2008年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2008.04.30 (Wed)

へろん

 昨日は仕事をお願いしていた某氏の脱稿祝いがてら下北で飲み。マイフェイバリット番組「居酒屋紀行」で紹介されて以来、うちからもそんなには遠くはないし、お酒におつまみもおいしそうだったし、お店の雰囲気も落ち着いていてよさげだったからいつかぜひとも行ってみたいなーと狙っていた両花さんにでかけました。場所はじもてぃの某さんに地図みせてさくっと案内していただき、下北西口の商店街雑居ビル2階のお店へ。やー飲みました。念願の田中農場、にごり神亀をたっぷり堪能。満足。あんまりお酒がおいしくておつまみ食べるのを忘れてたぐらい。
そんなわけで今日は夕方すぎまでほよ~んとしてたのでまた残業です(またそこかい)。仕事が進まないのは半ば自業自得とはいえトホホです。

 上野のおじいちゃんパンダさんが永眠したそうですね。もうご飯もほとんど食べられなくなって動こうとしないと先のニュースで読んでてそれは……と思ったけれど。元気な頃上野に来てから3回も飛行機で海外大移動をしたなんてすごいパンダさんだったんですね。お疲れさまでした。ゆっくり休んでください。

タグ : 外呑み 下北沢

23:38  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2008.04.28 (Mon)

連休前半

…らしいんですが、うちの職場は通常運行。明日だって出勤さあ。今日の電車はいつもより空いてるのかとおもったら朝はそう劇的ではなくって、帰宅時に期待したいものだなーとボンヤリ思う残業中。なんでもいいけど職場の工事が終わらなくって細かい木くずに目はかゆいは、セキ・くしゃみはでるはまるでエンドレス花粉症状態。せっかく今年はそんなにひどくなかったのに。労災に訴えるぞ、クソー。そんなオフィスで週末からの本番に備えてぐるぐる状態というか空回り状態。楽勝と思っていた内職報告もさんざんぼやいてる通り進まずに今月中に報告できるのか疑問。早くも八方ふさがりです、げろげーろ。

関係ないけど1 a.チベットの人権も大事かもしれないが、なんにも悪いことしてない口の利けない生き物をなぶり殺しにするような輩は地獄へいっちまえ。 b.上野でパンダがみられないのは寂しいけれどおじいちゃんなんだもんゆーっくり休ませてあげてください

関係ないけど2 ZEPをきけばきくほどボンゾのドラムはすんごいなあと遅すぎにもほどがあるけど今頃しみじみしてる今日この頃。

080427 昨日突如来襲したSis.Kから押しつけもらった紫のバラ。マスミさま~(←だっけ?)。

タグ : Life よのなか

21:52  |  ヒビつらつら  |  コメント(4)

2008.04.26 (Sat)

らんでぶー

…ではなくって狂想曲とホントは書きたかっただけ。らぷそでぃ?でもなんか雰囲気違いまふよねー。昼には終了していたひじりの火のニュースをみて青い人たちの代わりに赤い帽子の人たちがぐるっと囲んでいるだけでそれだったら青い人たち呼んでるのと変りないないじゃん、と思ったり。がんばれーとお国の名前を連呼する人々も、あんたらチベットの場所って地図帳で指させるのか?って感じの反対集団も、勝手にしーっ。地元の人たちはいい迷惑だったろうなあ。こういう場合に欽ちゃんは出てきてもそのまんま東は出てこないものなのかーと思いつつ、どうせなら石原が走りゃよかったのに。開催きぼーとかいうならそれぐらいの根性あってもよさそに思いますが。

 今日は一週間前からちっとも進んでいない内職の続き。集中の希望はあっても行動に反映できず。まじでヤバいかも。困った。そういえば本職のほうもそろそろ黄色い信号がともりつつあるんだけれど…。まあそっちの問題の本人は直前でも原稿よこせば放免のつもりかもしれないが、こっちはそうはいかないし。そのまま素の上映でもいいかもしれない、たまには。
なんてことをうだくだ考えていてもしょうがないので、しぶしぶ内職と(コラー!その2)あとは夜になってたまのお食事担当に精を出す。今日のお酒は山形から出羽桜・春の淡雪。完ぺき濁りではないんですけどもそれっぽい少し濃い目のフルーティなお味。うまかったのよ。

タグ : Life

23:45  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2008.04.25 (Fri)

チープ・トリックのライブ

というわけで、チープ・トリックです。今日は長いので追記にするもの。
あのat武道館発売から今年30年!というわけでR35じゃきかない当時のリスナー層かと思いますが年齢層は広めでした。ってか、職場の隣の席の男子にこれからチープ・トリック観に行くんだーと言ったら「まだ現役だったんですか」と驚かれたところまではままあるパターンなのだけども、「30周年ライブなのー」といったらば20代のカレは完全に凍りついてました。ま、そりゃそーだろ。
 いつものドームやフォーラムでのライブよりいまやこぢんまりめに感じられる場所柄ゆえか、2世代組と思われるお客様も目に付いたような気もします。私の横のお父さんは10代ぐらいの息子さん連れ、後ろの席のお母さんのおつれさまはおそらく未就学児ちゃん。ライブの始まる前にはいくつか昔懐かしきビデオがいくつか流れたんですけども、昨日も書いたように最初にデビュー当初のプロモが映った時にはわか~いロビンの王子っぷりに(と個人的に判断)会場がどよめいていました。でもロビンがぶりぶりにカワイイのはアルバム2、3枚目だよねー。1枚目はちょっと不思議チャンっぽいもん、動いてるとかわいいんだけどさ。

 さてライブですが…

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

タグ : 観た ライヴ

22:33  |  お出かけ  |  コメント(6)

2008.04.24 (Thu)

武道館に出かけました

080420

終わってから仕事しに職場に戻ったので、ライブ話はまた明日。
とりあえず始まる前にデビュー当時のプロモライブが流れたんですけども、ロビンのアップ1発目で場内明らかにどよめいていたのがなんかおもしろかったですねー。あれはどーいうどよめきだったんでしょうー??

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

タグ : ライヴ

23:51  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2008.04.22 (Tue)

Double Fantasy / John Lennon & Yoko Ono

ダブル・ファンタジー(紙ジャケット仕様)

 ジョン・レノンの曲が普通に耳に入ってくるのはやっぱり毎年12月が圧倒的に多いけれど、なんとなく聴きたくなって借りてきました。フルで聴くのは発売当時以来かも。大人になったらすこしは免疫つくのだろうかと思っていたヨーコさんの曲はいくつになっても感想は変わらんなあ。B面じゃなくてA面からこの曲ってのがミソなんでしょうけれど。ロッドのTonight the Nightのブリット嬢のウフ~ンってのは聞いててもあら、色っぺーなあで済ませられるけれど、ヨーコさんのほぼ初っぱなからいきなりステレオサラウンド(とはいわないけど)で「ネー・ダイテヨ・ウフン」っちゅーのはいくら前衛とはいえどもいまだに…ねえ(赤面)。だけど、じゃヨーコさんの曲を削ってしまえばそれでいいのかといえばそうではなくて、ジョンの曲があってそれに呼応するヨーコの曲があってこそ(逆ともいえるでしょうけれど)このアルバムが成り立っていて、それが欠けてしまったらコンセプトがなくなってしまうのだなあというのは、大人になってタイトルと歌詞照らし合わせて聴いてわかったような気がします。自分が聴いたのは通常版だったので14曲目で終わるのですけれど、その最後の曲がHard Times Are Overというのは今さらながら皮肉ですね。その後、紙ジャケほかリマスター盤?で追加で収録されてる15~17も聴いてみたいし、「Milk&Honey」はいまだにちゃんと聴いたことがないのでこちらも聴いてみたいです。

1. (Just Like) Starting Over /John
2. Kiss Kiss Kiss /Yoko
3. Cleanup Time /John
4. Give Me Something /Yoko
5. I'm Losing You /John
6. I'm Moving On /Yoko
7. Beautiful Boy (Darling Boy) /John
8. Watching The Wheels /John
9. Yes I'm Your Angel /Yoko
10. Woman /John
11. Beautiful Boys /Yoko
12. Dear Yoko /John
13. Every Man Has A Woman Who Loves Him /Yoko
14. Hard Times Are Over /Yoko
***
15. Help Me To Help Myself /John
16. Walking On Thin Ice /Yoko
17. Central Park Stroll (Dialogue) /John & Yoko

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

タグ : 80年代 アルバム

23:10  |  music  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2008.04.20 (Sun)

ベアレンビールの会

080420


 ベアレン醸造所主催の「再開報告&感謝の会」が行われました。1月に工場内での事故があってから約2ヶ月ぶりの販売再開で自分も早速久々のビールをおいしく頂いたんではありますが、東京でこういう試飲会が行われるのは初めてとのことで銀座まで出かけてきました。クラシックにピルス、シュバルツにチョコレートスタウトと4種類のビールをたっぷり堪能。大満足でした。6月にはふんわりバナナの後味がお気に入りのヴァイツェンも復活すると工場の方にお伺いしたのでそれもまた楽しみです。

タグ : 外呑み

23:13  |  ヒビつらつら  |  コメント(6)

2008.04.19 (Sat)

うだうだ

 うちの狭い職場内に秘密の小部屋を作るという計画が進行しており、出て行っても大工事中との警告を受けてこの週末は出勤なしこ。月曜に出たらどういうことになっているやら想像するだにおそろしき。
 というわけで今日は家で内職の概要作りをしないといけないので下準備を始めるもあんましのりきれず、これも準備の一環だわーとCDやらPCの古いデータを片付けたり、サイトをいじったりと結局ウダウダ怠慢。そのおかげでここにもなつかしきイベリア半島写真がひそかに加わっているので異国情緒に浸りたいかたはどうぞ(なんのこっちゃ)
ついでに↓おまけ。全然判別不能ですが芝生の上の背広のおっさんはトラップ&手前に座り込んでる青ジャージはガットゥーゾ。判別もうすこし可能な写真はもちょっとタイミングなよくなったら蔵出し予定。
04euroita


と、どうでもよい話ですみませんけど、それが雑記帳のよいところ。

タグ : Life

23:13  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2008.04.16 (Wed)

労働中

 内職でほぼ夜通し起きていたのでまたも遅刻→残業中。とはいえサクサクとはかどったわけでもないのであんまし起きていた甲斐はなかったかもですが。またまたおいしいネタをいただいたにもかかわらず、それ故にうーんと思うところも今回はあり正直結構な時間の猶予はあってもキビシイかも…と今から自信なかったり(コラ!)。とりあえず粛々淡々と進めて秋のアリ地獄前にすっきり終わらせることを目標にがんばる所存。

 来週はbudokanでチープトリックの30周年ライブがありますが、出かけようかまだ迷っているところ。通勤の合間にガンガン聴いているとどんどん傾いてはいくんですけども。最近のスタジオ盤はほとんど聴いていないのですがセットリストは前と一緒だということで、大丈夫だろうとは思いますけどもどうしようかな。そういえばat Budokanコンプリートみたいのが出てましたねー

コンプリートat武道館(Special Japanese Edition)(DVD付)   at 武道館 クラーイン、クラーイン、クラーイン!だもん



タグ : Life 音楽わき道

22:52  |  music  |  コメント(2)

2008.04.15 (Tue)

朝から胃が

 何日かぶりに朝っぱらからお天気よい本日ですが胃腸の調子がよろしくなし。思えば昨日の夜に『クローバーフィールド』観たときからプチムカ来ていたんですけども、以来持続してるのか? そもそもなんで出かけたかといえばおとといの晩に劇場上のフロアで『フィクサー』を観たんですけど、みょーに観てる最中にゴゴゴーと揺れが来てたんですよ。一瞬地震かと思うくらい。んでーもしかして下でやってるこれの振動なのかなあと確認のため(?)出かけたわけですが、ホントに揺れてました。もしかしてカメラよりもそっちでゲロ~っときたのかもしれません。車酔いやら船酔いも振動に弱い自分なので(自業自得か?)。映画自体はんー。可もなく…不可も……パニック映画でした。予告で観た自由の女神の頭が飛んでくるのはインパクトあったけれど、ねぇ。最近よくみてる映画○×情報PodcastにRolling Stoneのピーター・トラヴァースさんの映画評があるんですけど、映像はそれなりに見所あるけど観るものがなかったらまあ、程度でその通りかと。ちなみにカレ曰く10000BCは相当カスなのだそうです。
しかし911以降もニューヨーク舞台にしたパニック映画って何本かあったと思いますが、ああいうのって向こうの人たちみるほうも作るほうも何の抵抗も全く感じないものなんですかねー。リアルに感じるどころじゃなくないのかなあ、と思うほうがナイーブすぎなんでしょうか。あとは異星人ものは先日真夜中にCSでやっててみちゃった『エイリアン』は何度観てもおもしろいーって一緒にしちゃだめっすよね。

 今週はもう1回ぐらい同じ劇場に通う予定があるのでまた観てしまうんですけれど『隠し砦』の予告見るたびにけっ…と思うのはわたしの心が狭すぎるのでしょうか。そんなこといったら『椿』からはては缶コーヒーのCMだってそうかもですが、投売りに見えるんですけど。だってさーあんまり思い出したくないけどかつて某上映でトラブったときにこれが親父の映画に対する某社の仕打ちかー(怒怒怒)みたいなこといって息子氏は相当鼻息荒かったけどこの状況ってば……。あれからずいぶん時間も経ったし、お父様のリメイクはテレビ番組含めてみてない自分なので相当よろしい出来なのかもしれませんし、それはそれこれはこれかもしれませんけども、こう頻発されるのとあのときの剣幕を思い出すとなんかやっぱし胃がむかむかするんですけど。

Cloverfield (Headless Stature of Liberty) Movie Poster Print - 24  隠し砦の三悪人<普及版>

タグ : 映画

09:23  |  flicks  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT