2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.02.16 (Tue)

最近のわがや映画まわり

 今年は去年より映画館に観にいけたらいいなあ、なんてことを毎年年頭には思うわけですが、忙しいのにこじつけてなかなか出かけないのも毎度のこと。そんなぐうたらな言い訳の上塗りじゃないけど、理由としては観たい映画というか映画館が減ってることもあると思う。

 まず三茶では見逃してた大作系もミニシアター系もまかなえる2本立ての名画座2館が相次いで閉館してしまったことで、時間のある休日やら帰りがけに映画館にちゃちゃっと寄ってくことが消滅してしまった。これものすごい大打撃。いくらそれ系の映画をかけている下高井戸が近いといっても電車に乗る手間だったり、くわえて時間代わりでいろいろみられるのはいいけど1作品を1日1回1〜2週間上映ってそこに自分の予定をわざわざ合わせるのってあんまり手軽ではない。劇場さんの頑張りは十分わかるけど、頑張れない利用者じゃなくてスミマセン、って感じ。
 あと、ここ数年で劇場数が激減している渋谷で上映されてるラインナップがあまり魅力的でない。今年に入って閉館したライズにしたって後期はお世辞にもいいラインナップではなかったのであってもなくても変わりないって気がしないでもないが(自分にしてはものすごく乱暴で愛のない物言いですけども)、まず渋東シネタワーなんていつの間に邦画やら吹き替え版やらお子チャマ向け中心の劇場になったわけ? いくらできたばかりの新宿に重き置いてるにしたって、せめて日劇やスカラ/みゆき系の作品はいれてほしいよねえ。ジョブスの映画もきてないし『キャロル』だって渋谷じゃよそでやってるし、なんなのこの捨てられ加減って思うんですけど、そんなに普段の客入り悪いわけ?
 でもってほかの小さな劇場にしてもいろいろ工夫して上映してくれるんだろうとはおもうけど、正直立地や場内の雰囲気が苦手だったり(スミマセン)、ぼやぼやしているうちに上映時間限定のスケジュール組まれてしまうので、その結果やっぱり渋谷以外のシネコン系の劇場に行っちゃうし、そういう劇場でかかっている映画を優先して選んでしまってるのよね。ちょっと不本意ながら。

 そんなわけでこのところ出かける映画館といえばネットでチケットの買えるシネコン。お気に入りは電車乗ってそのまま表に出ることなくたどり着ける日本橋や反対方向でなんとなく空いてる感のある二子玉。あとは普通に六本木や有楽町銀座あたり。新宿はよほど気合いが入らないと行かない。
 出かけるのが面倒だったり出かけられないときには家でとり貯めた録画をみているんですけども、最近ちょこっと利用してみて「これテレビでみられたらいいのに」と思っていた密林プライムやらNETFILXやらhuluなんつうオンデマンド系の番組をテレビにコネクトするアダプターをゲットしたところ、HD画質の作品なら普通にきれいに映るのでますます出足が鈍りそう。

 音楽はAppleMusicに登録しておけば月額980円で新作は別にして聞きたいアルバムはほとんど網羅できるから、手元に持っておきたいアルバムはCD買うとしても、ツ●ヤのレンタルは(少なくともCDに関しては)まったく利用していないし(あちらも月額いくらで借り放題のようなサービスを店頭でも始めたみたいだけど)、加えてわが家はUSENもいまだにフル活用しているので、すでにほとんどあまり売上げに貢献していないリスナーに成り下がっているのだけれど、とうとう映画でもその傾向が見えてきたって感じだろか。
 便利といっちゃ便利なんだけど、どこか罪悪感を感じないでもない古い人間なのである。だったらもっとこまめに歩けよって自分でも思うんだけども。

タグ : 映画わき道

12:15  |  flicks  |  コメント(0)

2015.02.18 (Wed)

思いだしたこと

 前の話の続きじゃないけれど、以前友人がある歌舞伎の舞台をを観に行ったときの話を思いだした。そのとき彼女はわりと前の席のほうで鑑賞していたそうなのだけれど、某女形の重鎮さん(すでに故人)の舞台をみていた際、あきらかにそのかたがセリフを忘れてしまった場面に遭遇してしまったとのこと。
 最初のうちは黒子さんがなにやら耳元でセリフをささやいていたけれど、それでもご本人には聞こえなかったのか伝わらなかったのか、結構前のほうだったとはいえ客席に座っている彼女たちのほうに聞こえるぐらいの大きさで何度かセリフを繰り返してその場を何とかしのいだそうなのだけれど、いたたまれないというか正直あまりそういう場面はみたくなかったな、と語っていたっけ。
 前のガンボンさんの記事にも舞台でセリフを忘れてしまったことに狼狽して、とあったけれどそんな場に遭遇してしまったら当人も当然だろうけど、みている方もどう対応したらいいかわからんよね。いずれにしてもどこまで舞台の一線にたち続けるかというのはご本人の決めることだと思うので、鑑賞する側としてはその気持ちを尊重するべきだとは思うけれど。

16:01  |  flicks  |  コメント(0)

2015.02.16 (Mon)

マイケル・ガンボンの引退宣言

 先日マイケル・ガンボンが舞台俳優としての活動を引退するという発言をしたのだとか。
『ハリポタ』ダンブルドア役マイケル・ガンボン、舞台俳優を引退
 ガンボンさんといえばわたしには忘れがたい強烈な印象で残ってるのはピーター・グリーナウェイの『コックと泥棒、その妻と愛人』の泥棒役なんだけど、だからハリポタの校長先生役なんてかえってイメージギャップというか驚いたものだった。舞台には登らずとも映画での活動は続けてくれるんだろうなと思うけれど、このニュースを読んだときにふと思いだしたのは仲代達矢さんのこと。
 丁度いま、ドキュメンタリー『仲代達矢 役者を生きる』も公開されているし、去年シアタートラムで公演のあった、老齢となった名優リチャード・バリモアを描いた舞台『バリモア』も記憶に新しいけれど、仲代さんも自宅のあちこちに台詞を書いた紙を貼り付けたり台本の台詞を覚えようと奮闘していた様子を以前NHKのドキュメンタリー番組でみたことを思いだした。誰にでも等しくやってくる老いだけど、それぞれ程度の差はあれど体が資本の人々には死活問題だよね。生涯それで食っていくっていうこと、生涯現役ってすごいことだよなと改めて思う。
 ガンボンさんも多少活動域は狭くなるのかもしれないけれど、まだまだ現役で元気なところを見せてほしいよ。もちろん仲代さんもだけど。

タグ : 映画わき道

18:21  |  flicks  |  コメント(0)

2015.01.13 (Tue)

新春のドカ買い

 今年は買い物を控えめに「減」とかいってみたもののあえなく挫折。これでもう、これでもう、といいつつ今年も散財に走るか、ダメなやつ。とはいっても、とりあえず満足な趣味的買い物はできたと思うのでのっけちゃうもんね。

Kagemusha - The Criterion Collection (影武者 クライテリオン版 Blu-ray 北米版)


CRITERION COLLECTION: VENGEANCE IS MINE

まだちゃんと見てないんですけれど、クライテリオンのブルーレイ2枚はウワサ通りの高画質。ほんと、これなら国内版よりグレード高いのではないかしら。黒澤は最初に買うとしたならこれだろうとずっと思っていた『影武者』と、これをカートに入れてる人にはとお勧めされた『復讐するは我にあり』。両方とも満足。特典映像とブックレットにも期待してます。英語字幕がどうなってるのかも興味あるしね。

クインテット [DVD]

ながらくカートに入れておいたアルトマンの『クインテット』(DVD)。未見だったのでこれまたとても楽しみ。

Duets

CDはリンダの新旧デュエット曲のベスト。これは今朝聴いてきたのだけどとっても満足な1枚。

Shang-a-Lang: Life as an International Pop Idol

洋書。これはやっぱりお勧めされてついついポチってしまったBCRレスリーの自伝。まだ届いてないのですが密林評の読者さんの間では読み進めるのが手強そうだとか? ちょっと期待しちゃおう。

 そのほかのブツ国内書籍編では池澤夏樹さんの日本文学全集は、その後世界文学のほうも地道に買い足していることからやっぱりそろえておきたいなと思い「中上健次」さんを、あとは古本で出ていた林真理子の『白蓮れんれん』やら、なんと新刊で『33年後のなんとなく、クリスタル』まで入手してしまった……
 林真理子氏も田中康夫氏も(…なんか世代が色濃すぎるなー)どちらも人も苦手な人々で、その昔に友人から借りて「ルンルン」やら「なんクリ」著書を読んだときには正直どこがいいのか全く分からなかったし、都会の大人に憧れるとかそういうのよりもいけ好かない大人だわって思ったものだったけど、今読んだらどうなんだろうと思って。読んで報告できるような感想を抱けたらここでしてみます。

タグ : 音楽わき道 映画わき道

17:08  |  flicks  |  コメント(0)

2014.12.02 (Tue)

12月になって

 12月になってもう今年もあっという間に終わるなあなんて思っていたら菅原文太さんの訃報に驚く。ついこの間の高倉健さんの訃報にも驚いたものだったけれど、まったく思いも寄らなかったというか。
 文太さんに特別思い入れがあるわけではない。それをいったら健さんにしてもそうだけれど、でも、子どもの頃に映画を放送していたテレビや映画館のポスターでみていた、諸肌脱いで悪党と戦ったり、どんなにバンバン鉄砲打ち合っても絶対死んだりしない組の人やちょっと怖そうなトラック野郎と思っていたおじさんたちも、決してスーパーなヒーローではなく、普通の人のように年をとり枯れていくのが、ごく普通の当たり前のことではあるのだけれどやっぱり寂しいなと思う。同時に、それがスクリーンの中だけであってもイヤな現実をはなれて、すっきりうっぷんばらしさせてくれるような時間を多くの人々にくれたことは、やっぱり映画って夢をみせてくれるものなんだなとも思う。
 寡黙な背中でものを語るみたいなイメージをとことん私生活でも貫いて、ある意味「高倉健」であることを演じ続けた感のある健さんとは違って、文太さんは震災以降には反原発の活動に顔を出したり、たしか都知事選の街頭演説にも応援に登壇するなどしていましたね。映画の中では広島弁を駆使してた(?)文太さんが実は宮城出身と知ったときには結構ビックリした記憶があるけれど、映画の中で演じたキャラのように熱いお方だったのでしょう。
 高倉健さん、菅原文太さんのご冥福を心からお祈りします。

15:52  |  flicks  |  コメント(0)

2013.02.15 (Fri)

サヨウナラの風景

DSC_1042.jpg

まさかこっちの劇場が先に閉じてしまうとは思っていなかったよ。

タグ : 三茶

18:05  |  flicks  |  コメント(0)

2012.09.09 (Sun)

今週のつぶやき77

 先週末の雨でちょっとは収まったかと思いきやなんの、まだまだ残暑むしむしの今日この頃。でも、夜に表を歩いているとすっかり虫の声は秋モード。ちょっとほっとする。家につくと部屋の中に熱がこもってるんで扇風機回しながらガリガリ君食べたり、エアコンもたまに使うけど設定温度やつけてる時間もかなり減ってきた。今月から電気料金値上げだし、このまんまおちついてくれるとよろし。

 ヴェネチア映画祭は金獅子賞がギドクで終わったとのこと。もともとそんなにチェックしていたわけでなくコンペのラインナップもよく知らないけれど、(どの部門で上映されたかも知らんが)ベロッキオ新作とルイージの初監督作は来年のイタリア映画祭でやらないかなあ。
そういえばサレスの「On the Road」はその後どうなったんだろう?と思ったらトレーラーが上がってた。



 あまり評判を聞きませんが(たぶん自分がやっぱり知らんだけ)どうなんだろ。予告を見る限りは青春ムービー…って原作もそうだからしょうがないけど、路上カットはちょっと好み。

タグ : 映画 Life

09:33  |  flicks  |  コメント(0)

2012.08.21 (Tue)

アベンジャーズ

 もう2ヶ月間近く、というかその前の春先から大差ないお経のような大長尺ドキュメンタリーばかり仕事がらみで見続けていたので、その反動か人並みに夏のイベントムービーを見ようかなと動いています。
 こないだはダークナイト・ライジング。期待が大きすぎたので、まーというところもないでもなかったけれども、わたしはそれなりに面白くみられました。とはいえ、これってひょっとしてディレクターズカットとかあるんじゃないかと思いつつ。あるならみせろーって感じ。
 本日はアベンジャーズを見てしまいました。しかも3Dで。登場したキャラの個々の映画はハルクもアイアンマンもマイティソーも観たことがないので完全初見だったんですけども、ジェームズ・レマーとスカーレット・ジョハンソンの人間キャラはなに?とか、マーベルコミックスだったらスパイダーマン出さないってのはどうなのよ、とか、特殊人間使って宇宙人と戦うならXメンでも使えばいいのにーとか勝手なことばっかり思いつつ見てたのですが、途中でなんかすごく場違いなところに紛れ込んだような気分になってきて、これって途中で退席もありかも…とマジ思いかけたり。でも最後まで見ましたけど。そしたら我慢はしてみるもので(…)、クレジットのロールアップでクリス・コーネルの声が聞こえた時にゃ、もーウキャウキャと出口に向かうお客に逆らい真ん中の席に移動してちゃんと聴きいってしまったでよ。
 クレジットで確認したらば今回はクリスの名義ではなくサウンドガーデンの名義なんですね。サウンドガーデン再結成後のライブの様子なんかはクリスのサイトで見ていたけれど、もっと期間限定なのかと思ったら今回この新曲(15年ぶり!)がリリースされたってことで、もうちょっと活動してくれそうかな。ビリー・コーガンなんかは金儲けのためだけの再結成とかばっさり言っちゃってるようですが、それでもいいもんねー。サントラにはほかエヴァネッセンスやブッシュなどなど、あ、スコットも新曲を提供してるんだ。ストテンはまだちゃんと活動してるんだろうか…
と、映画よりサントラ・ムチュー(というかSGムチュー)ですんません

アベンジャーズ・アッセンブル

01. Live To Rise - SOUNDGARDEN
02. I'm Alive - SHINEDOWN
03. Dirt And Roses - RISE AGAINST
04. Even If I Could - PAPA ROACH
05. Unbroken - BLACK VEIL BRIDES
06. Breath - SCOTT WEILAND
07. Comeback - REDLIGHT KING
08. Into The Blue - BUSH
09. A New Way To Bleed (Photek Remix)" - EVANESCENCE
10. Count Me Out - PUSHERJONES
11. Shoot To Thrill - THEORY OF A DEADMAN
12. Wherever I Go - BUCKCHERRY
13. From Out Of Nowhere - FIVE FINGER DEATH PUNCH
14. Shake The Ground - CHERRI BOMB
[インターナショナル盤ボートラ]
15. Pistols At Dawn - KASABIAN

タグ : 映画 サントラ

22:56  |  flicks  |  コメント(0)

2012.02.04 (Sat)

なかま

ベン・ギャザラが3日、ニューヨークで亡くなった。享年81歳。
奇しくも盟友ジョン・カサヴェテスが亡くなったのも89年の2月3日だ。
昨年6月にピーター・フォークの訃報を聞いたとき、ベニーはどうしてるだろう、って思った。
だけど、まさか本当に後を追うようにいってしまうなんて思いもよらなかった。
ピーターの自伝ではジョンのことに触れた章の中でこんな一節があった。

僕らは偉大な俳優たちが君臨した1940年代に青春を過ごした同士。クラーク・ゲーブル、スペンサー・トレイシー、タイロン・パワー……。みんな今ごろは天国で夢の共演を果たしてることだろう。


きっとそんな名優たちに混じって、ジョンもピーターも喜んでベニーを迎えるという、ステキなリユニオンを果たしてるんじゃないだろうか。

Husbands_poster.jpg

さようなら、イカした仲間たち

・NY Daily News - Ben Gazzara, a tough-guy character actor, dead at 81

タグ : 映画わき道

17:11  |  flicks  |  コメント(0)

2012.01.21 (Sat)

今週のつぶやき49

 あいかわらず今年の初映画は行っていませんが、こんなのを見つけた。

Prada's Hollywood Models

かっちょいー。
バックでアレンジして一部使われてたのはマイケル・ナイマンの『コックと泥棒、その妻と愛人』のあれですけども、モデルの一人にティム・ロスが入ってるのもあながち偶然ではない? ティム・ロスとゲイリーといえば『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』ですね。どちらも個人的には非常に忘れがたい好きな映画。

タグ : 映画わき道

14:21  |  flicks  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT