2012年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2012.03.31 (Sat)

今週のつぶやき56

 3月も今日で終わり。Pちこちゃんと留守番三昧の日々も今夜が最後なのである。
 昨日今日は部屋にこもって読まずに溜め込んでいたこのひと月ぶんの新聞をひたすら読み続けていて、ようやく26日の分までたどり着いたところで頭が飽和状態に。今月はさすがに鎮魂の記事が多いのだけれど、12日の夕刊以降なんとなくトーンが変わるような感じをうけるのはしょうがないんでしょうね。
 週明けにはお天気もよくなるらしいしちょっとは暖かくなって、新しい年度で気分的にもすっきりリフレッシュできるといいんだけど。花粉との戦いは続くとはいえ、、、

 そんなわけで毎日Pちのお守りばかりしていたため今月は大して映画も観てないので、来週以降お花見をまじえつつも巻き返しを図りたいものである。
 関係ないけど花見の季節になるとなぜか無性にKISSが聴きたくなるのはやっぱ初来日のイメージの刷り込みなのかしらん。

タグ : Life

23:55  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2012.03.29 (Thu)

拙訳

April Come She Will

4月 彼女はやってくる
雪解け水で豊かになった小川の流れが
温かい雨で水かさを増す頃に
5月 彼女はここにとどまっている
再び僕の腕の中で眠るだろう

6月 彼女の様子は変わってくる
気せわしく歩き回っては
夜になるとどこかをさまよう
7月 彼女は飛んでいってしまう
去ってしまうことなど一言も告げずに

8月になる頃 彼女の名残はもう失せていく
秋の風は肌寒く冷たい
9月になる頃 僕は思い出す
確かに手元に感じていたはずの愛を

訳 by mako. Copyright reserved.

「四月になれば彼女は」はサイモン&ガーファンクルのアルバム「サウンド・オブ・サイレンス」に収録されていて、映画「卒業」にも使われたささやかなアコースティックナンバー。この曲を聴くとキャサリン・ロスのコケティッシュな瞳を思い出しますが、映画の中でそんなに効果的に使われていた記憶がない(笑)。
「彼女」というのが思いを寄せる人であったりとか春の温かさ/喜びであったりとか聴くときの気分で、いろいろ解釈できる曲なのかなとも思いますね。半年経ったらまた違った訳ができそう。

13:30  |  語学やことばのこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.28 (Wed)

まだまだ




今日の日中の千鳥ヶ淵。週末から恒例のさくら祭りライトアップが始まるとのことだったけれど、靖国神社のあたりも桜はまだまだ。明日はずいぶん暖かいみたいだけど本格的に咲き出すのは来週入ってからじゃないかな。靖国神社の参道の両側にはいろんな屋台の準備が進んでいたけれど、客足はどうなんだろうというところ。去年は震災後の自粛で屋台が出なかった参道両脇はも広々していて、隅々の桜の木が見渡せてなかなかいいなあと思ったんだけど、あれもまた貴重な風景だったんだな。

 東電の原発が全部停止されて今年も節電の話が出てるけれど、生産関係の工場は大変かもしれないけれど商店街や街頭ビジョンはもっと節電していいし、できると思う。
 しかし、電気料金値上げの要求呑めなかったら多少の猶予期間はあっても電気止めるぞ、オラって、ほとんど恫喝だよねえ。火力水力発電で燃料費がかさむのはおそらく当然のことだろうしなにも分からなん訳じゃない。それで安全な電気が供給されて、なによりあの壊れた施設をなんとかしてこれ以上何も出さないようにするなり出されたものの除去の方法を講じて周りをなんとかするためにその金使ってくれるなら、少々電気料が高くなったって自分は構わない。
 だけど、その原因作った自分とこの毎日放言囲み会見やってるらしいジジイ役員筆頭に財産なりの処分もせずに、実際他に選択肢はないから使わざるを得ないのを逆手にとって「なんだかんだいったってアンタ電気がなくなったら困るでしょ、しかたないんだからいつまでもごねてんじゃねえよ」みたいなスタンスだから、おまえら何様のつもりだよって思うわけですよ。
 それに震災以来これだけ大小余震があるのに、ほとんどぶっ壊れてガラクタ同然のあの施設が何の影響も被ってないなんてことはあるわけないと思うんだけど。そうでなかったら毎日何万トンもの水を注入してるのに、たった数十センチしか中身がたまってないなんてことはありえないでしょ。で、その注入してる何万トンもの水は一体どこに行ってるわけ?
 設置してある温度計の値が何個も反応しなくても「あんな数値は出るわけないし、あれは壊れてるに違いないです、以上」「冷温停止状態です、以上」、溜まってるはずの水が数十センチしかないことがわかっても「判明しました、以上」ってこの期に及んでもとことん他人事のような言葉しか言わない会見はいつまでたっても素人くさくて信用できないし、自覚無しの上層部はやっぱり世界最凶だと思うんだけど。ってか、その辺をなんでマスコミは追求しないわけ?
 だけど去年の年末の世界のメディアが選ぶ最悪企業って一等賞はどこかよその国の企業が獲ったんだよね。それもまたどこまでひどすぎなのか見当つかん、というか想像もしたくないけどさ。

タグ : お花見 よのなか

23:30  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2012.03.28 (Wed)

今年のサクラ

2年ぶりにさくら祭の準備が進む靖国神社


去年の屋台がでていなかった様子ってある意味貴重だったのかもしれないね


日当たりのよいインド大使館前の桜などちらほら満開に近い木もあったけど
(種類にもよるのかしらん)


千鳥ヶ淵沿いのサクラはまだまだつぼみでした。

17:42  |  お散歩  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.27 (Tue)

韓国語

激音/濃音の聞き取り区別つかず。
一音ずつ仕組みをテキストで見るぶんには
納得してるつもりだけど混ざってると? 
音の勢いで区別?
単音で使うことはないだろうし
単語で覚えるのがいいかもしれないけれど
聴いてなれるしかないですなあ。

22:26  |  語学やことばのこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.26 (Mon)

今週のつぶやき55

 この週末は妹が泊まりに来ていた。もっと暖かくて桜とか咲いてるのを期待していたらしいけれど、このとおりの寒さだし。もっともモリオカのほうじゃまだ大雪降ってるらしく、日曜久しぶりに晴れただけでもマシだったのかもしれないけれど。
 そんなわけで2週続けてやってきたお客にPちこちゃんの反応はというと……
なんと、フレンドリー。すかさずすりよってゴハンをねだるは、おまけに朝は一緒に寝てるはどうしちゃったのってくらいの大サービス。
 ちなみにPちが妹と顔あわせるのは3回目。やっぱり覚えててくれたのねえ~と妹はひたすら喜んでたけども、だいたいうちにお客人がやってくるのは、大概ヤツが普段爆睡してる時間帯なのでそのへんの違いは大きいと思うのよね。なので、Pちと遊びたい方々はうちにキャンプ張るのがよいかもしれません(?!)。

DSC_0391.jpg アイスを狙うPちこ。

 日曜に妹が帰ってから246反対側の旧宅方面へ。以前住んでいたすぐ傍にあった公園、夏になるとよしこちゃんのステージが行われていた公園は、その敷地を使って区がなにやら建物を建てるとかで大きなフェンスに覆われてた。あんなにきれいに咲いていた公園の中の大きな桜の木も伐採されてしまったようだった。ひどすぎる。公園のすぐ横にあった感じのよい花屋さんも閉店してしまって、たった1年の間に荒んだとまではいわないけれど、ずいぶんのどかな雰囲気がなくなってしまった感じ。寂しい。やっぱり去年越したのが潮時だったのかな、なんてことを思ったりした。
 それでも旧おばあちゃんちの梅の花は咲いている。お好み焼き屋の景気はどうだかしらないけれど、ここは残っててほしいものです。
DSC_0397.jpg

タグ : Life ネコさん

17:08  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2012.03.25 (Sun)

ドイツ語迷走中

 久しぶりの晴れた日曜日は洗濯三昧。

 金曜から来ていた妹が実家に戻り、食事もとっとと済ませてあったので、夜はドイツ語の文法やり直し。
 以前にトレーニングペーパーやったころを思い出すぐらいの書きまくり。やっぱり愚直なまでに書きながら進めるほうがいろいろ思い出せるし、ギシギシ刻みこんでる感じ。
 …とはいってもね、すっかり忘れていたけれど、こんな自分でもとうのむかしに独検3級は持っている。ずいぶん前に検定受けたときには別に何にもしなくても2級までは楽勝で取れるだろうとか、正直今でもなめきったことに思ってるけれど、でもドイツ語に関しては実践で使い物にならなきゃ意味がないので、いつまでこんな初級コースを続けているのだ、と考えれば考えるほどトホホ気分。でもま、愚直にやるしかないだろうと思う。口語のヒアリングとか、もうちょとステップアップした学習もしたほうがいいのだろうけれど。
 とりあえず英語の次に時間かけてきたのはドイツ語だからある程度なんとか形になるようにもっていく努力だけはしないといけないんだけど、なにせ迷走得意なもので。

23:23  |  語学やことばのこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.24 (Sat)

三茶メシいろいろその2など

そろそろ桜の季節だろうとやってきたsisK。
でも今年はなかなか暖かくならなくて桜前線も停滞気味。
とりあえず上手いもんでも食いに行こうとご近所巡り。

まずはずっと入ってみたかったフレンチのお店。中里小学校脇というか前にある フレンチ食堂Fils et Fille(フィス エ フィーユ)さん。その名の通りご兄妹で営まれているとのことですが、こぢんまりしたお店にゆっくりビートルズの曲が流れる居心地よろしいお店でした。
 sisKがパスタコースを、わたしはアラカルト2品ぐらいオーダーしてそれぞれシェアしたのだけれど、コースのオードブルのキッシュやパテ、サラダなどボリュームたっぷりで2000円ほどだったのはかなりリーズナブル。こんど夜食抜きで残業したらお夕飯食べに来たいな。わたしの頼んだブイヤーベースもふんわりしたかほりにとっても味がよく出ていてがおいしかったです。今度はランチにもきたい!



翌日のお昼は毎度恒例コンタイ。
ランチセットに空心菜炒めとパッタイを食しました。



ウマー

***

sisKとはもう3度目ぐらいのご対面になるPちこちゃん。
なんかミョーに仲良しでした。


アイスちょーだい。

***

梅は咲いたか桜はまだかいな、
というわけで旧宅前のおばあちゃんちの梅の木は満開でした


17:06  |  食べあるき  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.21 (Wed)

春おそし?

 風の強い日。ここ最近雨の降らない日は風も強いし花粉もばりばり来ているのだけど、今年は春分の日までに春一番が吹かなかったということで「春一番」はなしらしい。この強風は春一番とは違うのか? でもたしかにいつまで経っても風は冷たいし手はかじかんでいる。桜はいつ咲くんだろ。

 4月分のラジオ講座のテキスト買い込んだところでお勉強も読書も足踏み中。ざっとドイツ語講座だけお風呂入りながら目を通した。最初の2ヶ月ぐらいは応用編だけ聴こうと思ってたけど初級編もテキスト抜きで聞き流してもよいかも。

 今月はkindleで読みかけサンプルの消化にいそしんでいたら、まともに1冊読み終えた書籍本がいまだなかったりするので、サンプル読みでない読書にぼちぼち戻る。
 サンプルではたぶん書籍ではよほどでないと買わないだろうなっていうようなバイオ本なんかを沢山落としていて、邦訳の出ているパティ・ボイド本とかドン・フェルダー本、ほかBonoやStingなんかも読んでみたけど、ベン・ギャザラのバイオ本はフルで買ってもよいな。ピーターやカサヴェテス関連で何かできればいいけど、むずかしいだろうか。
 そういえば先日Song to Soulに著者が出ていた「Bye Bye Baby」はてっきり邦訳が出てるのかと思っていたらそうじゃないのかな。以前出版のうわさを聞いたことあったような気がするんだけど、もしでていないんなら、コロンボとは行かないまでも需要ないかしらん。

12:11  |  語学やことばのこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.21 (Wed)

先週末のわが家鍋会メニュー

●オードブル風のブツ
・舞茸クレソン&ベーコン、バルサミコ炒め
・トマトガーリックにサルサソース入りペースト+レンズ豆
・ニンジンマリネサラダ・レモンソルト和え(個人的にはこれが一番気に入ったんだけど)
・ザウアークラウト&ベーコン、生クリーム添え(ローリエ香り付け)
(賞味期限1年以上切れた缶だったのでお客には出さず…。用心して水洗いしすぎてすっかり酸味が飛んじゃったけどそれなりにいつもどおり。お腹も痛くない)

●キムチ鍋
 ほんとはハッシュドビーフ鍋にしたかったが、すでに元スープなど鍋材料そろわず挫折。豚バラ肉とニラキムチ、もやしと豆腐入り。あまったスープにご飯とチーズをふって旨し。

タグ : うちごはん

00:09  |  家ごはん  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT