2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010.03.28 (Sun)

もろもろ

溜め込むにはまだ週はじめなので放出。

 昼間ぼーっとしていたら表でぎゃっと叫び声がして、また子どもが走り回ってるか春のネコさんが盛り上がってるんだろうと思ったら、ぐっすり眠ってたPっちさんまでいきなり起きだしてうううーと窓辺に走りより参戦の様子。なんじゃらほいとベランダから表をのぞいてみたら、仲良しネコのプリ子がでかいネコに追い回されていじめられていた。これは一大事と表に出て行ってその辺の歩行者が遠巻きにみてる中、にらみ合うプリ子とデカねこのあいだに割って入りけんかをやめさせた。ケガはしてないように見えたけど毛がところどころむしられてもふもふ状態のプリ子。黙ってみてないで誰か助けてやってくださいな~。プリ子にはそのあとPっちさんのご飯を少し分けてあげました。相手はでかいが負けるんじゃないぞ、プリプリ

 昨夜はBSでマイケル・シェンカーのライブをみて、今日はアンヴィルのドキュメンタリーのあれをDVD鑑賞とメタルモードな週末に。
 マイケルのライブはヴォーカルにゲイ(リー)・バー(デン)、ドラムにサイモン・フィリップスという1stのメンツ?と思いきやベースはよーくみたらニール・マーレイだった。着てるものの格好は昔と変わらないんだけど、白髪にずいぶんと恰幅がよくなってましたなあ。ゲイバーはその辺のおっちゃんと変わらないようなキャップ姿でしたけど、あんまり昔と変わらない印象。
 放送されたライブの曲もその時代のが多かったので懐かしく聴けたし、なによりマイケルのインタビューなんて実際にしゃべってるところあんまりみたことがないからちょっと驚いた。あれだけ英語圏で活動していてもいまだ結構なまってるから、UFO在籍時言葉の疎通がうまくいかなくて鬱になったとか、フィル・モグにいじめられたというのもあながちうそじゃないのかも。でもギターの音色は一聴して変わってないのがうれしい。インタビューの中で将来兄貴のルドルフと一緒のステージをやりたいと言ってたけど、スコーピオンズの活動停止が発表されて、そういう活動にうつるのも遠い先の話じゃないのかもね。
 で、アンヴィルのドキュメンタリーの中ではヨーロッパのフェスで顔をあわせたマイケルのところにリップスが陣中見舞いにでかけて行って「昔一緒のフェスに出たよねえ(いわずと知れた84年の西武球場のことですけど)」と話しかけると、ほへ??と無言のまんま固まるマイケルにブッと噴出してしまった。決して笑える場面ではないんだけど。
 アンヴィルのこの作品は以前にも書いたように前からみたいと思っていて、ようやくの鑑賞。今はやりのリアリティTV風にもみえなくもないけれど、ここまで苦労してるとは思いもよらなかったので最後のラウドパークの場面は泣けました。ううう、ほんとに継続は力なりじゃないけれど、こうして日のあたるところに出てこられてよかったね。そんなわけで来月のライブを見に行くことにしました。たぶん明日のディランより素で楽しめそうな気がします。

 さっきながら見していたスケート。ヨナちゃんがフリーでも後半転倒プラス精彩欠いてたのに、回転不足はあってもほとんど目に付く大きなミスのなかった真央ちゃが彼女の点数を超えられないっていうのは事実非常に奇妙な話。でも、それだけそういう風に受け入れられにくい、というか印象がぱっとしない曲、点数がもらいにくい曲としかいえないんじゃないのかしら『鐘』。技術・能力を競うスポーツにぱっとしないもくそもねーだろうとは思うが、これまでの採点みてればジャンプの加点の少なさのみならず、そういうこととしか思えないんだけど。なんでもいいから笑顔で勝負しろとは言わないけど、あんな怖い顔して滑っていたら芸術性やら気迫以上にインプレッションが一定以上あがらないのは無理もないのでは…と思うもん。せっかく満足のいく演技をしてもトータル勝負で足を引っ張られるようではそれこそかわいそう。だから次回は曲を変えましょうね。おそらくコーチもタラソワさんでないかたを選ぶんじゃないかと思うんですが…。それはともかく金メダルはがんばった。おめでとう!

タグ : ネコさん 観た TVライヴ ハードロック/メタル フィギュアスケート

22:55  |  music  |  コメント(4)

2006.11.25 (Sat)

Coldplay

申し訳ないけどわたしにはあんまし思い入れのないバンド、なんて書いたら彼らと同じ頃にデビューしたバンドというのはみんなそうかもしれないけども、今や英国を代表するバンドらしいというのもなんかしっくり来なかったり。っていうかアメリカで売れてるっていうのもあんまり理解ができないんですが、でも突然不思議なイギリス産バンド売れたりするからなーBushとか。やっぱクリスの嫁がハリウッド女優だから?そういえばBushのボーカルもグエン・ステファニーの婿だよねえ…とか、アメリカに対してフロントマンが良くも悪くも鼻息荒そうに見えないから?などなど思いつつWOWOWでトロントでのライブをみてました。

 曲というか哀愁を帯びたぼわわ~んとしたメロディラインでしょうかねー。たぶんどこか聴いたことがあるメロディというか音と(あえてどのバンドのどれとは書きませんけども)結びつけて考えがちだから個人的にはあんまし乗れないのはあるかもしれないなと再確認しつつ、食わず嫌いせずにきいてみてもいかもとはちょっと思った。と書いていてはいても、人並みにいくつかいいメロディの曲だなーと思って日頃聴いてる曲はあるんですよー、Speed of soundとかウィンターボトムの『CODE46』のサントラで使われていたThe scientistとかですが…。

CODE46 スペシャル・エディション


タグ : 観た TVライヴ

23:29  |  ヒビつらつら
 | HOME |