2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.10.29 (Mon)

狂熱のCELEBRATION DAY、(と おまけ)

 10月17日から世界一斉に限定上映の始まったレッド・ツェッペリン2007年の再結成ライヴを完全収録した『セレブレーション・デイ(祭典の日/奇跡のライヴ)』を鑑賞しました。
 O2アリーナのこけら落としだったと記憶しているこのライヴ開催の当時、自分はどんなことをここに書いていたかというと、こんなふうなエントリーになっております。特に思い入れたっぷりに書いているわけでもなく、むしろこの年の11月には『永遠の詩/狂熱のライヴ』完全版が発売になっていて、そっちでキャピキャピ騒いでいた記憶の方が大きいかも。このO2アリーナ直後に速攻出回ったライヴ映像のDVDは盛岡に戻ったときRock Pub Zeppelinさんで部分的に見たことはあったけど、まともにフルで鑑賞したことはなかった。

というわけで、ほとんど初見に近かったO2アリーナライヴ。

 当時のブログエントリーにもあるとおり、この時のライヴは至る方面で絶賛されていたし、翌年ペイジさんが北京オリンピックの閉会式に登場したのもあって、再結成ツェッペリンのワールドツアーのウワサはしょっちゅう話題になっていたものだった。でもそれが本決まりになりかけていたものの結局立ち消えになったのは、2007と2008年にプラントさんがグラミー賞を獲ってようやく脱ツェッペリンに成功したから、なんていうウワサも耳にしたことがあった。だけど、あれから5年を経て公式リリースされたこのライヴ映像をみたら、ツアーに出なかったのもすっかり納得してしまった。
なにより、出来が究極的によい。
 まず選曲に無理がない。演奏されたセットリストの各々は、「ライヴで演るのはこれが初めて」とプラントさんがおどけてた「For Your Life」をのぞいて、あとの15曲は過去のライヴ映像にも残っているなじみ深いレパートリーではあるけれど、無理のない音域だったり極端なアレンジをしなくてよいような、結果渋いところをついている選曲になっていると思う。
 演奏にしてもよくやり玉にあがるペイジさんのギターパフォーマンスもどこまでもらしくそつがなく、何年もの空白を全く感じさせないいつもどおりに安定したジョンジーのベースと、なによりジェイソンとあわせた3人のコンビネーションが絶妙。約6週間ほどあったらしいライヴ本番までの準備期間、おそらく相当な練習は積んだんじゃなかろうか。亡きオヤジ殿と完ぺき同じテクを持っているわけではないけれど、『狂熱のライヴ』の映画の中でちっちゃなドラムセットを生意気そうに叩いていたジェイソンだってもう40代半ば。ライヴ当時で41ぐらいだから、それまでの再結成の場よりも自信を持って偉大なおじさんたちとのステージに臨めたであろうことはあのプレイを見れば容易に想像できる。
 それから、プラントさんの声。これがステージが進むにつれどんどん暖まってきて、特に「The Song Remains The Same」以降後半は圧巻。正直、本編見る前にはまた音声録り直したり、いろんな処理してあるのかもしれないねなんて話もしていたのだけれど、なんの! 映画公開前の記者会見ではオーバーダビングしてる曲もあるなどとペイジさんが明かしていたけれど、とはいっても基本そんなにいじられていないことは、まだYouTubeにかろうじて残っている当日のブート・ステージ映像をみれば明らか。
(前回エントリーの中にNMEがライヴ映像をまとめたリンクを張ってあるんですが、ほとんどの映像がすでに削除されているんだけど観客が2階席あたりから撮影した「Kashmir」がフルで残っておりまして、これ、本当に今回の本編と比べれば別角度音的にはいかにも隠し撮り?って感じなのだけど、出来はほとんど遜色ないです。ブートDVDをお持ちでない本編をご覧になった方は比べて聴いてみるといいですよ)

 たとえばストーンズの『シャイン・ア・ライト』を観たときには未だ現役で転がり続けるストーンズって最強だと思ったし、ミック・ジャガーが年齢をものとも感じさせない、驚異的なロックスターなのは本当に賞賛に値すると思ってる。ミックに比べちゃったらツェッペリンの面々は、この時点でまだ還暦前のはずのプラントさんにしても、一番若い(くまさんみたいな…)ジェイソンですら悪いけどさほど若さを感じないのも事実。
 でも、ある意味年齢に抗っていないそれなりまんまの姿を見せて、この時点の持てるものをおそらく全部出し切っているのが傍目にも明らかなステージだからこそ、より感動的だしかっこいい。音も、どこかでみた記憶のあるペイジさんやプラントさんのアクションもものすごく絵になっている。やっぱりツェッペリンってライヴバンドだったんだよなって改めて思えるのだ。本人たちもその手応えをしっかり感じつつプレイを心から楽しんでる様が本編すべてに、余すところなく映し出されている。
 それまで公に行った再結成のパフォーマンスの度に、苦い思いをしてきたことは包み隠すことなく話してきた彼らだけど、ツェッペリンのメンバーやるのはもうご免だとまで言い切っていたプラントさんがここまでのパフォーマンスを見せてくれたことに自分は正直に感激したし、なによりメンバー全員が満面の笑みまた笑みで迎える大団円こそが全て物語っていると思う。
 つまりこの『セレブレーション・デイ』には、わたしたちが見たかった、聴きたかった「ウン十年後のツェッペリン」理想型そのものが収められているといっても過言ではないと思うのだ。メンバーも我々観客もこれ以上何を望めばいいんだろ、って感じではないのかな。

 今回の映画のマスコミ会見の場でも再結成の話を振られて、プラントさんが「そんなこと聞くヤツはたわけ者だ」といつものように軽くいなし、過去にはひんぱんに再結成話を口にしてきたペイジさんですら「I don't see it」と答えたという。常にバンドの「預言者」としてメンバーを率いてきたペイジさん。何より自らツェッペリン一番のファンなんだ、とずっと公言してきたペイジさん自身のこの言葉って、やっぱりそういうことなんじゃないだろうか。またしばらく時が経てば変わるのかも知れないけれど、これ以上、上出来の美しい終わりはないんじゃないかな、とわたしも思う。

20121018.jpg


**

 O2ライヴの翌年、BB本に続いて何の因果かJP評伝本に関わることになり、BB本作業中の「移民の歌」三昧も含めれば約1年半ぐらいにわたって、中高校時代から約30年ぶりにひたすらツェッペリンの各々アルバムを連日朝から晩まで聴きまくり、『狂熱のライヴ』と2003年にでた究極の2枚組ライヴDVDをとっかえひっかえ交互に見ていたことも今から思えば懐かしいのだけれど、若かりし乙女な時代には「なんか眠みぃー」と思っていた後期の曲がかなり好きになったりもしたのも(遅すぎだけど)その頃だった。だから本『セレブレーション・デイ』、というかライヴで後期の曲が印象的に選曲されていたのは個人的に嬉しかった。
 自分のリアルタイム・ツェペリン記憶はギリギリ『プレゼンス』『狂熱のライヴ』あたりからなのだけど、まともに聴きだしたのは高校時代にいりびたっていた岩大Rock研のコピーバンドのお兄さん方の影響。盛岡を離れて以降、交流は全く途絶えているけれど、本作を観たあと彼らもどこかでこの上映観てたかなって真っ先に思った。もしかしてあれから何十年たった今でもFbあたりで最高のライヴだった!って書き込んでいることを期待してネットで検索してみたら、もしできることならJP本の時に何度も助けてって心の中で思ってた彼の名前を見つけたのは、去年の震災の行方不明者リスト。しばし呆然としてしまった。でも……同姓同名漢字も一緒、年齢も一緒かもしれないとはいえ、それが本人かどうかは全く分からない。
 それなりに年を重ねた彼がどこかで本作を観ていたか、もしくは今度発売になるDVDなりを見たとしたら絶対感激するだろうと思う。いつか会えることがあったなら、すーっごくかっこよかったよね、って話したい。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : レッド・ツェッペリン アルバム 映画

17:23  |  music  |  コメント(0)

2008.09.20 (Sat)

衝動買い

ストレスのたまっているときにウィンドウでもネットでも
ショッピングは禁物です。
戒めねば、と心に誓って職場をあとにしたはずだったのに
よりによって“黒い箱”を買ってしまいました。わたしのバカバカバカ。
ほんとはそれとは別に1枚だけほしいのがあったんですが、
それだけにおさまるわけがなくほかにもドカスカと買いまくって
お会計が済んだあとには生爪はいだような心の痛み。重症。
明日からお小遣いなし。のつもり。

20080920

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : レッド・ツェッペリン 音楽わき道

22:52  |  music  |  コメント(0)

2008.08.24 (Sun)

でましたね

ぺいじさん、CGではありませんでした。
なんでぺいじさんなんだろうとしばらく考えたんですが
きっとノンポリだからですね。
とりあえずお元気そうで何よりでした。
民放のニュースだと案の定ベッカムしか映ってないけどさ。

 そんなわけでオリンピックは終わってしまって事前の予告よりもずっと(音無し+チラ見とはいえ)みてしまったんですけれど、何見たかとか何に興奮したとかそういわれるとなんだろ、なでしこ中国戦とか…すぐには出てこず(それだけたくさん見てたからか1?)。リレーはリアルタイムでみてないしなあ。メッシは金メダルとれてよかったですね。ああ、あとロシアのやり投げのお姐さんがかっこよかったですよ。あとーソフトボールのアメリカのピッチャーがアテネのときすごくかわいい女の子ちゃんだったのに面影はあるんだけど4年の間苦労したのかなあと思ったり。4年間の苦労といえば前回銀メダルにもふてくされてた伊調姉の今回すっきりした銀の笑顔はさわやか印象的だったなー。あと久しぶりに入賞した体操女子の子たちも失敗も少なくて上手だった。
 しかし野球の試合のあった日はうちの職場も刻一刻と話題持ちきりでしたんですが、やっぱり野球の国なんだなあ、ここってば。結果はドイツW杯時の代表を彷彿とさせますが(今回の男の子たちとは比較しないってか、あえて比較するなら事前の注目度期待共に前回のフル代表だろうなってことで)、きっとそれよりもド・マイナスエラいことなんでしょうねえ、一部には。あんまり野球のことはよく分からないし触れたい話題でもないので。ちゃんちゃん。
と勝手にプチ五輪総括。

タグ : オリンピック レッド・ツェッペリン

23:13  |  ヒビつらつら  |  コメント(2)

2008.08.21 (Thu)

Page & Crowes

 昨日はロバート・プラントさんの還暦のお誕生日だったそうで、あら小田さんと同い年だったのねーとビックリですが、そんな時にたまたま聴いていたのがPage & Crowesの「Live at the Greek」。数年前に来日中止になった時には自分もかなりガッカリしたものでした。で、アルバムのほうは曲目だけでうわ、すげーと聴いてみたいーとだけ思いつづけて、ようやく昨日聴きました。ペイジさんは触れてはいけないお方ですし、クロウズももちろん好きだしクリスの声も結構あってると思うから満足ではありますが でも…早めヘヴィめじゃない曲はものによって少々雑に聴こえたりもして。ごめん、クリス。だって「テン・イヤーズ・ゴーン」とかすごく好きなんだもの。ちなみにアルバム通してギターはどのように分担して弾いてたんでしょうね。you tube以外の映像がみたーい。

ライヴ・アット・ザ・グリーク

disc1
1 祭典の日
2 カスタード・パイ
3 シック・アゲイン
4 強き二人の愛
5 ウォーク・アップ・ディス・モーニング
6 シェイプス・オブ・シングス・トゥ・カム
7 スロッピー・ドランク
8 テン・イヤーズ・ゴーン
9 死にかけて
10 時が来たりて

disc2
1 レモン・ソング
2 俺の罪
3 ハートブレイカー
4 ヘイ・ヘイ・ホワット・キャン・アイ・ドゥ
5 メロウ・ダウン・イージー
6 オー・ウェル
7 シェイク・ユア・マネー・メイカー
8 ユー・シュック・ミー
9 アウト・オン・ザ・タイルズ
10 胸いっぱいの愛を
11 イン・ザ・ライト (邦盤ボートラ)
12 ミスティ・マウンテン・ホップ (邦盤ボートラ)

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : レッド・ツェッペリン

16:32  |  music  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.08.17 (Sun)

オリンピックの音楽ネタ

 オリンピックも半分というかもう来週の日曜日には閉会式らしく、またチャン・イーモウが演出するということで、おそらく開会式ほど派手じゃないんでしょうけれど今度はどんな演出になるのかしらーととりあえず興味だけは持ってみる。で、閉会式では次のオリンピック開催地に旗かなんかを渡す場面があったかと思いますけども、なんてったって次はロンドン大会ですから、閉会式には当然(←?)ベッカムが登場するそうです。ま、開催誘致のときからそういう活動していたし、選考決定の場にもいたしね。
 で、全然音楽ネタと関係ないじゃないかと思うでしょうけども、どうやら何なら出し物があるらしくジミー・ペイジが誰だったか女性歌手と登場するーとwireimageのpodcastで言ってました。女性歌手は中国の人じゃなくてイギリスの人でエイミー・ワインハウスとかではなかったです。ペイジさんはいったい何をしてくれるんでしょうね。こういう場におきまりのポールとかフィル・コリンズはいないのかしら?とも思いますが、そういう人たちはきっと本番の時に登場するんでしょうね。でも出てきたりして。というわけで閉会式をお楽しみにー!

タグ : レッド・ツェッペリン

20:49  |  music  |  コメント(2)

2007.12.11 (Tue)

Zeppelinの再結成ライブ

 なにやら今日はブログ検索でやたらヒットしてるみたい、と思ったら昨日は再結成のライブデーでしたのですね。あらまー。なんかこんなところにたどり着いて申し訳なし。スミマセン。
現地の友人に聞いたところ昨日は朝から晩まで英国一般メディアはツェッペリン一色だったらしいですよ。すごいね。バックステージにもwireimageのクリップによればポール・マッカートニー、ミック・ジャガーら御大はじめ、ギャラガー兄弟やらデイブ・ギルモア、ロジャー・テイラー一家やジョー・エリオットとかジェフ・ベック、スティーブ。ウィンウッドやらそうそうたる面々が来てます。あーリチャード・アシュクロフトさまがブロンドになってますぅ、とヘンなところで萌。

 NMEやらYahooUKのニュースによればライブは手放し絶賛。前座ではポール・ロジャースとかフォリナーとか出ていたみたいですが、アトランティック・レコードの創業者Ahmet Ertegunのトリビュートコンサートでもあった今夜のステージはロバートプラントのMCも少なめ、頭から3曲一気に演奏されたとのこと。BlackDogはUKの一般紙でも絶賛されてますね
NMEのライブ評

セットリストは以下のとおり

'Good Times Bad Times'
'Ramble On'
'Black Dog'
'In My Time Of Dying'
'For Your Life'
'Trampled Under Foot'
'Nobody's Fault But Mine'
'No Quarter'
'Since I've Been Loving You'
'Dazed And Confused'
'Stairway To Heaven'
'The Song Remains The Same'
'Misty Mountain Hop'
'Kashmir'
'Whole Lotta Love'
'Rock And Roll'

いくつかライブ画像はこちらにも
声がでているかとか、弾けてるかはともかく、ジョンジーが元気そうでよかったです。
でも十分かっちょいいじゃないですか、みなさん。ステキ。
ワールドツアーはするのでしょうか。そりゃそれに越したことはないけれど…
個人的にはどうかなこのままこれ一回だけでよさそうなきもしないでもなしですが
来年ウェンブリーで2回公演なんて噂もとりあえずあるようです。

テーマ : 日記 - ジャンル : 音楽

タグ : レッド・ツェッペリン 再結成バンド

14:11  |  music  |  コメント(2)

2007.11.26 (Mon)

見てしまった

レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ スペシャル・エディション(2枚組) レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ スペシャル・エディション(2枚組)
ジョン・ボーナム.ジョン・ポール・ジョーンズ. ロバート・プラント.ジミー・ペイジ.ピーター・グラント. (2007/11/21)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る


やっぱ我慢できずに持ってきてもらいました。
目の前にある切羽詰った仕事が終わってからじっくり見ればいいんだからと思いつつ。特典ディスクのとりあえず曲部分だけ見ようと見始めたら思わず見入ってしまい、ついつい本編まで…音がきれいー画がきれいー!!
これでは仕事が手につきません。。やっぱあと二週間は封印。
アルバムもちゃんと取り込んだはよいけれど、、聴くと見たくなっちゃうし、、ツライトコロデス。

だけど、突然「ラストワルツ」が見たくなってまたちょっとだけなら、と買ってから全然見てなかった特典映像のメイキングを見てしまったんですがこれが、おくさんっ!すっごいおもしろいんですよ!!あのスコセッシのコンテと台本の入念さといったらもうーーすごいです。あれ、コピーとか売ってないのかなーほしい!いや、あのメイキングはもー必見です!!

…すっかりツェッペリン話から脱線してしまいました。ペコリン

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

タグ : レッド・ツェッペリン アルバム

22:40  |  music  |  コメント(2)

2007.11.20 (Tue)

マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト

マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト【デラックス・エディション】 マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト【デラックス・エディション】
レッド・ツェッペリン (2007/11/14)
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)

この商品の詳細を見る


1. グッド・タイムズ・バッド・タイムズ
2. コミュニケイション・ブレイクダウン
3. 幻惑されて
4. ゴナ・リーヴ・ユー
5. 胸いっぱいの愛を
6. ランブル・オン
7. ハートブレイカー
8. 移民の歌
9. 貴方を愛しつづけて
10. ロックン・ロール
11. ブラック・ドッグ
12. レヴィー・ブレイクス
13. 天国への階段
(Disc 2)
1. 永遠の詩
2. 丘のむこうに
3. ディジャ・メイク・ハー
4. ノー・クォーター
5. トランプルド・アンダー・フット
6. 聖なる館
7. カシミール
8. 俺の罪
9. アキレス最後の戦い
10. イン・ジ・イヴニング
11. オール・マイ・ラヴ

 ここのところ個人的には頭の中で「移民の歌」がグルグル状態になってるのと、世間的には再結成ライブや「永遠の詩」の発売でブームが起きているツェッペリンですが、またi-tunes storeしてしまいました。他のリマスターやボックスのベスト盤とか買ったことがなかったのでそれだけで、i-podで聞く分には満足です。わたくし的には[聖なる館」「フィジカルグラフィティ」も1~4以上に好きなのでその辺に聴きたい曲も多いので、選曲的にはもっとあれこれいれてほしいなあってところがないわけでもありませんが、それはアルバムをちゃんと聴けばよいだけの話だし。
ちなみに「永遠の詩」はちゃんと現物を注文してあります。どれだけ長くなってるか楽しみ、楽しみ♪

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

タグ : レッド・ツェッペリン アルバム

17:53  |  music  |  コメント(0)

2006.10.06 (Fri)

Houses of the Holly

聖なる館 ずっと朝から雨風の激しい今日1日の気分は「吹けよ嵐~」じゃなくて、メロトロンの「Rain Songs」、ほんとはもっと温かい春先とかの雨のイメージなんだけども。

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

タグ : 70年代ロック レッド・ツェッペリン

00:37  |  music
 | HOME |