FC2ブログ

Tag: 舞台/ミュージカルなど  1/1

『ウォー・ホース』

 2,3年ぐらい前にスピルバーグが実写映画化した元の舞台『ウォー・ホース 戦火の馬』War Horseを先週観てきました。事前に録画しておいた映画を初見して映画ならではの迫力やそれなりの感動はあったけれど、舞台もまた舞台なりの感動がありました。 お話の基本的な流れは双方共通しているのだけれど、人物設定や細かいところで映画はちょっと変更をしたり膨らませたところもあったんですね。お父さんの過去の話や地主の関係...

  • -
  • -

観劇2つ

 今更ながら1月2月に出かけた山海塾と歌舞伎のネタをとりだしてみたものの、すでに半分ぐらい忘れてる気がするもーろーとしたワタシ。 2年に1作のペースで新作を発表している山海塾。今年の舞台は新作の『から・み』と前作『とばり』でした。 「から・み」のポスターってこれまでとは違って背景に森の中のような写真が使われていて、天児さんがそこをさまよっているようでもあるのだけれど、舞台は何枚かのアクリルプレート...

  • 0
  • -

おでかけ

 「わが魂は輝く水なり -源平北越流誌-」をシアターコクーンに観にいってきました。萬斎くんと菊ちゃんが親子役で競演というだけでおおおーと観にいってしまったんですが、もちろん二人が一緒に出ている場面に目は釘付けではあったけれど、お話的にはなんか相手側の木曾義仲チームの狂気がメインというか印象的。不思議な感じのお話でした。NHKのテレビ撮影が入ってたみたいですけれど舞台中継だとしたらセリフにキチが多かっ...

  • 2
  • -

「国盗人」を観てきました

先日一息ついてみたら翌日は今年初の泊り込みからそのまんま早朝試写に突入という悲しい憂き目にあいました。トホホ…。そんなわけで一息ついたようなまだ気は抜けないような微妙なところではありますが今日は三茶のパブリックシアターで野村萬斎さんと白石加代子さんの共演してる「国盗人」の楽日公演をみてきました。 「国盗人」はポスターのイメージはヤマタノオロチ系(…あくまでもビジュアルから受けるイメージですけども)で...

  • -
  • -

「JCS」を観てきました

No image

 劇団四季の「ジーザス・クライスト・スーパースター」を観てきました。以前から観てみたいとは思っていたんだけれど、映画でも舞台でも初見となりました。今回はエルサレム・バージョンとジャポネスク・バージョンの2つ連続上演ということで初見ゆえに日本風にアレンジしてある物よりはオリジナルに近いほうを先に見たほうがいいのかとは思ったんですが、ジャポネスクのほうが先に日程が組まれていたのでとりあえずこちらから観ま...

  • -
  • -

CHICAGO

No image

 今週は観たいものはあるのだけれど慶弔出来事やらアラビア語の渦にクルクルして新作鑑賞には出かけてませんのですが何か話題を。その1 昨日初日を迎えたミュージカルのCHICAGOに出かけてきました。映画が話題になった年にはBunkamuraあたりに来ていたような記憶がありますが、今回の会場は日生劇場。4度目の公演なのだそうです。 前回も見に行きたいなあと思ったもののほかしておいて今回飛びついたのは、とりあえず映画でリ...

  • -
  • -

山海塾をみる

No image

 世田谷パブリックシアターで開催している山海塾の「金柑少年」をみにいった。金柑少年はたぶん伝説のパフォーマンスに入るのではないかと思うけれど期待どおり。山海塾の出し物で自分がみているのはここ5、6作かと思いますが、スタイルが近いけれど微妙に違う気もするし、音楽の使い方も既存のマイルス・デイビスとか使ってあったりしてそこは違うと思った。今回はリクリエーション版ということで4つのソロパートは天児さんで...

  • -
  • -

WWRYにいってきた

 クイーンのヒット曲をふんだんに取り入れたロック・ミュージカル「ウィ・ウィル・ロック・ユー」に出かけてきました。同行者はクイーン&サッカー友だちのまん丸さん@別冊ゲルハルト・エイド >いろいろとお世話さまでした^^) 内容の方はなーんか学芸会みたいだなぁと思わないでもなかったんですが(苦笑)、これってばとりあえずクイーンの曲を聞きに行く場ですからあんまり堅いことはいわないどきましょう。しかし海といいつつ...

  • -
  • -

『オペラ座の怪人』をみてきた

 映画をみてから約半年後にして初めて劇団四季のミュージカル『オペラ座の怪人』をみてきました。すごーい、映画と同じ!ってとんでもない暴言かもしれないっすね。多少ディテールの違いはあるけれど映画がミュージカルにいかに忠実に作られていたかよくわかりました。もちろん映画ではシャンデリアの復活/落下場面などなど大スペクタクル効果もすばらしかったけれど、舞台も結構な迫力におもわずエイミー・ロッサムばりのしまり...

  • -
  • -