2013年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.10.31 (Thu)

シンクロ

DSC_1629.jpg

眠れるお猫さん

タグ : ネコさん

14:45  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2013.10.24 (Thu)

仕事が落ち着いてのごはん



いつのまにかおでんのおいしい季節だね

21:34  |  家ごはん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.10.22 (Tue)

はやり言葉

 翻訳学校に通っていた頃、業界ではいわゆる大御所だった恩師がよく言ってたことの中のひとつに、字幕に「はやり言葉」は極力使わないということがありました。言葉にも賞味期間はあってそのときにはどんなに大流行している言葉でも翌年、長持ちして数年後には誰も使ってないようなことって結構ある。訳した時にはウケたりぴったりはまってるように思っても、たとえばその作品がビデオ化なり数年経ってからテレビ放映されたとして、その時観た観客なり視聴者にピンと来なかったり失笑されちゃ具合が悪いという理由。そりゃそうですよね。それに「はやり言葉」って鮮度がOKの期間でも使い方間違えるとミョーに軽薄に見える気がして。

 今年たまたま自分の担当した元原稿sに流行語大賞に選ばれた言葉が登場しました。ひとつは原語でも言葉通りの意味のことを言っていたとのことで意味的には間違いではないし普段ならそのまま使っているとは思うけれど、劇中使われていたのはわりとシリアスな場面だったし、いかにも某ドラマが終わったばかりでそんな言葉が出てきたらそっちを連想しちゃう人がたぶん多いよねーなんてことを翻訳者さんとも相談して別案にしてもらいました。
 もうひとつに関しては問答無用でNG。それはコメディだったしウケるのかもしれないけど、本来でもアウト(字幕出さない)にしてもいい「あ?」とか「え?」みたいな短い尺にわざわざ入れるまでもないし、んなところで笑いとるつもりならもうちょっと他の箇所見直してほしいわんというのもあり……。そんなわけで両方とも使わなかったわけです。
 ところが、ほかの作品で使われていた「お・も・て・な・し」字幕に爆笑したという方がいらして、非常に複雑な心境になりました。内輪ではやっぱり「ありえないー」なんて話してたんですけどね。まあ、いいんだけど。鮮度としては期間限定の部類でしょうし、自分だったらよほどでない限り、やっぱりこの先も使うつもりはないな。

 そういえばさっきのぞいたツイッターに「シャン」とはなんぞやをまとめたスレ、なるものがありました。朝の連ドラ絡みのネタなんでしょうか。テレビの「はやり言葉」とはまた違うし、再び流行るとは思えないけど、時代性もあっておもしろい話題かと思いました。そういえば元職のおじいちゃんが「メッチェン」やら「シャン」を連発してたのを思い出した。

17:18  |  語学やことばのこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.10.21 (Mon)

シャガール展とA・ロペス展

先日の帰省の際、出かけた展覧会ふたつ。

●宮城県美術館のシャガール展

DSC_1587.jpg

 ほんとはここでも何度か触れている猫のタローに久しぶりに会いたくて、仙台で途中下車して美術館に出かけたのだけれど、事前の調べによればタローは今年年頭の常設展にでていたということで、もしかしたらお休み中かどこかに出張中かもな…なんて多少の覚悟はして出かけたんだけど、やっぱり会えずに半ばしょんぼり。その代わりといってはなんだけど、シャガール展をやっていたので観てきた次第。
 シャガールの作品にはそんなに傾倒しているわけではないので、東京で単独開催されていてもたぶん観に行くことってよほどでない限りないと思う。とはいえ、今回は普通の回顧展ではなくテーマを舞台装飾だったり建築物の壁画やステンドグラス向けに書かれた作品に絞られていたので、かなり興味深かくみられました。オペラ座の壁画の下絵やらバレエの舞台背景やら衣装デザインなどこんなところまでトータルデザインしていたのかーと感心したり、教会のステンドグラスのモチーフは、彼のほか作品を彷彿とさせるような一連のデザインなのだけど、あんなデザインの壁画に囲まれた教会なり、建物にいたらなんとも形容しがたい幸せなほんのりした気分になるのではないだろうかと思ったり。教会やらステンドグラスを手がけた現代画家だとマティスなんかを思い出し、あの教会にいつか行ってみたいなあと思っていたものだけど、シャガールのある教会もステキだろうね。タローに会いなかったのは残念だったけど、ちょっと素敵気分で帰ってこられました。

●岩手県立美術館のアントニオ・ロペス展

 夏にBunkamuraで開催されていたときに行きそびれて非常に残念に思っていて、まさか次に盛岡に来てくれるとは思っていなかったので観られてとてもラッキー。
 自分もそうなのだけどロペスの名が一躍広く一般に知られるようになったのって、ビクトル・エリセの92年の映画『マルメロの陽光』からではないかと思うけど、展覧会ではあの映画の中で描かれていたとされる未完のマルメロの作品も展示されていて感激もひとしおでした。
 展示には彫刻類もあったけれど、家族や静物、屋内や戸外の風景などいくつもの作品に共通していたのはその描写の細やかさで、基準になる線引きを残したまま緻密に緻密を重ねて丁寧に描かれている作品が大半だったのが印象的でした。たしかにああいう作り込みの仕方をしていたらば寡作にならざるを得ないというか。まとまった数の作品が国外に持ち出しになる機会なんてそうそうない作家なのではないかと思うけど、観ておいて本当によかった展覧会でした。

DSC_1621.jpg

 常設展では世田美以来の松本竣介を再見(宮城美術館でも2点ぐらい再見)。あの展示室は大好きでいくらでも時間過ごせる。


 ちなみに宮城県美術館のタローこと長谷川潾二郎の「猫」ですが、来月2日からの洲之内徹と現代画廊 ―昭和を生きた目と精神―展では前期後期通じて展示されるとのこと(チラシを見つけて受付のお姉さんに問い合わせてもらっちゃった!ので確かでしょう)。今度こそ再会したいなあ。また12月に仙台行くかー。

タグ : 美術館/博物館

00:02  |  本とか絵とか  |  コメント(0)

2013.10.19 (Sat)

今週のつぶやき123

 なにしろ初日が平日だったので週末になって秋の第一波は落ち着き、滞ってた他の作業をしつつまったり。
 週半ばの大きな台風では各地で被害が出てたというのに、次の台風が来てるとな。今年は雨風系の災害が多いですね。変に蒸し暑い日が来たかと思えば台風後には気温が下がるなど、気温差も激変。春も短かったけど秋も短いんだろうか。四季の境目というかめりはりなくなってきてるなんて、環境的にやっぱりまずいんじゃなかろうか。

 あれこれ映画祭が乱立するシーズンで盛岡でも昨日から映画祭やってるとのこと。ざっとラインナップみて…申し訳ないがあまりに手堅いというかジミだよね。お客さんどれぐらい入るのだろう。普段自分が接してるようなラインナップだけがすべてじゃないとは思うけど、もうちょっと華のある洋画でもあったらいいのにと思ふ。アンケートで上映希望作品募った年とかあった気がするけど、それだっていいのに。

 留守中の同居人に成り代わりじゃないけども今日はサッカー番組はみないよ、ぜったい。試合はみてないけど結果情報だけで腹立つし。この際マリノス優勝でいいよ、キィッ!
 というのはともかく、totoBigがJ休止中にはプレミアやらブンデスリーガの試合結果で、同様にくじ買えるようになるそうで。それってありなのか?って気もするね、個人的には。まあ、現状だってトトカルチョには変わりないのだけど、とりあえず日本のスポーツ振興のため〜みたいな名目があってそれに賛同してると言い切るわけではないが、応援してるチームなり多少の思い入れはあって買ってるわけですよ、個人的には。Bigは自分でチーム選んで買える訳じゃないから、別に応援するチームウンヌンは関係ないっちゃないんだけど、プレミアはまだしも、たいしてしりもしないブンデスのチームの勝敗にほいほい掛け金つぎ込むのは、別に対象がJリーグでなくブンデスになるだけとはいっても、なんか気分的にひっかかるんだけど。とはいえ、買うんだけどさ。
 
 近頃は布団の中に潜り込んでくるようになった、Pちこちゃん。

2013101908170000.jpg

 ぬくぬくの季節到来。

タグ : Life サッカー

17:22  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2013.10.15 (Tue)

今週のつぶやき122

 今年は週まとめもパスせずにこうして書けるなんて、よゆーじゃん。とはいっても、実のところやっぱりまだまだ終わらなそうなので、ぷらぷらしている余裕はない。そんな余裕が出来たらかえって気持ちも落ち着かないし、身体もどうにかなりそうな気がする。
 なんてこと考えていたら最後がいつだったか覚えてないほど久しぶりに、左目にものもらいが出来た。夕方ぐらいから左目の下あたりがちと痛かったので、疲れ目だろうかと目薬苦いほどさしていたのだけど、帰宅したらだんだんかゆみを伴う「いずいず感(ごろごろ感)」がでてきたんで、洗面所に鏡のぞきに行ったらば心なしかぷっくり&充血していたという。あとから帰宅した同居人にはそんなの一目でものもらいと分かるといわれたあげく「ボクとPっちぃに近寄らないで」と絶縁宣言。。まあ、向こうも明日からチョー過酷労働期間に突入するんで、ものもらいとかもらってる場合じゃないのはよくわかるんで傷ついたりしませんけどね。

 もしかして行けるかも、と思って週末に取ってあった内野聖陽がでてたサム・シェパードの芝居の切符も結局ムダにして、誕生日当日はお腹いっぱいタイメシくらって満足したとはいえ翌日プレゼントはものもらいなんて、あまりにさいさきのよすぎる●×歳の滑り出し。
 そういえば、朝にはいきなり固定電話も故障したのであった。ガタの多い一年にならないよう気をつけろというお告げかもなー。

タグ : Life おからだ

09:25  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2013.10.10 (Thu)

仕事逃避の宅メシ


17:30  |  家ごはん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.10.09 (Wed)

消耗ちゅう

ブログ書きするほどのネタではないのだけど、向こうに書くとわずらわしいのでこっちに。

 ひまひま言っていてもとりあえず週末はものが動かなかっただけで、月曜になったら抱えてる原稿マターの直しやら新規分やら一気になだれ込んできて真空パック状態に。昨日は自宅でとはいえ久々寝たのは朝5時&8時起き。数年前なら職場前のホテルにちょうど今ぐらいの日程から泊まり込みでやってたことですが、いやーやっぱり体力が続かないっす、今じゃ。もうすでに頭痛いはもーろーとしてるので、今日は早く帰って寝るよー。

 わたしと入れ替えで、ここしばらくは同居人が夜勤作業にでるようになったので、夜はPちアテンドしているのだけれど、明け方〜朝までこっちがわさわさしてるときにふと足元やら後ろ振り返ると、ベッドの淵っきわにはりつきながら目があうと得意の声出さない「ニャー攻撃」をしかけてくるやつがいる。何て付き合いのいい子なんだろうというより、いつまでおきてんのっ!!と責められているようで心苦しいのであった。
 やっぱり今日は早く寝るべ。


タグ : Life

16:39  |  ヒビつらつら

2013.10.07 (Mon)

今週のつぶやき121

もう10月だというのに週末は所用で盛岡に戻っていました。
2泊しかしてませんけども

その間Pちこちゃんはというと

200131005P.jpg

ずいぶんのびのびしてるじゃあーりませんか。

タグ : Life

15:46  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2013.10.06 (Sun)

匠のさん

 盛岡でお気に入りのお店に加わったのがこちら、匠のさん。
 春先に絶品「牡蠣ごはん」を食してからぜったいまた来たいと思っていたのですが、秋の帰省にあわせてでかけましたよ。



秋らしいお通し



お作りと角煮



南部せんべいをアレンジしたチーズの盛り合わせ

そしてこの日のメインは



じゃーん。蒸しウニごはん。



見て見て〜とじつはウニがそんなに得意じゃないわたしでも全然オッケーなうまさ。



チョーー満足な夕べでした。

00:18  |  食べあるき  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT