2006年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2006.09.30 (Sat)

うルらあー!

306a6ce4.jpg

あてぇのめしぃはどーなってんねん。
毎日毎日おんなじカルカンばっかしくれちゃって
コンビニカルカンはもーあきとんねん。こルらあー
このこぶしが目にはいらんかー
中指立てたいけど指ないねん。なくて悪いかー
とっとと帰ってきてもっとウマいめし買ってこいー
でないと毎朝鼻パンチくわすどー
うルらあー!

いつもとかわらんけどあれてるつもりのしろりん

タグ : ネコさん

07:46  |  ヒビつらつら

2006.09.29 (Fri)

Hasten Down the Wind(風にさらわれた恋)

Hasten Down the Wind
 大好きなアルバム。リンダ・ロンシュタッドを初めて聴いたのはこのアルバムからです。70年代のアメリカンポピュラーミュージック界の二大小悪魔的美女といえばやっぱしリンダとスティーヴィー・ニックスになるのかなと思うんですけども、リンダはそのフェミニン具合に憧れたものでした。これのあとのアルバム『夢はひとつだけ(Simple Dreams)』も確かにキャッチーなアメリカン・ポップス、というかウェスト・コースト・サウンドの魅力が詰まったアルバムとは思うけど、バラード曲とちょいエスニック&カントリーテイストの入ったこちらのアルバムのほうが好みかな

1. Lose Again
2. Tattler
3. If He's Ever Near
4. That'll Be the Day
5. Lo Siento Mi Vida
6. Hasten Down the Wind
7. Rivers of Babylon
8. Give One Heart
9. Try Me Again
10. Crazy
11. Down So Low
12. Someone to Lay Down Beside Me

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

タグ : 70年代 女性ヴォーカル アルバム

00:39  |  music

2006.09.28 (Thu)

雲ひとつなし

0cf53698.jpg

 起きて外をのぞいたらさすが昨日おとといの雨のあと。青空が広がってます。昨日は酒呑みてー酒呑みてーと夕方からもんもんしていて、というかここのところアルコールの必要性は感じていたので一人でも飲みに行ってしまおーかと思っていたんですが、負のオーラが漂うだけだからおやめ、と家人になだめすかされてしょうがないからコンビニでビールを買って一缶飲んで寝ました。翌日起きられないのも困るから深酒はとりあえず自粛(←と自然にそう思ってしまうのも、冷静に考えるとカナしい)。でもそのせいか知らないけれど久しぶりに父母の出てくる、それも家でもめごとがおきてるというあまりよろしくない夢をみてうなされたので、青い空見てなんとなくほっとしたりして。なんかいいことあるかねーと毛繕い中のしろさんに聞いたら、「にゃー」と返事が返ってきたのでありかもしれなし。…にゃーい、かもしれないけども。

タグ : Life

09:25  |  ヒビつらつら

2006.09.27 (Wed)

本日のドーム

7時半頃でしょうか、いきなりドカーン!!ときたので
今日は何をやってるのかなあと思ったらスマ●プです。
この雨風の中、、、最強?
雨で地盤も弛んでいることだし今日は揺れそうですなー。

タグ : Life

20:06  |  ヒビつらつら

2006.09.26 (Tue)

おつかれー

何だか疲れてきたので早退でもしようかしらん、
と思っている矢先に昼時恒例の生沖縄民謡のBGMに
イライラ。
イヤされない民謡もあるってことですな。全く。

タグ : Life

12:58  |  ヒビつらつら

2006.09.25 (Mon)

Come Clean

カム・クリーン
 パドル・オブ・マッドはいまも活動しているのでしょうか? たしか何年か前のサマソニにも参加していた記憶がありますが。アルバム紹介といいつつもわたしがめちゃ愛聴しているのはNapstarがまだあった頃ダウンロードした「Blurry」で、あとは情報番組のインタビューを何度かみたぐらい。あとは正直あまり知らず。スンマセン。このアルバムのあとには『ライフ・オン・ディスプレイ』というアルバムが出ているんですね。こういうNirvanaのカートちっくな声質したヴォーカルがいるバンドはこのアルバム発売当時(2002年ぐらいですか)いくつかあったような気がしますが、一番好みだったのは彼らかな。あと「Blurry」はカートが歌ってもなんとなくよさげなイメージがあったりして。

タグ : ハードロック/メタル アルバム

00:42  |  music

2006.09.24 (Sun)

天高くー

雲ひとつないよいお天気です。風はあるけれど。
今日ぐらいだとまさに運動会日和なのでしょうねー。
お散歩いきたい。

窓辺でひなたぼっこ兼お昼寝にもほどよい季節
56d545fb.jpg

実は薄目で様子をうかがっている
4c48705a.jpg

*****

一転して職場です。後楽園も行楽日和。
昨日おとといに続きMacちんが立ち上がらずに焦ること30分。スイッチ入れてもプープー音がしてshut-down画面になること何度か繰り返しようやっと機動。なんだろなあ、そんなに調子が悪いとか不具合が出てる子ではなかったのに。
この時期イカれてしまうと、脱力どころじゃ済まないとーんでもないことになるので毎日バックアップとっておかないと。。新マックは職場に何台か入ってるんだけれどみーんなセットアップで苦労してるんですよねー、Tigerの時もIntelMacでも。余裕のないこの時期にそういうのでキリキリしたくないのでこの子を大事に使うか、万が一の時にはWinでも入れてもらおう。

タグ : Life ネコさん

09:57  |  ヒビつらつら

2006.09.23 (Sat)

秋の映画祭その2

 火曜日に行われた記者発表からしばーらくなんにもアップになっていませんでしたけれど、東京国際映画祭のラインナップが全作品発表になりました。

公式ページ
チケットぴあスケジュール

 お勧め作品ーといっても観ている作品が少ないのでなんなのですがいきなり日本映画の企画から。自分はそんなに日本映画を観ているほうではないのでなんとも言えないのですけども日本映画・ある視点では先日モントリオール映画祭でグランプリをもらった奥田瑛二監督の『長い散歩』は話題かと思います。
 でもお勧めは『ミリキタニの猫』。これは今年の春ニューヨーク、トライベッカ映画祭で観客賞を受賞してますけれども、監督さんが2001年にNYの街角で知り合った、日系人のホームレスで絵描きさんのジミー・ミリキタニおじいちゃんとの交流を描いたドキュメンタリーです。最初のうちはたぶんアーティストとしての自負みたいなものもあるんだろうし誰の世話にもならないスタンスをちょっと感じさせるようなジミーおじいちゃんがあの911の事件がきっかけで監督さんの部屋にお世話になるようになり、次第にうち解けていくうちに彼の数奇な過去が少しずつ分かってきます。その辺の展開も興味深いのだけれど、なによりおじいちゃんの人柄というか、その愛すべきキャラがすごく魅力的です。二人の出会いというのは監督にとってもおじいちゃんにとってもすごく幸運だったでしょうね。やがて自分の居場所を見付けることになるおじいちゃんが終わりのほうで出かける巡礼の旅や、その後訪れる再会に見終わったあととっても温かい気持ちになれます。友人が製作に関わってるひいき目をのぞいても、観てよかったなーと思う映画でした。なので今回の映画祭では1押し。
公式サイト

と、これでけで終わるのもサミシイのでほかの企画も。

タグ : 映画

09:31  |  flicks

2006.09.23 (Sat)

MADONNAのライブ

楽しかったです。
席はドームのスコアボードに限りなく近い天井で、思えば遠くに来たもんだって感じでお客が出入りしたり座席が揺れるたびに転げ落ちるんじゃないかと気が気じゃないのはありましたが、ライブ自体は堪能。ビジュアルもエンターテイン具合もさすがーと思いました。

 アメリカのアイドル系のライブというかコンサートはセットにもめちゃ金かけてるし、みてるだけでそれなりに楽しいので過去ブリトニーやBSBのドームライブも出かけたけれでも、あそこまでドカーン、バコーンと派手派手しい演出じゃなくても、映像の使い方とかダンスシーンとかさすがセンスが良いというか洗練されてると思いました。

 マドンナは映画はともかく(…)PVに関してはそれぞれの年代の最先端というか、新鋭のディレクターを使ったり、見る度新しい発見のある作品が多いんだけれど、そういうこだわりのようなものが感じられるステージでした。曲は「CONFESSIONS ON A DANCEFLOOR」からがメインではあったんですが(How High,Push以外)「お馬さん女王さま調」→「世界情勢メッセージ調」→「ハードロック調」→「ディスコテーック調」と4部構成にあわせたアレンジになっていてこれまた楽しゅうございました。コンフェッション~以外の曲では十字架ハリツケパフォーマンスも話題になっていた「Live to tell」や「Drowned World/Subtitute for Love」は地味ながら好きな曲なので生で聴けてよかったです。はい。「ライク・ア・ヴァージン」とか「ラ・イスラ・ボニータ」とか、あとは電飾ケープもゴージャスだった「Lucky Star」はカラオケ状態で楽しみ、おしまいの「Hang up」はほぼ完全燃焼でした。

 ほぼ、というのは席がそーやって高いところだったので立つのにビビったのと、やっぱ遠すぎてマイクの音がちゃんと拾えずMCが拾えなかったのが残念(曲はちゃんときこえたが)。あとせっかくワールドツアーの最後だったので、もう1曲ぐらい聴きたかったのは正直あるけれど結果は満足でした。遙か彼方の生マドンナはじょーおーさましていてやっぱしかっこえかったです。ちゃんと歌いながら踊れるのはプロですなー。次回はもっと下の方で観たいです、はい。

1.フューチャー・ラヴァーズ
(2.アイ・フィール・ラヴ =ドナ・サマーのカバー)
3.ゲット・トゥゲザー
4.ライク・ア・ヴァージン
5.ジャンプ
6.リヴ・トゥ・テル
7.フォービドゥン・ラヴ
8.アイザック
9.ソーリー
10.ライク・イット・オア・ノット
11.アイ・ラヴ・ニューヨーク
12.レイ・オブ・ライト
13.レット・イット・ウィル・ビー
14.ドラウンド・ワールド
15.パラダイス(ノット・フォー・ミー)
16.MUSIC
17.エロティカ
18.ラ・イスラ・ボニータ
19.ラッキー・スター
20.ハング・アップ.

始まったのは前の日に続いて1時間15分遅れの8時15分で終わったのは2時間後。そのあと通りをはさんだ職場に戻って仕事したのはいうまでもなし。やーね。

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

タグ : 観た ライヴ

00:44  |  お出かけ

2006.09.21 (Thu)

ナビスコ他

●ナビスコ杯準決勝2ndレグの結果
  千葉 3-2 川崎
  横浜FM 2-1 鹿島
11月3日に行われる決勝は鹿島vs.千葉に

スポーツナビ | ニュース | 大規模な疑惑に発展か 英サッカー界の贈収賄
セリエの時のように審判買収とかまではいかなくとも移籍交渉の時点での贈収賄疑惑ということでHIDEの名前も出ているということでちょっと話題になってますけども、名前が挙げられているような中堅クラブなんかより大きなクラブだってもっと派手にやってるんじゃないのかなって気もするんだけど。どうなんでしょう。イタリアみたいにずるずるいろんなチームが絡んででてくるのかな…

タグ : サッカー

19:42  |  sportこばなし
 | HOME |  NEXT