2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2014.06.09 (Mon)

「ハートのささやき」

 ポールの来日公演キャンセル騒動から早3週間。すでにそんな事もあったわねえ的にやや遠い昔のことのようにも感じるのだけれど、もしポールが元気にステージこなせていたらどんなライブになったかなーなんてふと考えることもある。特にやっぱり、武道館のこととか。

 そんなわけで通勤中に聴いてるのはポールやビートルズがいまだに多かったりもするんだけれど、なかでも「あの娘におせっかい」「マイ・ラブ」とならぶヘヴィロテといえばこれですねえ。

MIA.jpeg

 もしかしたらウイングス、ビートルズを問わずに一番よく聴いている曲はこれじゃないかと思うのだけれど、昨年ブルーレイも発売された「Rock Show」こと「ウイングス U.S.A. ライヴ!!(ウイングス・オーヴァー・アメリカ)」のアルバムからシングルカットされたMaybe I'm Amazed こと「ハートのささやき」。とはいってもスタジオ版では「恋することのもどかしさ」と邦題がついていて、なんでライブ盤発売の際に改題になったのかは知らない。
 初めて聴いたのはやっぱり「ポップinいわて」。耳にしたとたんすごく気に入って次の週にはシングル買いにレコード屋さんに出かけた。たぶんその当時のわたしはウイングスのポールとビートルズのポールがちゃんと結びついていなかったのではないかと思うんだけど、ピアノの出だしで始まる導入部からどんどん盛り上がってくるエモーショナルなヴォーカルやコーラスなど、同じ頃すごーく気に入って初めてアルバムを買ってみたクイーンの「愛にすべてを」にも通じる、同じようなツボを突かれたんじゃないかと推測する。なのであとからポールの1stに収められているスタジオ版聴いたときには、正直ちと地味な造り(…)にあれ?っと思ったものだったもん。だけど、やっぱりリンダのための曲なのねってわかる歌詞がいい。My Loveといいこれといい、ポールはリンダにぞっこんだったんだよね。
 USAライヴのアルバムもほしかったけど、当時出たばかりの3枚組アルバムはたしか5〜6000円ぐらいしてお小遣いではなかなか買えず貸しレコードで借りた記憶。で、そのあとデンコードーで当時はビニール臭いというか特有の臭いを放つ輸入盤を4000円ぐらいでようやく買ったのでした。以来というもの、さすがに今はレコードではなくiPodで聴いてるけれど、年末おなじみ当てにならないLastfmの通算1番聴いたアルバムとしてこのアルバムはずーっと1位の座をキープしています。そこまで毎度聴いてるとは思わないけど、曲の延べ再生数とかで数えたなら一番聴いているアルバムというのもあながちウソではないのかも。
 輸入盤を購入してからしばらくしてヤングミュージックショーでウイングスのたぶんこの時の抜粋みたいなライブの放映があったときはすごく嬉しくて録画して何度も何度も繰り返しみていいなー来日ライブみてみたいなーと思ったものだったけど、翌年のウイングス来日時のポール逮捕&中止にはびっくりしたよね。

 そんなあれこれ思い出すこともたくさんあるシングル&アルバムなのだけど、レコード棚を漁ってみたらまだLPが手元にありました。

DSC_2295.jpg

きっと一生のお付き合い。後でプレイヤーも引っ張り出して聴いてみよう。


タグ : 70年代 お気に入り アルバム ライヴ盤 ポール・マッカートニー

01:42  |  music  |  コメント(0)

2014.05.27 (Tue)

「太陽神」

なんだか最近、突然聴きたくなっているこれ。

太陽神

 発売の頃は非常に話題になっていて、たぶんEW&Fが爆発的に一般ピーポーの間に浸透していったきっかけになったアルバム。入り浸ってたレコード屋さんの壁にもジャケットがずらーっと並んで飾ってあった記憶(実際よく売れたはずだし)。言わずとしれたFantasyはいつでもどこでも流れていたし、YMSのライブでみたJupiterなんかもかっこいいなと思ったものだった。ライブだとベースの人が弾いてるうちにステージ上から浮いていって逆さになったり一回転したりするんだよねー。あれは宙乗りみたいなベルトでも着けてたんだろうか。
 そんなわけでシングルがとにかくバカ売れしていたのでカットされていた曲はそれなりに知ってるんだけど、アルバムは通して聴いたことがない、たぶん。もしかして借りたことはあったかもしれないけれど、そんなに記憶に残っていないので、お子ちゃまだったわたしはハマらなかったのだと思う。というかやっぱり流行り物にはまるなんてかっちょわりーなんて粋がっていた当時なので、この頃チャートで流行っていたようなメジャーな曲こそ自然と憶えているとはいえ、アルバムまではあんまり聴いたことがないのであった。もしくはシングルで気に入ったポップな感じの曲に惹かれてアルバム聴いてみると期待していた音とは違うくてちょっとついて行けなかったり。そういうのってアーチストにしてみれば自分らの路線曲げてキャッチーなシングル作ってたことになるんでしょうけれども。
 EW&FはこのアルバムのあとベストとかAfter the Love has goneとか入ってる「黙示録 (I am)」あたりが全盛って感じなのかしらん…その後のバブリーな時代にも流行った曲があったのかもしれないけれどわたしはよく知らないので、このアルバムの前後というか主にさかのぼった曲も聴いてみたいですね。

1. Serpentine Fire
2. Fantasy
3. In the Marketplace
4. Jupiter
5. Love's Holiday
6. Brazilian Rhyme (Beijo)
7. I'll Write a Song for You
8. Magic Mind
9. Runnin'
10. Brazilian Rhyme (Ponta De Areia)
11. Be Ever Wonderful

 聴いているようで聴いてないアルバムってありすぎるので、ふと思いだした時に聴こうかなと思う次第。
…相変わらず新しいものが不足してますな、、

タグ : 70年代 アルバム

09:37  |  music  |  コメント(0)

2013.09.25 (Wed)

KISSの初来・放送

 昨夜は同居人が帰宅して土産の明太子各種つまみながらのんびりだべりごはんしていたら、すっかり夜も更けて、ふと何かを録画かけていたことに気づいた。なんの映画とってたっけ?とぼーっとしてテレビをつけたらぼわぼわ画像になんじゃこりゃー?!とよくよく見たら、KISSのBudokan初来のヤング・ミュージック・ショーじゃあーりませんか。すっかり忘れとったよ、タイマーかけていたこと。
 KISS初来日(1977年4月)の様子を収録したNHKヤング・ミュージック・ショーは2004年5月にも27年ぶりの再放映!ってことで話題になったし当然その時も録画もしたんですけども、ここでも取り上げた気がしていましたが、なぜか書いていませんでした。
 しかし、その時にはまだ地デジ化前だし旧宅のでかモニターでみても、ここまで映像激しくアナログアナログしていると思った記憶はなかったもんな。やっぱりデジタル慣れって、こわいなあーというか、これで4Kやら8Kやらのテレビが普及するようになったらどうなるんだろうーなんて関係ないこと考えながら途中鑑賞してたんだけど、そのうちぼわぼわに目が慣れたらあんまり気にならなくなりました。
 やっぱ元の画やらMCとかあまりによく覚えすぎているので記憶で補えるというかですね。いやー、やっぱかっちょいいですよ、KISSの面々・特にポールは。出だしから〜アンコールの『ブラック・ダイヤモンド』で黒い羽根着いたガウン着てるとことかさー、すてきすてき。と頭っから見始めたりして昨夜はしばらく真夜中のKISS大会してました。

 合間に出てきた最新インタビューやらライヴ映像はこの前Song to SoulのRockn' Roll All Niteの回で使ってたのとたぶん一緒だったんで少し残念ではあったけど、きっともうすぐ行われる来日公演に向けて盛り上げてるんですねー。ふむ。
 そういえばSong〜のほうはこれまた興味深いインタビューが盛りだくさんだったのだけど、なによりへーっ!と思ったのはあのRockn'〜の入ってる3枚目のアルバムジャケットが撮影されたニューヨークの交差点の電柱が、ちゃんと今もあるってこと。行ってみたい場所がまた増えたw。

↓このエースがよりかかってる電柱というか街灯、健在とのこと。

Dressed to Kill

タグ : 70年代 音楽わき道

19:33  |  music  |  コメント(0)

2009.06.26 (Fri)

ふほう

朝おきて訃報ふたつ

Michael Jackson, the 'King of Pop,' dies at age 50

 驚いた。たしか半年ぐらい前?、まだ寒い時期に今年の夏にO2アリーナで最後の公演するみたいな会見がありましたよね。晩年の彼は心身、奇行、裁判沙汰などワイドショー的なネタばかりが取りざたされたけど、それでも大きな、大きなポップアイコンがいってしまった事実は変わらないと思います。「スリラー」ももちろん、世紀を代表する1作ではあるけれど「オフ・ザ・ウォール」が好きでした。あのころCMにもでてましたよね。R.I.P.

OFF THE WALL

'Charlie's Angel' Farrah Fawcett dies at 62

 少し前にガン闘病生活のドキュメンタリー放送があったときに、もうその日は遠くはないといった発言をライアン・オニールがしていたけれど、エンジェルがエンジェルになってしまいました。番組はダイジェストでしか見てないけどゴージャスなファラの姿を思うとすごくツラくて。それでも、ものすごくがんばったんですよね。どうぞ安らかに眠ってください。R.I.P.

Charlie's Angels / TIME Cover: November 22, 1976, Movie Print by TIME Magazine

タグ : 70年代

09:26  |  music  |  コメント(6)

2008.07.27 (Sun)

カンボジア難民救済ロック・コンサート

 と夜が明けて。

A Concert For The People of Kampuchea Poster Queen

 しばらく画面を見てて思い出したんですがこれってヤング・ミュージック・ショーでやったような…と思ってググったらやっぱしそうでした。はいはい。ってクイーンのところでと気がつきやがれ、って感じですけどクラッシュのあのミラー画像というか不思議な画像処理でありー?と思い出すあたりがすでにぼけている。ライブは79年に行われたもので放送は81年の5月? もっと寒い時期でなかったかしらって気がしないでもないけど、自分の思い違いだったかしらん。いずれにしても放送までは結構な時間経ってます。クイーンからクラッシュ、プリテンターズにロック・パイルにエルヴィス・コステロ、イアン・デューリーにポールにザ・フーにといろいろごちゃ混ぜな顔ぶれですけどライブ自体は4日間ぐらいに渡ってやってるんですよね。クイーンはこの年の全英ツアーの締めくくり的にここの初日に単独公演って形で参加したことになってるみたい。

 放送当時に比べれば他界したアーチストもたくさん出てるし嗚呼この頃はと思ってみてましたけれど、やっぱり圧巻なのは初めてみたときも今回もかわらずザ・フー。「シスター・ディスコ」「ビハインド・ブルー・アイズ」「シー・ミー、フィール・ミー」の3曲ですけれど、すごいーこれ生で見たい!と思い続けて早何年どころでない年月が流れて今年やっと実現するわけですから相当感慨深いものはあります。
 ロバート・プラントとジョン・ボーナムが参加してるのも話題でしたけれど、ボンゾはほんのちょこっと映ってるだけだけど80年の9月にはなくなっていますし表に出て演奏したほとんど最後の姿。ロバートはニック・ロウとデイヴ・エドモンズが作ったロック・パイルに飛び入り参加で「リトル・シスター」を歌ってますが、最後のリピートでズッコケてるのもご愛敬。

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

タグ : 70年代

13:18  |  music  |  コメント(8)

2008.06.01 (Sun)

おかいものなど

 ぐずついた天気が続いてましたが本日は予報通り晴れ。今日明日で温度も上がるみたい。こう気温差湿度が違うと体調維持がなかなか。まわりにカゼっぴきが増殖しているので気をつけないといけません。
さて
 以前にルドルフさんちで記事を拝見してからそういえば自分のamazonカートに長らく入りっぱなしだったっけと思い出したブツをポチしてそれがもろもろとともにようやく届きました。

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (1978 Film)

 公開時にはうちの田舎でも映画館にポスターが貼ってあった覚えはありますけれども前評判はすごかったけれど映画の世間的なブービー評のせいかものすごい早さで終了していたような。だから本編はみてません。今みたら斬新かも? DVDは用事が片付いたら近日中に鑑賞のつもりですけども、とりあえずサントラからちらちら聴いておりました。やっぱしたのしい。エアロのCome TogetherやらEW&FのGot to get you into my lifeはTop40にチャートインしてたんでしたっけ?

 ところでこれってばスティーブ・マーチンが出演してたんですね-!知らなかった!!レココレ6月号のノーマン・シーフさんのフォトエッセイでアルバム出していたのかーと早速チェックせねばと思ってたんですが、まさかこれにもでてたとは!写真を見ると「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」の歯医者さんっぽい雰囲気? キャー早くみなくちゃ。
レココレに載ってたのはこれ

Let's Get Small

 まったく関係ないんですけども、昨夜みてたエレカシのライブでユーミンの「翳りゆく部屋」をカバーしていたんですが、これがすごくよかった。宮本クンは好きです。4枚目か5枚目の話でしたがツェッペリンが好きダーと力説してましたよ、カレ。昨日のライブの中ではなくてだいぶ前に代官山のカフェ~で見かけたときのことですが。そういや、あのときも相手の人に向かって岡本太郎バクハツダ-系で熱く語ってたっけと思い出した。

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

タグ : 70年代 サントラ アルバム

10:58  |  music  |  コメント(4)

2008.02.12 (Tue)

ジョブライアス2枚

job1

「謎のジョブライアス」

job2

「頽廃の街角」

 前の前のエントリーで触れたアメリカン・グラムの落とし子ジョブライアスのアルバム2枚を聴きました。なるほど映画『ベルベット・ゴールドマイン』でパクられてたのは1stのジャケですね。曲のほうはというと、1stの前半はもろジギーです。そのころの本家ジギーはほぼ封印に向かっていたんじゃ?と思うのでまだお別れしたくなかったファンには受け入れやすかったのかもですね。逆に反発憶える人もいたかもですが。ただ単なるコピーではなくてなんか違うかも、と思うのはライナーにもあったけどやっぱり後半から。ジョブライアス自身はこのデビュー前にミュージカルのオーディションを受けたりしていたこともある人だそうですが、そんなシアトリカルな歌唱法というか舞台が浮かんでくるような声音がなんとも魅力的でした。なんとなくウテ・レンパーとかヨーロッパ的なにほいを感じたり。そんな路線で活動続けていたらもっとおもしろかったんじゃないかなと思いました。

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

タグ : 70年代 アルバム

00:09  |  music  |  コメント(2)

2008.01.25 (Fri)

Roxy Music/Roxy Music

ロキシー・ミュージック(紙ジャケット仕様)

1. Re-Make/Re-Model
2. Ladytron
3. If There is Something
4. 2HB
5. The BOB (Medley)
6. Chance Meeting
7. Would You Believe?
8. Sea Breezes
9. Bitter's End

 70年代のグラムロックというよりももっとシアトリカル系。コンセプトアルバムじゃないんですけれど個々の曲の中で幾重にも小劇場、というか出し物小屋ができあがっていてそれの集合体のような不思議なアルバム。それが個性といわれればそうなんですが、実態を掴みにくいと言えばそうかもしれないし。
 これの10年後に『アヴァロン』が発表されるんですけれども、「灰汁」のようなものがとれて洗練されたといえばそう。この辺の初期の頃が好きな人には洗練されすぎみたいな違和感を感じる人もいるのかも。そんなバンドの変遷を楽しめるファンには楽しいと思います。
 ところどころどこかで聴いたフレーズを使って遊んでいるような1のつかみはばっちり。3,4は伝説のグラムロックシンガーを描いたイギリス映画『ベルベット・ゴールドマイン』('98 監:トッド・ヘインズ)のサントラに使用。「2HB」は劇中バンド・ヴィーナス・イン・ファース(歌っていたのはジョナサン・リース・マイヤーズ)が持ち歌でカバーしていたのでご存じの方も多いかも。映画の方はデヴィッド・ボウイをモデルにしていたけれど、あまり快く思わなかったボウイが曲の使用を認めなかったといういわく話もありました。ちなみにロキシーとボウイの関係は丁度この1stでセンセーショナルなデビューを飾った彼らがボウイのジギー・スターダスト・ツアーの前座を務めたりしていたというつながりがあります。

 と調べていたらわたしは知らなかったけどジョブライアスなる人が『ベルベット~』のモデルなる話もあるらしく、ジャケットみたらホントだ、そっくりー!というわけでこの人にも後ほどチェック入れてみよーっと。

テーマ : '70年から'80年の洋楽 - ジャンル : 音楽

タグ : 70年代 アルバム

21:14  |  music  |  コメント(0)

2007.11.17 (Sat)

LION HEART / KATE BUSH

ライオンハート(紙ジャケット仕様) ライオンハート(紙ジャケット仕様)
ケイト・ブッシュ (2005/11/02)
EMIミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


1. ブルーのシンフォニー
2. ピーターパンを探して
3. ワォ
4. 車輪がすべる
5. ライオンハート
6. フルハウス
7. 暖かい部屋で
8. カシュカの館
9. コーヒーはいかが
10. ハンマー・ホラー

ここ2,3日でめっきり寒くなってきましたけれど、寒くてドンヨリした天気の日には(もしくは雪のとき)暖かい部屋でココアでも飲みながらケイト・ブッシュが聴きたくなります。これで窓の外がイギリスの風景だったら最もステキなのですが。
こちらと同じぐらい『魔物語』も好き。他のアルバムも好きですが不思議と季節的にはこの2枚を毎度聴いています。
ファンタジックなのにところどころの音階がオリエンタルちっくなところ、表現力豊かな暖かい歌声と全部好き。時間があったら歌詞を訳したい人の一人。

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

タグ : 70年代 女性ヴォーカル アルバム

17:31  |  music  |  コメント(0)

2007.10.04 (Thu)

そして3人が残った/ジェネシス

そして3人が残った(紙ジャケット仕様) そして3人が残った(紙ジャケット仕様)
ジェネシス (2007/07/25)
EMIミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る

1. ダウン・アンド・アウト
2. アンダートウ
3. バラッド・オブ・ビッグ
4. スノーバウンド
5. バーニング・ロープ
6. ディープ・イン・ザ・マザーロード
7. メニー・トゥー・メニー
8. シーンズ・フロム・ア・ナイツ・ドリーム
9. セイ・イッツ・オールライト・ジョー
10. ザ・レディ・ライズ
11. フォロー・ユー・フォロー・ミー

プログレ道を辿っていたジェネシスがぐーっとポップ路線に傾いたのはこのアルバムが境かと。前後もさほど聞き込んではいないのですが、それでも「フォロー・ユー・フォロー・ミー」は聴くと幸せになれる曲です。
7月に発売された紙ジャケも手にとってみて迷ったんですが、よりによってitune storeで衝動買い。

タグ : 70年代 アルバム

23:13  |  music  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT