこか小塚くんにも似てましたね。スケートの質のようなものが変わったのはやっぱり大きなケガをしてからなのかも知れないけれど、9回の大会の演技がそれぞれいろんなことをやっていて本当に続けてみても飽きるどころか感嘆しながらみていられるのがすごい。でも去年のショートは圧巻でしたね。彼みたいな表現で勝負できる日本人選手ってこれまでいなかったと思うし、競技選手としての引退は本当に残念だけれど、この先もスケートは続けてほしいですよね。でもって、やっぱりあれぐらいの表現力をつけた選手がでてきてほしいものです。

 2つめはJスポーツでやっていたトーニャ・ハーディングとナンシー・ケリガン事件のハーディング当人や当時の関係者/事件捜査に携わった人々があの頃を振り返るドキュメンタリー(ケリガンは取材協力を断ったそう)。当時対照的なスタイルのスケーターでライバルとしてしのぎを削ってきた2人が、リレハンメル・オリンピックのアメリカ代表選手選考大会直前に起きたケリガンが何者かに襲われ負傷するという事件によって、マスコミを巻き込んでの騒ぎになったのは記憶に新しいといえば(個人的には)まだ新しいのだけれど、ライバル同士のなんだか絵に描いたような大騒ぎに当時はなんだかなーって思ってた気がするし、ハーディングにはオリンピック本番の靴紐きれちゃった事件を含めて、ルックスからしてあまりいい感じを持っていなかった様な記憶があるけれど、番組をみたらなんだかちょっと見方が変わった。
 事件については、ハーディングの幼なじみまで番組の終わりには、トーニャが関わったと確信を持ってる、みたいないい方していたけれど、結局のところはわからないまま。親しい人間がそういうなら本当に関与したのかも知れないし、それまでの本人の過去映像から「メダルを取ればお金が儲かるからなんでもやる」みたいなあけすけな発言に、やっぱりこの女ってばビッチだわって思われるなり誤解されやすいんだろなって人には見えるんだけど、オリンピックの試合の直前、おそらく選手村に入ってまでCBSが独占インタビューで事件のことを根掘り葉掘り聞きだそうとしても、インタビュアーの目を見ながら「自分はメダルを狙うためにここにきているのだから、余計なことには答えない」ときちんと応えるハーディングの姿はしっかりまともな競技者にみえたし、彼女の態度は立派だと思ったよ。
 考えてみれば、あの襲撃事件にしたって非常に中途半端で、本当にケリガンを引きずり下ろしたいならもっとガッツリ襲って、どうしたってオリンピック出場は無理なところまでできたんじゃないかと思うんだよね。実行犯がいかにもド素人で、ずさんな計画だったみたいなことをFBIかなんかがいっていたけれど、もしかしたらケリガンにそこまで手出ししなかったのは、オリンピックまでに治癒が可能な程度の手加減されたダメージを与えることで、ケガやら逆境にも負けずに立ち直り&晴れのオリンピックのリンクで金メダルを手にするという、いかにも映画みたいなサクセスストーリーを演出するためであって(そういうの好きでしょ、特にかの国の人々は。まして大きなお金やら利益が絡んでくるとなると)、いかにもビッチなハーディングを利用して稚拙に見える犯罪を誰かが仕立てあげたんじゃないだろかと思うのは、それは今さらながらのうがった見方なんでしょうかね。いや、夫が企んだことにしたってオリンピックのあとには本人も司法取引しているし、正しく真っ黒かも知れないけれど。
 本当のことは藪の中。

タグ : フィギュアスケート テレビなど

18:49  |  sportこばなし  |  コメント(0)

2013.08.25 (Sun)

今週のつぶやき115

 暑さの盛りもひと段落なのかなんとなく夜風が涼しいと思える今日この頃。でも家の中はやっぱり熱やら湿気が籠もっているようで、帰宅後は毎日窓全開の扇風機一気掛け→エアコンで冷やす一連行動が続きます。まだ検針票来てないから分からんけれど、今年の夏は夜も暑かったから電気代かさんでる気がする。毎年アンペア下げる話はしてるけど、結局下げるに踏み切れてないわが家。今年の夏はここ1,2年に比べてニュースや新聞でも節電呼びかけとか少なかった気がするが、それってもう節電が根ざしたと思ってのことなのかそれともブームが去った?ってことなのか。いずれにしてもこれだけ暑くても落雷以外の停電ってなかったんだろうから、電力供給はなんとか足りてるっていうことなんだろう、現状で。やっぱ再稼働なんていらないじゃん。
 加えて、この期に及んでまで人ごとみたいに汚染水問題にすっとぼけたことしかいえない東電にはとことん開いた口がふさがらんね。やっぱりアンペア今度こそ下げると決意を新たにするものの、新聞やら読む度に心が痛くてたまらんよ。日本の恥どころでなく世界の恥だよ、東電って。そんなところに微々たる電気代にしろ支払って荷担するなんて、屈辱的でたまらない。金払ってもいいからこれ以上海や土地を汚すな。

 上記のことやら何事にも言えることだけど「それもこれもあんたらがなあなあで済ませてきたからこーゆーことになるんだよ(怒怒怒怒怒…∞)」という仕事マターでセロリ食べても血圧が上がりっぱなしのここ数日。関わった以上自分も気を抜かずに最後まできっちりやるのが受注側の正しき姿勢ってのは頭で分かっていても物には限度というものがある。そのような対応をしたところで相手に「やっぱわたし、できちゃうじゃん。やったねふふふっ」ってな具合に仕事をナメくさられるのもますます腹が立つので、最低限のことしかしないからね、自分は。「保留」「回想」のまんまで最終稿だというならそのとおりだしますから、そこんとこよろしく。

…なんて、気持ちがすさんだまんまで終わるのもあれなので、別な話も。
 ここんとこ、わが家でも夕飯のときに「あまちゃん」(録画)を見るようになりました。お話はともかく小ネタでうけると同居人は憎まれ口叩いてますが、いまさらながら、かつ、あんまり好きじゃない表現ではあるけど元気もらえる番組を作ってもらえてGMTの人々もほんとに幸せだと思うよ。アキちゃんが映画の撮影に入って半年後には震災が起きてしまう展開になりそうですが…その辺どう描かれるのか、想像するだけでじわーっと来るけど最後まで元気に突っ走ってくれること期待大。

タグ : よのなか Life テレビなど

10:55  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2013.08.05 (Mon)

八重茶

DSC_1517.jpg

 先日某お仕事関係のかたよりいただいた国営放送ノベルティ(?!)「八重の桜」お茶。ラベルによるとほうじ茶ブレンドの紅茶なのだとか。少し桜の風味もあるみたいですがなんか味が想像できませんね…。とはいえ、なんだかもったいなくてあけてない貧乏性なあたくしです。きっとあまったらステッカー来年の大河ドラマに張り替えてリサイクルするんじゃないの??とかくれたお方は笑ってましたけど、桜の葉っぱが入ってたらあんまり使い回しはできんよね。でも一応こう言うもの特注でつくるもんなんだなーと感心しましたよ。さすがに「あまちゃん」じゃ紅茶は無理だろか…ね。

 我が家は毎週欠かさず最低2回ずつ皆勤賞ペースで「八重の桜」見てますが、会津パートが終わってしまって同居人はちょっと寂しそう。でも、たしかに昨日の回はこれまでの回の中で一番落涙度高かったかもな。会津戦争そのものやそこに突き進んでいく悲劇も辛かったが、より身近っぽい辛さだったもの。せっかくみんな生き残ったのに、別れ別れになるなんて(涙)。そんなわたしなんぞ全く眼中にない同居人は視聴率これ以上落ちないといいけどとか、余計な心配してましたがね。
 やっぱり地元出身者としては視聴率が気になるようで密かに対抗意識を燃やしているらしい「あまちゃん」は「主人公が東京に出てきたのに、まだ地元でも人気あるわけ?」とかチェック入れてるようです。あまちゃんは(そんなに見てるわけではないのでよく知らないけど)しょっちゅう田舎ネタもでてきてるみたいだし、八重さんとこも、その後の新しい時代もいいけれど、どんな風に会津が再建されるのかちゃんと描いてもらえるといいね。とはいえ、同居人が言うにはちゃんと最後まで生きのびてそれなりに活躍するキャラが最初からチョイスされているらしいので、その辺はそれなりに書いてくれてるのかもしれないけども。


 

タグ : テレビなど

19:56  |  気になるブツ  |  コメント(0)

2013.01.14 (Mon)

正月にみたテレビとか

 今さら正月休みの話をするのもずいぶん「おっくれってるー」って感じですが、この時期ぐらいしかフツーにテレビ番組見ることもないもので。年末はずーっとオリンピックの再放送(リアルタイムであんまり観てなかった)とあとは勘九郎さんの「元禄太平記」のやっぱり再放送。年明けには格上格下芸能人ランキングとかとんねるずのスポーツのヤツとか動物系の番組とか?いたって人並みなのではないでしょうか。

 新大河ドラマも見ました。避けて通れない会津ネタゆえ、正月にやってた北路子欣也の白虎隊までみてしまったわが家ですが、なんといってもうちの会津人が綾瀬はるかファンなのでもう今年はこの時間避けようがありません…。劇中キーワードで事前の番組でもたくさん露出していた「ならぬものはならぬ」については翌週のつぶやき関係でも一部話題になってましたけども、まああれこれ書きませんけれどうちの会津人曰く「ならぬことはならぬ」の掟を一番破ってるのは八重さん。そうやって新しい道を進んでいくってことがテーマなんじゃないのかとのこと。なるほど。あまり曲解風にあれこれ詮索するのはよしたほうがいいかもね。なかなか好演だったチビ八重ちゃんの女の子は昨日の第二話でもう登場しないのはちともったいない。あとー坂本龍一のテーマ曲は何でもコードとか曲の作りが一緒に聞こえるーとかいっちゃいけないんだろな、たぶん。

 あとは一回目の大河のあとにやっていた香川照之さんというか昨年歌舞伎界入りした市川中車さんが実父猿翁さんと歌舞伎の舞台で共演を飾るまでの記録もみた。香川さんご本人が本気で歌舞伎俳優として活動始めるとは思ってなかったので、襲名ニュースはびっくりしたけれどやっぱり普通の俳優業である意味確立できたからこその挑戦なのかなあと思ったりもした。家の芸やら歌舞伎の様式を物にしていくのは正直、もうちょっと早くから始められていたらと思うのだけれど、そこは天性の感やら猿翁さんの芸への執念を手本に頑張ってほしいものですね。関係ないけど、歌舞伎座のこけら落としはさすが取りにくいんだろうな−。観に行きたいなあ。

 結局三昧といってもいつも通りエヌエッチケーしかみてないテレビっこの日でしたが、そういやこの間はダイオウイカの番組も見た。あんまりテレビ事情に流されないじぶんとこのついったータイムラインがあの日ばかりは「イカ」ネタだらけだったのが笑えましたw

タグ : テレビなど

22:06  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2009.04.20 (Mon)

マイケル・J・フォックス

 おくればせながらLarry King Liveに出演したマイケル・J・フォックスのインタビューをPodcastで見ました。3月末に2冊目の自伝『Always Looking Up』…上を向いて歩こうという感じですかね、を出版したのと、ABCのブータンの土地を訪ねたドキュメンタリー番組のプロモーション、なのかな。
CNNの記事はこちら←番組の動画も見られるようです
和訳ページ
 自らのパーキンソン病を公にして10年ぐらいが経って、その間には役者業の傍らで最初の自伝『ラッキー・マン』を出したり、パーキンソン病の研究財団を作ったり、去年一昨年の大統領選まわりでは難病治療のための研究推進を公約していた民主党候補者を支持するため、病気の症状を隠すことなく応援のCMに出演するなど、精力的に活動しているマイケルですけれども、今回の2冊目のAllwaysはそんな10年間の闘病生活(というか病気を公にしてからほぼ10年)が語られているようです。とはいえ、それがどんなに苦しいか、どんなに努力のいることかということではなく楽に構えるということを中心に、最初の本を出したとき人生や病気に対してポジティブであったり「楽観主義」と評価されたけどそもそもそれってどういうことなんだろうと自分で考えるうちに2冊目ができたとか。
Always Looking Up: The Adventures of an Incurable Optimist 
 番組のインタビューの中ではわりとラリーがかなり突っこんだ、最初に気づいたときの症状はどんなだったとか、毎日の生活で目が覚めたときにこのままずっとベッドに伏せっていたくはならないかとか、どうして自分がこんな目に遭わなくちゃならないんだとか思うことはないか、といったようなことを聞くんですけれど、それに対して自然体で応えているマイケルがすごく印象的。
 書き下ろしの文面がなく、自分の貧しきヒアリングはお恥ずかしいレベルの限度がありすぎなので、ごにょごにょとにごしてしまいますが、単に病気のことは置いといて前向き前向き!と表面的に努めてるだけでなく、29歳のときに発病してから病気のことを公表するまでには7年も時間がかかったことや、以前にはテレビで自分のかつての出演作を目にするとチャンネルをとばしたりしてたなんてことも正直に明かしてるところも、隠さず飾らずそれゆえの真摯なところが伝わってくるようでした。特にその過去の出演作云々のくだりでは同じ病を患ってるモハメド・アリの話で、たぶんドキュメンタリー映画の『かけがえのない日々』のことかしらと思ったんだけど、映画の制作者に過去のフッテージを見たアリは辛くはなかったんだろうか、どんなだったんでしょう?と尋ねたら、「いやいや、すごく喜んでみてたよ」といわれて、自分も見るようになったんだと語るところに、マイケルの出演作の数々を見て楽しませてもらったこちらとしてもぐっとくるものがありました。「病気になって以前と同じように仕事を進められないことは確かにある。でも自分と病気の関係は選択の余地のない事実だけど、それ以外のことはいくらでも選択可能なんだ」と。
 ほか、オバマさんのES細胞研究の制限解除を心から歓迎していることやブータンへの旅の話、家族の話など(とごにょごにょ)治療法の開発を待ちながら病気とうまくつきあって、彼なりにできる社会活動だったり、家族との生活を楽しんでるんだなというのが視聴者に伝わるいいインタビューだったと思います。きっとAlwaysも和訳が出るとは思うけど、読んでみたくなりました。また、「ブータンへの旅」も全米では5月7日に放映とのことですが、そのうち日本でも放映されるといいですね。


タグ : 本の話 テレビなど

21:35  |  flicks  |  コメント(0)

2008.06.04 (Wed)

フリスクさん

 CLも終わってダウンロードもやめよっかなと思ったけれど、そういえばもうEUROも始まるからまだ残しておくことにしたUEFA.comのポッドキャスト。5/30号はなーんと元レフェリーのアンデシュ・フリスクさんの独占インタビュー。こないだのCL決勝の東欧出身のミヘルさんはたぶんその前回のユーロかW杯で見かけた時は若手さんだったと思いますが、フリスクさん、コッリーナさんみたいな大物名物レフェリーさんはもういないのね…ってわたしが見てないだけorあのイングランドおじさんは現役で決勝が同国だからでてこなかっただけかもですが。そういえば4年前のユーロの大会カタログには大会前に合宿に励むフリスクさん、コッリーナさん、マルクス・メルクさん(もいたかな?)ら審判団の様子がばーんと特集してあったけ。
 フリスクさんがレフェリーを辞してから早いものでもう3年も経つんだそうですが、今でもこうやって時々コメンテーターでは登場してるみたいで、今期のリーグについても語ってました。ジャッジのミスも、それからプレイヤーのミスも全部含めてフットボールとおっしゃってましたが、ま、レフェリーのミスはできるだけ勘弁してほしいところ。最近の傾向としてはシミュレーションが昔より増えているので裁くのは大変だろうと行ってました。今期はアーセナル・リバポー戦のPKに関して論議はあったけれどおおむねいいジャッジだったのではなかっただろうかということでした。「レフェリー業に戻りたいとは思わないか」との問いにはキッパリ「ノー」とのこと。CLを外から見てると試合のワクワクするような興奮は恋しいと思うけれど、こうして解説とかさせてもらえてるだけで十分だって。あー普段はそんな風には思わないけれどこれに関しちゃ思います……モウリーニョのバカ。
そんなわけで久しぶりに見たフリスクさんはやっぱり色黒ゴージャスおじさんでした。

ユーロも今週末には開幕ですね。そろそろ生活モードをヨーロッパモードにしなくっちゃ。部外者だけど(しつこい)

 そういえば月曜の予選の日には長沼さんが亡くなったんでしたね。W杯共催決まった頃とか、監督人事で揉めていた頃の風景が思い出されます。当時はさぞかしご苦労も多かったでしょう。ご冥福をお祈りします。アウェイのオマーン戦も頑張れ代表。

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

タグ : テレビなど

21:45  |  sportこばなし  |  コメント(0)

2007.10.06 (Sat)

巷の話題は

 ここのところニュースをあんまりみていないので何ですが国会もミャンマーもおいといてやっぱり相撲部屋なのでしょうか。朝青龍も若ちゃんも影が薄くなったというか、もっとも若ちゃんのほうは昼のワイドショーなんかで取り上げられているのかもしれませんが。

 さてわたしのなかで珍しくテレビドラマ番組関係のマイブームと化しているのはなんてったって「風林火山」です。主演の3人の濃さをニヤニヤしながら楽しんでいるのであまり純なウォッチャーではないんですが、ガックン影虎登場の度にヤンヤとよろこんでいる自分です。もっとみせろーとか言って。やっぱ純ではないっすね。ここのところリアルタイムで見られないことも多々あるのでそんな時には録画までしてもらってます。もっとも早めに見ておかないと勝手に削除されてしまうんですが、たぶんこの前の川中島?その1は永久保存版にけてー。加藤武おじさんもよかったし。明日のエピソードはクールダウンなのでしょうか。ジャニーズキャストともちと違うし歌舞伎路線でものーこーさが違うと思うのですが、巷の視聴率とかどうなんでしょうねー。

 巷と言えばどれくらい話題になっているか知りませんが釜山映画祭開催中。キムタクとかいってるらしいから一般ワイドショー的にはそれなりに話題にはなってるんですかねー。映画関係のブログでも欧米の映画祭とは違ってあんまりエントリーを見かけませんが、別にアジア関係の作品だけやってるわけでもないですし、いわゆるワールドシネマ関係の上映本数も(昔と変わっていなければ)めちゃくちゃ多いので掘り出し物ざくざくのはず。この時期忙しくなかったら出かけたいところですが、たぶん絶対無理でしょう。時期ずらしてくれればいいのに…とあらぬ方向を向いて小さく叫ぶ

今日は秋晴れ・洗濯日和ーと思いきやまた薄雲ってきました。

タグ : テレビなど

11:43  |  ヒビつらつら

2007.01.21 (Sun)

納豆争奪戦終了?

 そっかー原因は「あるある」だったのかーとここのところの納豆買いそびれをうらめしーく思っていた自分も番組データねつ造騒動にはびっくり。でももっとびっくりしたのは今日になってスーパーに出かけたら昨日までスッカラカンだったコーナーに納豆が山のように売れ残ってたこと。…なんだかアホらしいですねえ。そりゃイソフラボンだ、赤ワインだとりあげられれば黒豆入り豆乳やらところてんやら買ってましたよ、わたしだって。だけど、うわーっと買って、効果なし、というか確証が得られなかったってだけでこの手のひら返しってばなに? まあ情報ねつ造はいけないことだとはおもうけど、体に悪いものを良しとして情報流した訳じゃないし、新聞のコメントには納豆は嫌いだったのに無理して1日2個食べていた、裏切られた気分だ、みたいなこと言ってる人もいましたが、別にいいじゃん。というか納豆1日2個食べただけでダイエット効果があるんなら、わたしゃ今頃超スリムだよ。
 そんなわけで、納豆業者さんにはもしかして申し訳ないかもしれないけれど、にわか納豆購入者が減って、安心して買えるようになってよかったわーとほっとしたり。しかしー新聞一面の広告にもびっくりしたけど、「あるある」は今夜の放送はキャンセル&関西テレビ?のおじさんが謝罪してるは一大大事件だったのね。…ほかにニュースはなかったのか?

***その後***

あるあるはホントに放送打ち切りなんだ。なんかねえ。

タグ : テレビなど よのなか

23:57  |  ヒビつらつら

2006.09.02 (Sat)

通販の実演販売

 昔から割と通販は利用していた方です。中高生の頃にはペン字やら進研ゼミやら医療なんとかとか簿記とかの通信教育やらあとは、以前にも書いたことがあるけど睡眠学習枕とか怪しい中国茶とかもろもろもろ。最近はあんまり珍品系はさすがに手を出さなくなりましたが、通販生活とか普通にAmazonなんかは大好きです。ちなみに一番最近買ったのは低反発マット。

 さてこれぐらいの時間帯になるとライト代わりに音だけ消してつけてあるテレビには大概ショップチャンネルが映っているんですが(スタジオの明るさがちょうどいいのだ)、今日のお品ものは基礎化粧品セット。そんな風に買い物好きであってもテレビのテレフォンショッピングにはまだ足を踏み込んだことがなくて別に未知の領域でもいいやとは思ってるんですが、今日はすごいです。別に買う気はなくともついつい見入ってしまいました。というのもお勧めレポーターがまさにスタジオでメイクの上から石けん使ってわしわしと顔を洗い、にっこり微笑みながらクリスタルのボールでざぶざぶとすすぎをしてるんですよぅ。たぶんここからみたら相当怖い映像です。体を張った営業ですねー。

 おねーさんのメイクが濃かったからなのかマスカラはそれなりに専用落としが必要なのかはわからんけれど目の周りははっきり言ってメイクあんまし落ちがよろしくありません。しかしその意気込みに心うたれたのかすでに画面に出ているオーダー数はもう900個にも達しようとしています。すごいなーみんなこんな時間なのに電話しているのかしらん?ほんとかなあ??

 今晩は結構涼しい、というか寒いのでひさびさしろさんも敷き布団頭の上のほうに移動してきてます。秋だわー。

タグ : テレビなど

02:04  |  ヒビつらつら

2006.02.05 (Sun)

出会いは偶然…

060205
...別れは必然

 そんなペット霊園の広告の中吊りを電車で見るだけでウルウルしてしまう自分が今日の「にんげんドキュメント 老犬クー太18歳」(NHK)なんて、耐えられるはずがなかったのだ。途中で大泣きこらえきれずにお風呂へ逃避してしまいました。HDDにとってあるので残りは明日ひとりでみるつもり。もちろん先の霊園のコピーはペットに限らず人の出会いにも言えることだけれど、寿命が早く訪れる身近なペットとの別れは人とのそれよりも事故やら病気をのぞけば早くやってくるわけだし、老いだって早くやってくる。そんなとき最後まできちんと面倒を見てあげることは、その子と出会って共に暮らしてきた飼い主の義務だもの。腹はくくっておかないと。

 あ、しろさんですが、コーラック粉末がきいて土曜早朝にめでたく便秘が開通しました。たまっていたものを一気に出したせいか昨日はほぼ一日寝ていましたが、今日はご飯もしっかり食べました。トイレはーまた今のところご無沙汰。ムムム、気をつけないと。

週末みたもの
・『ミュンヘン』@渋谷シネパレス
・『天国で殺しましょう』@アテネ・フランセ
・『ホテル・ルワンダ』@シアターN

追記;
この記事を書いたちょうど2年後の同じ日に、本当に別れが来てしまいました。
偶然なんですけどね。

タグ : ネコさん テレビなど

23:15  |  ヒビつらつら
 | HOME |  NEXT