2007年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2007.01.31 (Wed)

今月みたもの

今月プライベート鑑賞のタイトルだけメモ。仕様はそのうち変更も大いにありえますが、とりあえずアップ。旧作DVDものっけてます。

●恋人たちの失われた革命

●フルメタル・ジャケット(再見・TV)
人殺しマシーンはいかにして作られるのか。教官の激マシンガントークといい、張り詰めるもあっけないスナイパーとの攻防といい自分にとってはやっぱり金字塔のひとつ。

●デート・ウイズ・ドリュー

●やさしくキスをして(DVD)
 「ダーリンは外国人」の国際結婚もこえなければならないハードルがたくさんあって大変なんだろうとは思うけれど、おんなじ国に生まれ育っているのにコミュニティの異なるダーリンとの恋愛ももっと大変なのでしょうね。好きなもの同士がさくっと恋してさくっと結婚ってするのが理想なんていってもなかなか難しいんだろうな。と独身者のつぶやき。

●不滅の恋 ベートーヴェン(再見・V)
●めぐみ 引き裂かれた家族の30年
●あるいは裏切りという名の犬
●リトル・ミス・サンシャイン
●愛されるために、ここにいる
●オープン・シーズン
●ルーブル美術館訪問(再見・DVD)
●サンキュー・スモーキング
●ママが泣いた日(名画座)
●薬指の標本(名画座)

●イカとクジラ
…感想、なんで書いていないんでしょう。なんか書きそびれちゃったんです、音楽も当然好きだったのに。そのうち書くかも。

●マリー・アントワネット
●ヘンダーソン夫人の贈り物
●ディパーテッド
●エンロン

●フランキー・ワイルドの素晴らしき日々
これもなんで感想書いてないんでしょう。だけど耳聞こえなくなるのは自分にとっても死活問題なのでちょっと人ごとには思えず。おそろしか。フレディの大好きだったイビサ島はレイブの聖地なんですね。知らんかった。

●不都合な真実
●9 Songs ナイン・ソングズ(DVD)
●輝く夜明けに向かって
●それでもボクはやってない

タグ : 映画

23:49  |  flicks

2007.01.30 (Tue)

本日は

f6fcf62e.jpg

sis.Kの誕生日
というわけで、冬眠から目覚めたしろさんでした。
むにゃむにゃ。

タグ : ネコさん

23:11  |  ヒビつらつら

2007.01.28 (Sun)

日曜日

 もう一月も終わりだし新年会の季節でもないのだけれど昨日おとといは飲み会続き。金曜日は渋谷で墨攻公開記念火鍋大会?というわけで職場の女子+韓国語のNさんで鍋と饅頭をたらふく堪能し、昨日は翻訳友だちのMちゃんと三茶が誇るイタ飯屋さんグッチーナで夜コース。食生活充実した週末でした。
 週半ばからようやっと始まった仕事のせいで、というかうにゃうにゃしたアラビア語の歌のせいであまり仕事がはかどらないので余計にストレスがたまりもんもんしていたんではありますが、さすがに今から土日に根つめる気もないので本日うだうだ。映画にも出かけたいけれど今週封切りのものはヘビーなネタのものが多いし、ここんところみていたものも重めの題材が多かったのでなんかここら辺でおバカものか心温まるシンプルかつハッピーな映画が観たいす。今日まで旧作半額だしTSUTAYAにでも行ってみようかしらん。

タグ : Life

12:34  |  ヒビつらつら

2007.01.27 (Sat)

こまごまと気がかり

 週末に家におとなしくしているのは特に暇をもてあましているわけでもないのだけれどもひとつは原稿データ待ちしてて。正直先行きが不安なのよね。のちのちのしわ寄せにならなきゃいいんだけど。そんなわけでその後のチェックの参考になりそうな本を昨日今日で読んでいましたが、内容にあんまし共感もできなきゃ素であんまり興味がもてないのでなかなかすすまず。だめじゃん。

 あとはしろさんか週半ばからちと風邪っぴき。昨日お医者に連れて行って抗生物質もらってきてレンジでちんの湯たんぽ入れて安静にしていますが、なにせあんまり食べないので薬上げるのもまたひと苦労。なかなかぶーぶーぜいぜいが取れないので、こじれて肺炎とか起こさなきゃいいけどと心配。

 そうそう。わたしの好物に盛岡の地ビール、ベアレン・ビールがありまして、よく歌舞伎座向かいの岩手県ショップやらに買いに出かけたり、帰省時にも新幹線に乗る直前に買い込んだりしてこの前の帰省のときにも冬季限定のチョコレートスタウトやらヴァイツェンやら買ってほくほくしていたんです。先日今週はじめぐらいに「ビールの醸造工場で爆発死亡事故」というニュース記事を見かけてふーんと思ったにもかかわらずちゃんと記事を読んでいなかったんですが、おとといその事故が起きたのがなんとベアレンさんだったことを知りました。ショッキング。ベアレンビールはいまのところ出荷販売が見合わされているようですが、どうぞ悲劇を乗り越えてまたおいしいビールを届けてほしいものです。
がんばれ、ベアレン!

タグ : Life モリオカ ネコさん

14:41  |  ヒビつらつら

2007.01.24 (Wed)

初仕事

 ようやっと今頃になって今年になって初の仕事に着手中。しかし冬眠期間が長すぎたせいかビデオデッキがなかなか言うこときいてくれません。たたでさえ骨董品もののビデオなのに。これが動かなくなったらわたしたちは失業してしまうんじゃなかろーかとかみんなで言ってるんですけど。…しゃれにならんぜ。。

 出勤の途中、白山通りに面したビルで火事の現場を目撃してしまいました。脇の小径の角にあるビル4階のもくもく煙を上げていた現場はうちの職場以上に窓際に本棚やら積んであって外からもあそこに燃え移ったら危ないだろうにと見えました。脇の窓から背広姿のおじさんが表通りに向かって助けを求めていたんですが、到着したばかりの消防車がクレーンを伸ばして消防士さんが外から中に入ろうとしていたけれど入れなかったみたい。消防士さんが離れた後ろにすごい炎が見えました。おじさんはどうなったんでしょう。小径のほうからも救援が入っていたようなので無事に助かっていれば良いのですが、気がかりです。今の時期乾燥してるから余計火は怖いですね。火の用心。

タグ : Life

16:50  |  ヒビつらつら

2007.01.23 (Tue)

カフカ読了

 “つん読”状態だった「海辺のカフカ」を今ごろ読了。んー、やっぱし翻訳ものやらエッセイのほうが好きかも知れない、ムラカミさん。以前にノルウェー~を読んだ時とあまり印象変わらなかったというか、なんというか。もちょっと若い、主人公と同年代+αの頃に出会っていればまた印象も違っただろうな。最大の敗因はニャンコ生首でしたけど。でもナカタさんもよいのですが、ホシノさんが好きでした。

海辺のカフカ (上)

タグ : 読書 村上春樹 本の話

14:57  |  本とか絵とか

2007.01.21 (Sun)

納豆争奪戦終了?

 そっかー原因は「あるある」だったのかーとここのところの納豆買いそびれをうらめしーく思っていた自分も番組データねつ造騒動にはびっくり。でももっとびっくりしたのは今日になってスーパーに出かけたら昨日までスッカラカンだったコーナーに納豆が山のように売れ残ってたこと。…なんだかアホらしいですねえ。そりゃイソフラボンだ、赤ワインだとりあげられれば黒豆入り豆乳やらところてんやら買ってましたよ、わたしだって。だけど、うわーっと買って、効果なし、というか確証が得られなかったってだけでこの手のひら返しってばなに? まあ情報ねつ造はいけないことだとはおもうけど、体に悪いものを良しとして情報流した訳じゃないし、新聞のコメントには納豆は嫌いだったのに無理して1日2個食べていた、裏切られた気分だ、みたいなこと言ってる人もいましたが、別にいいじゃん。というか納豆1日2個食べただけでダイエット効果があるんなら、わたしゃ今頃超スリムだよ。
 そんなわけで、納豆業者さんにはもしかして申し訳ないかもしれないけれど、にわか納豆購入者が減って、安心して買えるようになってよかったわーとほっとしたり。しかしー新聞一面の広告にもびっくりしたけど、「あるある」は今夜の放送はキャンセル&関西テレビ?のおじさんが謝罪してるは一大大事件だったのね。…ほかにニュースはなかったのか?

***その後***

あるあるはホントに放送打ち切りなんだ。なんかねえ。

タグ : テレビなど よのなか

23:57  |  ヒビつらつら

2007.01.18 (Thu)

久しぶりの3丁目

6775c4f3.jpg

 新宿はあんまり来ることは少なくなって、まして「夜の新宿裏通り」なんて軽く10年以上は来てないと思う。この近所にはツバキもあったし、バイトに通ったストーンも映画館もあるんだけど。ROLLING STONEってあの場所にまだあるのかなとみにいったらたぶん同じ所かと思うけど違うロックバー?になってた。まだあの社長がやってるのだろうか。界隈のお店も全然変わったし、たくさん増えてるし。だけどいまだかつて入ったことのない末広亭はそのまんま。なんか安心。今度は寄席にきてみよっかな。
 今日は映画2本みて、一緒にみてたお客はどっちも4人ずつで合計8人。快適というよりちょっぴし寂しかった本日の気分。

タグ : トウキョウ

23:24  |  モバイルつぶやき

2007.01.17 (Wed)

ギャツビー読了

グレート・ギャツビー

 予定より大幅に遅れましたが「グレート・ギャツビー」を読みました。本を読むより先にレッドフォード出演の映画を観ていたので(かなり前だけど)いちいちその場面を思い出しつつ文章による描写を堪能。いつものごとく本編よりもあとがきから読んでしまったのもあるんですけれど、いつもの村上さんの翻訳本よりも文体が小説に近いような気はします。ひと夏に起こるうわーっと華開いて幻のようにまぼろしのようにふうっと消える夢のような感覚は、自分が感じるところの村上さんの「青さ」っぽいところをくすぐるのは何となく分かるような気がしたし、ほんとは60になったら訳そうと思ってたという計画の前倒しも分かるような気がしました。これまで出回っていた野崎孝さんの版も読みたいなと思ったし、村上さんの小説と比較して書くのも比較の対象少なすぎるのでもうちょっと読んだらまた「ギャツビー」に戻って読んで考えられたらよいなあ。映画ももう1回みたいです。

タグ : 読書 村上春樹 翻訳 本の話

14:56  |  本とか絵とか

2007.01.16 (Tue)

ちゃろりさん

 先月ぐらいからお腹あたりの毛が茶色ギミになっていたしろさん。「しろり」さんが「ちゃろり」さんに変身中。いつもは冬場にカゼをひいたりするとおばあちゃんだから?目やにもよく出て、顔を洗うたびに両前足の毛に色が付きやすいので、今回も最初のうちはそうなのかな、と思っていたんだけどあまりの変色の広範囲にこりゃいくらなんでも目やにじゃなかろうと推測。激しく毛を舐めたりジュールジュルしてるあたりに色がついてるので、もしやよだれに色でも? もしや血がまじってるとか、歯茎から出血?とも一瞬ビビったんですが、そのわりには本人すごい元気だし。もしかしてタヌキ化しているとか、と笑ってるうちはいいんだけども、様子を見て暖かい日にお医者さんにつれてかないと。
e353e057.jpg
 茶色い腹毛

 さて、あのー最近スーパーで納豆コーナーに商品がなんにもないことが多々あるのだけれどこれはなんかのテレビの影響なのでしょうかね。毎日2パック食べてた我が家は納豆欠乏症なんですけど。ぷんぷん。

**
 バカでした。こんなこと書いている時間やら温泉なんかに行っているヒマがあったら、はやく病院に連れて行ってればよかったんだよ。そうしたらもっと早くお薬飲んで治療も始めることができたかもしれないのに。バカな自分。

タグ : ネコさん

17:45  |  ヒビつらつら
 | HOME |  NEXT