FC2ブログ

Tag: 村上春樹  1/1

ズーイorゾーイー

No image

 ここのところ口を開けば、というかここに何か書き込もうとすれば仕事だ、忙しいーばっかりで、面白くもなんともないことでまったく申し訳ないんですが、ストレス解消法といえば、そりゃ買い物。消費税アップ前にぜひ買っておきましょう!なんて口車にはのらないようにふふん、と思ってたのはいつのことやら、もーいったん楽●やら密林に行ってしまうと物欲がとまらなくなるので極力近づかないようにしていますが、これが近所のス...

  • -
  • -

翻訳の寿命2

No image

なんだか昨日中途半端なまんまアップしてしまって据わりが悪いので続き。 エッセイ「翻訳の寿命は、いったいどれぐらいのものなのだろう」のなかで村上さんは「月曜日~」に収録する旧訳作品の検証改訳したポイントは1)明らかなミスや誤訳、2)翻訳に対する経験値、自分の姿勢の変化、3)自身を含めた日本語文体の変化 をあげていて中でも日本語文体の変化によって直すところが多かったとしています。彼の場合は25年の翻訳活...

  • 0
  • -

『ライ麦畑』寄り道

No image

     先日の読書計画からとりあえず半分まで読み進めて、途中でなんかそればっかりになるのもーと寄り道して別なものを読んでるので(…とはいっても翻訳夜話の1冊目と柴田さん初のエッセイというあれなのでそんなに離れちゃいないんだけど)忘れないうちに覚書だけ。 実いうと『ライ麦畑~』はこの年になるまでまともに読んだことありませんでした。本にまつわる逸話、サリンジャーの話やら一ジョンの暗殺、レーガン暗殺未...

  • 0
  • -

たぼー

No image

 ぷらっぷらしたうちになんだか毎日あたふたと終電帰りが続いています。考えてみればもう来週から連休。プチ怒濤のイベントラッシュの始まりだったりもするんですがなんかちっともことが進んでない。一番早く始まるものにしても来月後半のものも、前に書いたように普段の倍以上に労力がかかってるので進んでも進んでも泥沼からぬけられない状態。どろろろろ…。世の中はありがたかったりそうでないケースもあるんでしょうけれど、...

  • 2
  • -

三省堂

No image

 表仕事がなかなかはかどらないので職場を抜け出し三省堂まで散歩。先のマイケル・J・フォックスの本でもないかしらと思ったんですけれど、置いていなかったばかりか、洋書売り場が狭くなっていた。別にしょっちゅう買いに行っていたわけではないんですけれど、途中長いブランクがあったとはいえ思いおこせば大学のころから時間つぶしでうろうろしていた売り場ですから寂しいもんです。そういえば2階にあったピッコロ(だっけ)...

  • 0
  • -

「村上ソングズ」

No image

村上ソングズ クリスマスに買った本。和田誠さんのイラストに村上さんのお気に入りのスタンダードから比較的最近までお気に入りの曲の訳詩&エッセイ本。ジャンルの広さとか、シェリル・クロウとかREMも聴いちゃうんだーというのにちとびっくりしたんですけれども、買っちゃった決め手は自分も半分着手したまんま放置してある映画『MASH』のテーマというか「Suicide is painless」の訳詩ですね。軽妙さにやられた。...

  • -
  • -

カフカ読了

No image

 “つん読”状態だった「海辺のカフカ」を今ごろ読了。んー、やっぱし翻訳ものやらエッセイのほうが好きかも知れない、ムラカミさん。以前にノルウェー~を読んだ時とあまり印象変わらなかったというか、なんというか。もちょっと若い、主人公と同年代+αの頃に出会っていればまた印象も違っただろうな。最大の敗因はニャンコ生首でしたけど。でもナカタさんもよいのですが、ホシノさんが好きでした。...

  • -
  • -

ギャツビー読了

No image

 予定より大幅に遅れましたが「グレート・ギャツビー」を読みました。本を読むより先にレッドフォード出演の映画を観ていたので(かなり前だけど)いちいちその場面を思い出しつつ文章による描写を堪能。いつものごとく本編よりもあとがきから読んでしまったのもあるんですけれど、いつもの村上さんの翻訳本よりも文体が小説に近いような気はします。ひと夏に起こるうわーっと華開いて幻のようにまぼろしのようにふうっと消える夢...

  • -
  • -

翻訳の寿命

No image

 村上春樹さんの本は自分の場合は翻訳本を読むことの方が多いです。とはいえ彼の翻訳本を読む時にどこから一番最初に読むかって、それはご本人の訳者あとがきというか後付エッセイだったりする。この間読んだ短編翻訳集「月曜日は最悪だとみんないうけれど」の後付エッセイ「翻訳の寿命はいったいどれくらいのものなのだろう」は考えさせられました。8本収められている短編のうちの7本が今回の「月曜日~」を翻訳ライブラリーシ...

  • -
  • -

やっと

No image

 「The Da Vinci Code」を読み終わりました。読み始めたのはいつだっけ。去年の冬の洋書バーゲンで買ったからちょうど1年ぐらい前の話?ゲゲゲ。と途中の記憶が失せているのだけれどお話のテンポ・展開はおおーそうきたかと読み入ってしまいました。で、結局?というのがなんか釈然としないんですけれど、たぶんそれはわたしが読解力ないからなんでしょう。いちいち単語も調べてないし。もうちょっと時間ができたらもう1回読ん...

  • -
  • -