2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2008.05.26 (Mon)

初夏のよそほい

 週末にあんまり天気がよくなくてその前後が晴れパターンというのはよくあるけれども今日もそんな感じ。表仕事のまったり具合をよいことにぷらっぷらしてたら裏稼業がまたカチカチ山状態になりそうな気配に煙が立ちこめてきました。いつまで経っても学習能力がありません。

 学習能力といえば春恒例の行事として毎年聞きはじめるラジオ講座。今年は内容も随分と変わって朝の放送時間が15分になってやさしい基礎クラス講座になったのと、別枠でそれよりちょぴっとレベルアップした去年までの講座の復習用クラスの2つ,3つができてます。時間が短くなったのもあってうちのトークマスターもフル稼働してまた欲張っていろいろためこんじゃ週末のおさんどん時にまとめ聞きしているのだけれど、ホントは毎朝メールとかウェブのチェックしてるときに聞いてればいいのかも、と今頃思いついた。今年一番聞いてておもしろいのは「まいにちフランス語」ですね。先生が朝っぱらからハイテンション過ぎる時もあるけど、取っつきやすいし今のところはおもしろい。この調子ででフラ語アレルギーが緩和されるとよいなー。といいつつ、最初の2ヵ月くらいはいつも順調順調~と喜んでるので問題は6月以降どこまで続くかなんですけど…トホホ。

 ヒマにかまけて旧ブログからまた本コーナーの移動をしていたらなんだかムラカミ・フリークのようにそれ系のことがらが多くなりましたが、しつこいけど彼の本はどっちかといえば小説よりもエッセイだったり翻訳本のほうが好き。

080526 そして本日もムラサキのバラ。職場の近くに咲いてました。

タグ : Life プチ語学のネタ

18:04  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2007.02.27 (Tue)

おフレンチな雑談

 この前の記事で番狂わせもなかろう、なんてことを書いたらばハラヒレな結末ではありましたアカデミー賞ではありますがおフランスのほうではセザール賞の発表が行われていたんですね。ノミネートされていた作品ラインナップをみると…げげげ東京国際映画祭の去年のグランプリ『OSS 117 カイロ、スパイの巣窟』が主演男優賞と脚色賞に入ってる。オドロキ。

 さて賞のことはおいといて、自分の商売をしていると年に何度かフランス語を勉強しておきゃよかったと心底思うことがあります。どんな国の映画みていても上映用が無字幕であっても参考ビデオに英語字幕がついてりゃなんとかことは進みますが、時々フランス語字幕しかついていないものやらフランス映画のお仕事が回ってくると全くお手上げ。あまりのわからなさ&トホホ感に身体がかゆくなるほどっす。
 そりゃ昔はわたしだって人並みにベルバラにはまったり歴史に興味がなかったわけではないのだけれど、第2外国語でフランス語をお勉強しようと思ったことはなかったかも。なんでか。それはわたしは巻き舌が得意だったから。ってのはウソですけども、第2というと周囲の友だちはみんなフランス語専攻していた中で、それじゃツマらんとええかっこししてしまったのもあるし、やっぱニッポン人たるものかつての同盟国の言葉のほうがなじみがあるし(…といいつつもドイツ語もイタリア語もいくら?ぐらいの会話しかできませんが)、フランス語なんてわかんなくたって生きていけるわいと開き直ってみたり。だけどちょっとでもわかってたらもっと楽しいだろうなって想いが一番強い言葉は多分フランス語ではあります。

 個人的にかの国にはほとんどパリだけですけど2回ほど行ったことがあるのですが、最初はフランス人ってなんか冷たい人たちらしい、みたいなすり込み概念で大きく警戒していたものの人並みにステキな思い出もあるんです。それはパリは有名人の墓がいっぱいあるということで有名なペールラシェーズへジム・モリソンの墓参りに出かけた時のこと。雪の振った翌日の朝、メトロの出口から出て墓場への信号を渡ろうとふらふら歩いていたら横断中の道路の真ん中で雪に足を取られてコケかけたわたし。するとそこで信号待ちしていたトラックのあんちゃんがニコっと微笑みひとこと「アタンシオン、マドモアゼ~ル!」。「マドモアゼ~ル」ですよ、奥さんっ!! その音の響きに頬をぽっと赤らめ小声で「アリガト」とつぶやいたワタクシ。いじらしーっ(←大バカ)。その後国に帰ってきてから職場のみんなにあのねあのね…と言いふらしたのは言うまでもないんだけど「そういう時ってあんた、普通マダムっていうもんじゃないのー?きっとガキ扱いされたんだよーとさんざんバカにされましたが、でもなんか耳にうれしかったのよ~ぅ!って相当ばばあ?
そんな体験がバネになって学習意欲に反映されればよかったのに、と時々思い出してはやっぱり今日もため息をついてるトホホな自分なのよねん。ショボン。
とちっともおフレンチじゃない逃避中の馬鹿話。スミマセン。

タグ : プチ語学のネタ ヨーロッパ

18:45  |  ヒビつらつら

2006.04.03 (Mon)

新学期

 新学期最初の日らしく水道橋界隈は大学生が新しいテキスト片手にうじゃうじゃ。でもわたしだって今日は最初の日なんだもん。何がといえば今季のラジオ講座。毎度2か月ぐらいはちゃんと聴いていてもう基礎の基礎ならどーんな言葉もパーフェクト(うそ)。今季もいつもの通り適当にテキスト買って予習もバッチリなのだけどこれがいつまで続くやら。そうそうHDDがきてからテレビ講座もため込むようになったのだけれど(でもためてるだけ)今季の注目は出演者のレベルテストがあるスペイン語講座でしょうね。勉強はしないけどちょっとチェックしてみようかと思ったりする。

タグ : プチ語学のネタ

18:45  |  ヒビつらつら

2005.06.06 (Mon)

日本語は正しく使おう

 商売の事を考えると耳の痛い表題ではありますが、アクセス解析をたどっていたら私もよく他言語を英語にする時使ってる翻訳ソフトでここを見てくれた人がいたらしく、ちょっとのぞいてみたんですが…ヒドイ…自動翻訳とはいえあまりにひどい英訳にガクゼン。。
 そりゃこちらも口語体で書きなぐっているのもあるので翻訳ソフトなんかではうまく訳せないのは100も承知しているけれど、それにしたってあんまりすぎ。というわけで少しは書き込む時にまともな文章書いた方がいいんだろうなぁと思ったわけですが、もうすでにここもこんな調子になっちゃってます。すんません。
もし外国から翻訳ソフトでこのサイトを読んでいてくれている方がいたらごめんなさい。
→とはいえ性懲りもなく翻訳ソフトをリンクしてしまいました。

タグ : プチ語学のネタ

17:16  |  ヒビつらつら

2005.02.02 (Wed)

ほしいもの:トークマスター

 以前からほしいなぁ、買おうかなと迷ってたのがよく語学テキストの広告ページで見かけるトークマスター 。ラジオ講座は結構テープにはまとめて録音していて、気が向いた時にはお風呂や通勤の時に聴くようにしているけれど、これぐらいコンパクトだと持ち運びしやすいし、録音のセットもお手軽らしいのでずっと気になってる。たまたまこの間お茶の水の三省堂で今の期間お値段もちょっと割引になってるみたいだしー。でもこれがあったからといって録りっぱなしというか、聴かないでどんどん上書き録音していったら(録りためできるのは10プログラムぐらいらしい)やっぱテープに撮っておいたほうが良さそうな気もするし、ちゃんと聴けない時期は避けられそうもないしなぁ。やっぱ悩むところなのでした。今趣味程度だけど聴いてるのはイタリア語・ハングル語・ドイツ語。来年にそなえて春からはドイツ語少しまじめにやらないとなー。

***

買いました。これ自体は重宝してるんですが、なかなか録り貯めたものを聞く時間がありません。トホホ。

そしてサッカーネタ

タグ : プチ語学のネタ サッカー ガジェットやお道具

22:03  |  気になるブツ

2004.09.15 (Wed)

9月15日の日記

頭が うに

 連日のイタリア語と広東語の洪水で頭の中が大変なことになってます。本当に浴びるように言葉を聞くだけでその言葉がわかるようになるなら、今じゃ何カ国語に精通しているか。。。絶対あの広告は看板に偽りありだよなぁと身をもって断言できる自分でありました。トホホ…

 それでもペルシャ語の仕事をしている時は人に話しかけられるとバレーとかバリチーとか、広東語の仕事をしている時にはワイとか勝手に口に出てしまったりしてそれなりに脳内感化されてるんだろうけれど、その仕事が1本終わるとすっかりきれいさっぱり忘れ去ってしまう習慣が付いてるのが身に良くつかない理由かも。いかんね。

追記:この時期にイタリア語ってなんだっけ、としばらく考えて。あー、ヴィスコンティねと思い出した。楽しかったな。

タグ : プチ語学のネタ

19:59  |  ヒビつらつら
 | HOME |