2011年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.08.28 (Sun)

今週のつぶやき34

 秋の佳境には早いというのにここ丸2ヶ月の間にやらなくちゃいけないことがみちみちに詰まってきている。…まあ早いといったってもう今週は9月だし。
 仕事はないよりあるに越したことはないのだけれど、ある程度押さえていかないと以前に比べて効率低下が著しいのをひしひし感じるので、考えんといけない。ちょっと前ならお盆明けから秋が終わるまでぶっ続けとか、1,2回の休みとかでも文句言いながらもなんとか越えられたけど、最近はもともとぎりぎりまで追い込まれないとやらないタチに加えてただでさえ散漫な集中力が以前にも増して持続しないので、毎日毎日追い込みが続くと消耗を実感するのよね。困ったことに。
 というわけで、今週末も出勤しようかと思っていたけれど、お天気もよろしくさわやかな朝だったので仕事はやめ。ぶっ続け出勤しないで、しっかり休むのを今年の目標にしようー。

タグ : Life

17:18  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2011.08.21 (Sun)

お盆といえば



いまごろお盆なんて遅すぎですけども
イラストなんかでよくみかける↑のナスをみる度に
そのぽってりしたお腹と細い手足が
誰かさんを彷彿させてたまりません。

というわけで夢の共演?!



同じ格好しなきゃダメじゃん

20:20  |  コボレタ話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.08.20 (Sat)

今週のつぶやき33

 猛暑も昨日の雨でひと段落し、曇り空でも過ごしやすいわあとどこかホッとしたりしてる本日。
 これでうちでぼんやりできたならいうことなしだけど、本日も仕事中。夏休みも過ぎ、空気のまったりしたお盆も過ぎてしまったら、後のこの先もう仕事しか残ってないといういつものパターンにすでにどっぷり浸ってたりする。
 今日明日は旧宅方面で夏祭りをやっているはずなので、去年までだったらステージの騒音を避けて喜んで職場に逃避してくるところだったけれど、今年はその「騒音」もちょっと懐かしく、お好み焼きやらつまみながらお祭りのぞきに行きたいなあなんて思ってたんだけれどもね。向こうも近年は終わる時間が早めなのでちょっと難しいかしらん。これまでだってあんまりゆっくりしたりはしてなかったけれど、もうちょっと夏らしくだらだら浮かれた気分に浸りたかったよ。

 夏らしくだらだら、といえばジャック・ロジェの映画はそんな雰囲気にぴったりだろうね。大きな事件が起こるでもなく登場人物がわらわら現れてなんてことのない小さなお話をつないでいく、後から思えば結局なんだったのさって気がしないでもないけれど、そんなだらだらした物語が夏休みのまさにヴァカンスって感じにぴったりはまって、妙に心地よかったりする。去年観た『オルエットのほうへ』とか小粋なヴェスパあんちゃん2人組の『ブルー・ジーンズ』とかはまさに夏のお話でもあるけどこないだ観た『メーヌ・オセアン』も季節は夏じゃないけどやっぱりヴァカンス雰囲気でどこかぶらぶら出かけたくなったもんな-。ああ早く休みにならないかなあ、
なんて完ぺき逃避に走ってるよー、自分。

ジャック・ロジエ DVD-BOX
ジャック・ロジエ DVD-BOX

タグ : 映画 Life

17:30  |  flicks  |  コメント(0)

2011.08.16 (Tue)

つれづれ

 自分の生活の中ではそのまんま起伏もなく同じようなことを続けてきたように見えるけれど(というか事実やっていることは変わらないんだけど)、この期間の世の中ってあえて書くまでもなくいろいろなことがありすぎた。変わらない生活の中にもどこかで大きな線引きというか、がこっと陥没したギャップというか、うまく言えないしもしかして表立って気づいていないにしても、確実に違うものはあったりする。
そんなことがこの先どんな形で影響が出るのかでないのかは分からないけれど、とりあえず、自分にできることをして暮らしていくしかないのだけれどもね。

 1週間の夏休みでのんびりしていたら、なにげにいろんなスケジュールがきつくなってきた。月末納品の間に完パケブツが追加になったり、9月末と思い込んでたものの締切が実は半ばだったり、発注断られたり。それに関しては正直予想外のことだったので、いまだにちょっと腑に落ちてなかったりするんだけれど、書くことで「不」の気持ちが固まっちゃいけないよななんて思いつつも、やっぱりこうして書いてるってことはしこりになってるんだろう。
 正直なところ友情の危機、だよなやっぱり。「友だち」と「お友だち」って自分の中では使い分けて使っているけれど、「お友だち」と仕事する方が遥かにやりやすい。仕事で親しくしているうちにお友だちの関係築けていくほうがそれとなくお互いのメリハリというか節度を思ってつきあえると思うのだけれど、「友だち」との仕事って何気ない言動が友だち故の甘えに見えてしまう。それって自分がきついのだろうか?友だち故にきびしく見ちゃってるのかな。電話のかけ方から突発的なトラブル時の対処やら、一端引き受けた仕事のふたを開けた後のことやら…って、どんどん否定的な方に走っているじゃないか自分。でもごめん。やっぱり納得できないんだよ、今回のこと。と、うじうじ悩んでいても時間が流れていくだけだからこっちもやれることからこなしていくしかないのだけれど。

 今年は全然、勉強してないな。そのせいでさっそくキリルもハングルも忘れてるし。もうちょっとうまい時間の使い方してプラスになることできるようにしなくては。

タグ : Life ちくちく

23:42  |  ヒビつらつら

2011.08.15 (Mon)

お盆

DSC_0079.jpg

帰省したときにお墓参りにいったら、
おばあちゃんのところも石が動いてた。
直してくれたかしら


昨日挫折した本w
武蔵野。最初のいっぺんはともかくなかなか進まず一端断念することに
文体はきれいなんだけど、小さい文字読んでるうちに眠気が…

昨日一昨日のごはん
昨日 ;ラムチョップ
一昨日;冬瓜の冷やした煮物

タグ : モリオカ

00:30  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2011.08.14 (Sun)

ベランダふらわー

 思い出すころ、あれは6月?5月の終わり?プランターに種蒔いてどんどこ芽が出てきたときには嬉々としたものだったのに、まずヒマワリが全滅し、アサガオは無事育っているとはいえ未だ花もつかずに延々と蔓が伸び放題の葉っぱだけという、不毛というか悲惨すぎる我がベランダプチガーデン。やっぱ鉢に対して種蒔きすぎたのか、水やり過ぎたのか原因はよくわかんないないけども、このまんま寂しく不毛の夏を過ごすのかと思っていたら…
花が咲いたでよ!!

08-10-11_0902.jpg オクラ

08-10-11_0905.jpg ミント

 オクラの花は半日も経たないうちに花がしぼんだかと思ったらぽろんともげて、どういうこっちゃとあたふたしていたら、今はちっさなオクラの実ができています。絶対数がないんで大量収穫はありえないけど(だって、種4つぶしか蒔いてないし)ちゃんと育ったらそうめんの薬味にしてようっと。ミントとバジルは花咲かせて種取りたいんだけれど、ミントはともかくバジルがどうなることか。それよりアサガオの花がホントに咲くかどうか…まあ、今のままでも(えせ)グリーンカーテンではありますが、このまま立ち枯れたらカナしいなあ

タグ : プチ園芸・花

00:10  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2011.08.13 (Sat)

帰省

 というわけで、夏休みの1週間はかえった翌日、去年出かけた十和田湖があまりにも気持ちよかったので、今年は雫石経由で田沢湖に出かけました。途中、玄武洞の前で食べたおそばがめちゃおいしかったです。田沢湖といえば日本一深い湖であるよりも、ちょっと前なら局地的に?一世を風靡したらしい某韓流アクションドラマのロケ地であったことが有名だったらしい…と現地についてホテルのロビーやらに関連雑誌が未だ置いてあるのをみて、ああそういやそんなこともあったかねーと思い出したぐらい。別に彼が泊まったホテルとかそういう宿に止まったわけではないんですけども、歩いて行ける姉妹ロッジの名前はしっかり「ア●リス」とかついていてしっかり便乗のにほいを感じたり。ロッジのほうが先だったらすんませんけども。
 泊まったのはここです。湖からは大分離れた温泉郷にありますが、本当に眺めはきれい。

DSC_0025.jpg 雲が浮いてますね

 改装オープンしてからあまり日が経ってないようですけれど、施設はきれいだし、ごはん/お料理はおいしいし、硫黄かほるにごったお湯と、なにより部屋からも露天風呂からも田沢湖が臨めるというすんばらしいロケーション。露天は時折巨大なアブというかウマサシがブブブとやってくるのはまあしょうがないとして、夜にはたぶんホタルもみえるんじゃないかな。とってもよいお宿でした。また、翌朝ブナ林や近辺の散歩に出たらフレンドリーなネコさんがぞろぞろ登場したのも非常にポイントが高いです。秋にきたら紅葉もきれいだろうなーまた来たいなーと思った満足のお宿でした。

 翌日にはお天気もばっちり晴れ上がり、絶好のドライブ日よりでした(運転するのは妹だけだけど)。

DSC_0044.jpg 宿の近所から田沢湖。青い。

DSC_0046.jpg 湖周りの緑をどうぞ。

tazawako2.jpg いやー青すぎです。きれいすぎる、ホントに

tatsuko.jpg
 いやー光りすぎです、タツコ像。ちなみに三茶旧宅近くにあったのはテルコ像って一緒にすなー!

というわけで、堪能堪能の田沢湖でした。大満足

 この日の夜より連日連夜、月曜から始まったさんさ踊りを口実に妹やら久しく会っていなかった友人、ブログともツイとものみなさまがたとお会いして楽しいお話をしていただいたりおいしいお店に出かけたりと連日満腹でした。でかけたお店はウサギボタニカさんとか、菜苑さんとかムラマツリさんとかカフェノートさんとか元ダイエーのところにできてたさんさ屋台とか、あと桜山前の元お餅やさんのところの居酒屋さんとか、あとーあそこはクッチーナさんですか?とにかくよろしきお店ばかり。唯一の心残りは去年一昨年と通ったイル・コンプレアンノさんに行けなかったことだけど、次回帰ったときには必ずや!

DSC_0070.jpg 去年に続いて今年もいっぱい咲いてたバイパス脇のハス畑

DSC_0075.jpg 天神様の撫で牛。牛つながりで牛のお祈り

pinko.jpg 八幡様でしっぽピンのまんま突撃してきたネコさん


タグ : 遠出 温泉

21:29  |  morioka  |  コメント(0)

2011.08.13 (Sat)

今週のつぶやき32

 ホリデーっぷりの報告を~なんて終わってみたものの、職場に復帰してみたらやること山積みだったり、すてきな思い出をもぐもぐ反芻するほどの余裕もないばたばたやらドッカーンなことが続き今日に至ってしまいました。
 毒はきたいこと、すごくたくさんあります。ごめん。
…とよりあつめてはき出そうかと思ったけど、やめた。人が信じられなくなることは多々あるけれど、そんな奴らがいる反面で自分なんかよりも本当に辛い思いしてるのに一生懸命がんばってる人たちが大勢いるはずで、万が一にもそんな人たちがこんなところにさまよい混んだときにいやな思いはさせたくないからね。別に大きなことはしてあげられなくて、自分にできることといったらそんなちっさな気遣いぐらいだから。
 だけど、ひとつだけ。
 前の記事で名指しした局のホストアドレスで、その後の動向を探っているのかなんだかしらないが検索の足跡がアクセス記録に残ってた。仮に、本当に、そういうことをしているのなら、書いておく。
 外注の業者に責任押しつけて、自分らの意識が甘かったとか言い訳番組なんぞ垂れ流さないで、稲が育ってお米になってあんたらの口に入るまでの真摯なドキュメンタリーでも撮って、お米の生産者の姿をきちんと視聴者に伝えなさい。信用を失ったから反省しますいうだけなら口先だけで誰でもできる。でも、あんたらにしかできない落とし前の付け方があるはずなんだから。ホントは燃やしてあげたかったんよ、うちらはなあ。だけど、やっぱりこうしてでたもんはでたんやからしょうがないわなあ、おしまい。みたいなどっかのミヤコみたいに片付けるのではなく、もし出たら出たで、出なくなるまで無期限で局の予算とり続けて取材と放送を続けなさい。それぐらい、いやそれ以上の誠意なり本気を見せてもらわない限り、許さない。

というわけで、グチおしまい。
今日は時間あるから今度こそホリデー報告。

タグ : Life よのなか

20:30  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2011.08.08 (Mon)

今週のつぶやき31

 というわけで、夏休みも終了してしまいました。まる一週間の帰省の間、ほとんど毎日出歩いて飲み食いしていたので骨休めになったかどうかはわかりませんが、今まで実際にはお会いしたことのなかった方々にお会いできて、楽しいおしゃべりができたり盛り上がったりと非常に充実した休日でした。
お世話になった方々、改めて本当にありがとうございました。

 本当は戻っているうちに沿岸の方へも足を運ぶつもりで、東京にいるとき少し計画を立てていました。物見遊山気分で出かけてはいけないと肝に銘じていたけれど、それでも一部復興の足がかりとして実際に再び観光客を受け入れることを始めた地域もあることだし、そういう場所ならばおそらく現地も自分にしても、そんなに気まずい思いを抱くことは少ないのかなと。
 でも、戻ってからいろいろ調べてみると交通機関が復旧していない箇所はまだまだあることも大きかったし、なにより…うちの親族で沿岸部の方に住んでいたり今回の震災で被害を被った者は幸いなかったのだけれど、実家に帰って親にかかってくる電話で、ごく当たり前のように彼らと親交のある方のその後の生活やら未だに安否の確認やらの話が交わされている様子や、今回お会いできた方々のなかにもご本人でなくともご親戚や近しいところで辛い体験をされたり、ボランティアで出かけた先での話を聞いたりしているうちに、見なければ分からないこと、感じられないことはたくさんあるだろうけれど、やっぱり生半可な気持ちで出かけるべきじゃないと思いました。
 もしかしたら、その判断もまた一種の「逃げ」かもしれないし、今でも迷っているところはある。でも、もしできることなら次に帰省するときには、本当に自分にもできる何かを見つけて、きちんと整えて戻りたい。今はそんな気持ちの方が若干強いです。

 帰っている間にも世の中ではいろんなことが起きて、大雨が降ったり、大きな余震が何度かあったり、岩手でも肉牛の出荷が停止されたり、米の調査にまつわる報道が連日繰り返し行われたり、松田が突然亡くなってしまったり…。自分の周囲では普通に当たり前の日常があってフツーに楽しく毎日過ごしていたけれど、ふと見渡すとあいかわらず気分が晴れないことばかりなのに気づいたりする。
 ちょうど東京に戻る前に知った、東海テレビのアホ報道、大文字焼きの薪拒否、はてはあまりにも馬鹿すぎて相手にしなきゃいいのに憤慨したまんま回されてきた松田の死すらセシウムに結びつけてるらしいツイートやら、世の中の表や裏に溢れてる悪意を改めて見せつけられたり。今までだったら裏側の某所で「藁われてた」ものが、正論ぶったり、てきとーなまんまだったり、開き直ったり、いろんな風に形を変えて表に出てきて人を翻弄してる。それも裏のメンツでなく表のその辺歩いてる人の間で交わされてるのが、怖ろしいし末期的だと思う。

…夏休みでリフレッシュしたはずなのに、あいかわらずネクラですみません。
あとで、この夏のホリデーっぷり報告をします。

タグ : Life よのなか 震災

09:14  |  ヒビつらつら  |  コメント(2)

2011.08.04 (Thu)

水分へ

 夏休みも終盤、水分へお墓参りにでかけました。



 敷地内では未だに墓石がずれたり崩れたり地震後の状態のままのところがいくつもありました、うちも少しずれていたので直そうと押したり引いたりしてみたけれど、重すぎてちゃんと動かせませんでした。今さらながらやっぱり内陸でも相当激しい揺れだったんですね。
 墓周りをきれいにしておばあちゃんに挨拶。この先も私たちを見守っていてね。



 お寺さんの周りの田んぼ。ぜんぶがおいしいお米になりますように。

***

 帰り道は芽吹き屋志和店でランチ


稗?だったかなのキノコそば


カボチャのアイスぜんざい
16:28  |  morioka  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT