2009年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.10.30 (Fri)

古本まつり

091030
 ここ最近の神保町界隈は神田古本まつりでにぎわっています。出版業界の不況は続いているけれど集まるところにはちゃんとお客はやってくるんですね。大きめの紙袋を抱えながらいろいろ物色する若いお客さんもたくさんいました。

タグ : トウキョウ

14:57  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2009.10.27 (Tue)

撮影

 先週ぐらいからなのか、うちの前のお好み焼き屋さんで定休日の月曜になるとなんかの撮影をしてる。昼前ぐらいからわさわさ出入りして、この時間になってもまだやってる。というかスタッフみたいな人の数増えてるし。よーい、スタートとかやってるし。まあ、そんなに派手な音出してるわけでないとはいえ、一応住宅地ですからねぇ。どうなのよ、と。

タグ : Life

00:47  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2009.10.25 (Sun)

肌寒い日

 昨日の夜からの雨に続いてどんより曇り空の一日。一気に秋が深まった感じ。今日あたり衣替えできたらよかったんだろうけれど、曇りで気乗りしなかったのと仕事のやり残しで出かけたためパス。今週どこかでお休みとって免許の更新やら出かけるつもりなので、そのときにいっしょにすることにしようっと。夕飯は向かいの公園でこの週末開かれてた三茶de大道芸イベントの屋台から買ってきた焼きそばとなぜかそこに参加してた千厩町の地ビール。

 スポーツの話題2つ。
 ハナトー菊池くんが日本の球団入り希望の記者会見。岩手日報は号外が出たらしいけど全国ネットのニュースってのもすごいっすね。個人的にはどこに行こうがそんなに興味はないけれどがんばっておくれというところでしょうか。
 スケートの真央ちゃんはそんなに最初っから飛ばすタイプじゃないと思うけども、パリとモスクワなんでわざわざ早々の連続する大会に出したんでしょう? 後半はオリンピックの調整に当てさせるとかそういう目論見だったんですかねえ、ブッキングした協会は。それにしたってちょっとどころでなくまずいんでないのか。

 ●本木の某イベントがよーーやく終了し、家を空けてた同居人も帰宅
0910251
こんばんは。PCを病院送りにした張本人Pっちです。

0910252
あ、とーちゃん帰ってきた手書き風シリーズきらきら

平和な日々が戻るでしょうか・・

タグ : Life スポーツそのた ネコさん

23:45  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2009.10.24 (Sat)

いやがらせ

20091024162516
到着した巨大おとうさんに、めっちゃ迷惑そうなPっちさん。

タグ : ネコさん

16:25  |  モバイルつぶやき  |  コメント(0)

2009.10.24 (Sat)

………(お食事中はよまないほうがよろし)

 ここ数日蜜月、いや蜜日の続いていたPっち-mako関係ですが、そうはうまく問屋さんが卸してくれないのです。
 ごはんごはんーとおねだりするPっち氏にはいはいと応えるmako氏であったが、同じモンプチしか出てこないのでPっち氏は不満。しょうがなく食べるもやがてふてね。ああー静かになったとmako氏しばらくしてから台所で洗い物をはじめるもふと寝入っていたはずのPっち氏が移動していることに気づく。あら、またおねだりかしらーと部屋をのぞくと…
 Pっち氏の寝ていたソファーに大量の●ロ。しかもその中心には立ち上がってひらきっぱのままのノートPC第1号キーボードが。絶句。
 無言のままソファーとPCの片づけを始めたmako氏3歩半後方で丸くなりながら、様子ををじーっと見つめ続けるPっち氏。おもむろにPっち氏を抱っこし「怒ってないよー、大丈夫だからねー」といいつつ、半泣きしてるmako氏の鼻先をぺろん、と舐めるPっち氏。
ぺちこーーーーーっ!!!

…生き物とともに暮らすということは忍耐の要ることである。
Pっち氏はゲ●止めの飲み薬をスポイトでぴゅっと飲まされ休養中。
わたしのvaio1号はいまだ画面が立ち上がりません。(滝涙)

タグ : ネコさん

01:34  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2009.10.23 (Fri)

渋谷の街で

 久しぶりに渋谷の本店通りもとい文化村通りを歩いていたらふと気がついた。そういえば今年から映画祭は会場を完全に六本木へ移したので、通りにはバナーもフラッグも飾られていないのだ。この時期にフラッグの揺れていない渋谷の街は、おそらく映画祭が始まった20年以上前以来なんだろうと思うけど、個人的にはなんだか寂しいというよりも、奇妙な感じがした。
あれは、もう、わたしたちの知っている、映画祭では、ないのだな。
そんなふうに改めて実感した次第。

タグ : 映画わき道

01:46  |  flicks  |  コメント(0)

2009.10.22 (Thu)

こんなビールを飲んだ:川越の地ビール



 地ビールというとモリオカには大好きベアレンがありますが、近所の酒屋さんで川越の地ビールというのを見つけたので買ってみました。その名も「KOEDO(小江戸)」。川越ってなんかちょっと歴史があっておもしろそうだし、気軽に行けそうな場所だし行ってみようっかなーと思っていたんですが、そんなときに国営放送の連ドラがあったので流行ものに巻かれるようでなんか二の足を踏んでいた場所でした。ドラマも終わったことだしこんなおいしいビールがあるのならそろそろ出かけてみようかな。この日飲んだのは青いラベルの「COEDO 瑠璃-ruri-」でしたがスッキリした飲み口とほのかなハーブがおいしゅうごさいました。サイトもありました
ちなみにビアグラスはベアレンのおまけ^^

19:54  |  こまごまおいしかったり  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.22 (Thu)

三茶ごはん その4

 午前中にのろのろ身支度している最中に腰の真ん中あたりがさりげなくピキ。うわ、こりゃきたかも。とまるでジノス@SOUL KITCHENのようにおずおず動いてみる。重症ではなさそうなので前にお医者からもらった薬を飲んでしばらく大人しくしてたけど、なんだか腰回りがサワサワするので今日は欠勤決定。根性なしといわれようがなにしようがいいーんです。だって休むの1ヵ月半ぶりだもん。土日だって連休だってなかったんだからーーっ!!

 と、こんなところで主張してもしょうがないんですけども、じゃおいしいものでも食べて精つけなくっちゃルン♪とばかりに三茶の誇る沖縄料理屋さん、古都首里さんへのそのそとGO。夜は何度か来たことがあっておいしいのは分かってたけど、ランチは初めて。
 昼のメニューも単品沖縄そばや定食まで種類は豊富だし、お値段も定食は800円ぐらいで200円プラスでミニそばつけられるということでお得な三茶値段という感じでしょうか。今日は定番でゴーヤーチャンプル定食にミニそばつけてもらいました。ケータイ忘れたのを後悔しましたが、お味はもちろんウマ~。しゃきしゃきほろ苦にあじがよく乗ったゴーヤーの口当たりとスパムに炒めても柔らかく仕上がってるお豆腐がおいしい~。プラスおかわり自由の炊き込みごはんとサラダと香の物、サータアンダギーがついて800円はうれしいです。+したおそばはホントにミニですが量は定食と相まってスープ代わりと思えば十分。沖縄料理のお気に入り店といえば渋谷の「沖縄」さんが行きつけですけども、甲乙つけがたいいい勝負。満足!
 夜の部もメニューが増えてるようなので、久しぶりに来てみたいわー。

**

091022.jpg

 かあちゃんの恒例激務時期を乗り越えたPっちんは元気です。やっぱりちょっと甘えん坊になったかな。帰ると玄関先で待ってて人の足元をくるくる回りながら離れない。寂しかったんだろうな、ゴメンね。
 夜はさすがに涼しくなったのでフトンに入ってくるようになりました。でもその前には新しい猫じゃらしおもちゃ、ネズミさんとぽわぽわの毛がついてる2種類を駆使して大運動会してます。ここ10日間ぐらいは水ゲロッピーもしてません。よかった。食欲旺盛&元気いっぱいで寂しかった分の埋め合わせもしてあげましょう。

**
f0205550_1612870.jpg

 地ビールというとモリオカには大好きベアレンがありますが、近所の酒屋さんで川越の地ビールというのを見つけたので買ってみました。その名も「KOEDO(小江戸)」。川越ってなんかちょっと歴史があっておもしろそうだし、気軽に行けそうな場所だし行ってみようっかなーと思っていたんですが、そんなときに国営放送の連ドラがあったので流行ものに巻かれるようでなんか二の足を踏んでいた場所でした。ドラマも終わったことだしこんなおいしいビールがあるのならそろそろ出かけてみようかな。この日飲んだのは青いラベルの「COEDO 瑠璃-ruri-」でしたがスッキリした飲み口とほのかなハーブがおいしゅうごさいました。サイトもありました
ちなみにビアグラスはベアレンのおまけ^^

テーマ : 今日のランチ! - ジャンル : グルメ

タグ : 三茶 ランチ

14:52  |  食べあるき  |  コメント(0)

2009.10.21 (Wed)

文化ねぇ

 馬刺しは「かわいそうーTT」と食べられないけど、焼肉はもりもり食べる自分なのでまったくどうでもいい駄文です。
 映画祭で上映されたという某ドキュメンタリーは、おとといようやくみたRS誌のピーター・トラバースさんのPodcastでも8月1週目ぐらいに紹介されてたのでふーんと思ってたところに、今朝の新聞にも記事が載っていたので興味深く読んだ。映画はみてないのでなんとも言えないけれど、新聞に載ってたお互いの言い分はどうなんすかね。

「かわいい動物を殺すのはかわいそうだといわれても…」
かわいい動物を殺すのはかわいそう以外のなにものでもないでしょう。例えばアラスカのアザラシの赤ちゃん猟とかは映像なんか見たくないほどかわいそう。でもそれで生活かかってる人にすれば、感情論に過ぎないのかもしれないし。

「水銀が含有されているイルカ肉を食用にするのは危険」それはそのとおり。

…ここまではわかるけど

「知的な動物を残酷な方法で殺すなんて」
南イタリアで網やら船やらで入り江に追い込まれて、やっぱり棍棒で殴り殺されておいしいおいしいと食べられるマグロはかわいそうじゃないんでしょうか。マグロだって海中にマイク仕掛けたら泣き声聞こえるかもしれないじゃん。

「大半の日本人が行われてることすら知らないイルカ漁は“文化”とは呼べない」
それはまったく余計なお世話。んじゃあんたは自分の国のいち地方、独自の文化っていうか生活習慣を自分が知らないだけで否定できるのか。理解できないものは文化じゃないと断言できるのか。それこそ傲慢ではないのかい。そこの土地では海の恵みとしてイルカを扱ってきたわけで、キツネ狩りみたいに余興で漁してたわけじゃないんだから。

 こういう話題でキャンキャン言ってくる方が胡散臭くみえるのは、自分のものの尺度が絶対で、正義振りかざして他人に押しつけてるような、独りよがりな感情論が先に立ってるようにみえるからだと思う。
 新聞記事の最後のほうで、漁よりも他の手立てで経済を支える方法はあるはず、と地元の人が言ってたけど、食糧事情も地球環境事情も昔と変わってきた今の世の中で、いつの日か自然と漁が姿を消すことだってありえるんじゃないのかな。
 イルカもアザラシもかわいそうだけど、人の勝手で飼われて面倒見切れなくなったから保健所に入れられる犬猫だってもっとかわいそうだと思うぞ、これこそ文化じゃないけども。取材しなさい。

(追記)…なんてことを書いたあと同テーマを扱ったドキュメンタリーが
      現在上映されていることを知りました

『犬と猫と人間と』
みてみたいです

タグ : よのなか

23:35  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2009.10.21 (Wed)

麺者服部



神保町のラーメン屋さん。ハットリといえば忍者ハットリくんだから「麺者」なんでしょうかね。
具がたくさん載ってておいしそうなお品(メニュー失念)をオーダーしたら、運ばれてきたときにはふんわりと鰹ダシのよい香り。スープをすすってみると濃厚なとんこつ風で食べ進めてるとだんだんすっきりしてくるような感じ。中身のとろんとした味付け玉子は柚子胡椒の香りがしたような? 一粒で二度三度お味を楽しめます。


13:18  |  食べあるき  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT