2015年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.05.20 (Wed)

世代のせいなのか??

昨日職場で盛り上がったのは
(たしか)30代の同僚男子が『コパカバーナ』を知らなかったこと。
えっ…バリー・マニロウしらないの? 
ー はい。(ま、歌ってる人は知らないかも知れないけど) 
でもさ、コーパッカッバ〜ナ♪って聞いたことない?
ー ないです。
ええーーっ?!
…っていうのは今に始まったことじゃなくって、この男子
お正月にとんねるずと一緒に錦織&修三と勝負する以前には
(ジョン)マッケンローも知らなかった。
「それ、誰ですか?」「ええーー?!!」といった過去があり
なにせ「笠智衆」も読み方どころか存在すら知らなかったという
我々のギョーカイにあるまじき男子ゆえ、特殊な部類かもしれないけれど。
あ、彼の名誉のために言っときますが、とてもいい子です。
といまさらフォロー。
ちなみにマッケンローに関しては取引先の某アパレル関係の担当者
(たしか20代)による「どこのメーカーですか?」という
 ぶっ飛び逆質問もあり。

なんだか、世代がどうこうより興味の有無が大きいんだろうなあと
思いたいけど、ちょっとさみしいちいさなつぶやきでございました。

寝こむしかない。


16:18  |  ヒビつらつら  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.20 (Wed)

お客さんに思う

 うちの職場周りは娯楽地域なのでただでさえ野球やらイベント開催時には大勢の人が集まってくるけれど、同様に宿泊施設も多いので外国からの観光客も多い。アキバ方面に行くつもりで間違って降りちゃったのかしらと思しき方やら格闘技のメッカなこの辺なのでいかにもそういうのやっていそうなごっつい方など欧米系の方々も多いけれど、やっぱり激増してるのは大陸方面…いや、台湾の人もたくさんいるのかも知れないけれど、まあ中国語圏の方々。そりゃあ新橋〜銀座あたりのショッピング地帯というかバスに乗って大挙やってくる場所に比べればこの辺なんて大量のうちには入らないと思うけれど、ドームまわりのショップや近辺の飲食店はかなり賑わっている。春節の休みとかお花見の頃ならまだわかるけど、今って向こうは休暇の時期なわけ?とビックリするぐらいいらっしゃる。
 はるばる来て下さってお買いものもして、楽しい思い出をたくさん作って帰国の途についていただけるならそれにこしたことはないけれど、とりあえずそのへんのコンビニでちょこっとおいてある雪肌粋とか両手に抱えるぐらいドカ買いしちゃうのはどうなのよと、目撃したほうは思う。だって、マツキヨでもドンキでももっと安いところあるだろうになぜコンビニで?とりあえず手近なところで買えればいいのかもしれないけどさ。
 大勢でわいわい歩道を練り歩く彼らをときにはなんだかなあと眺めることもあるけれど、でも野球客やらライブ客やら時には学生コンパやサークル飲み会の若人たちだってお楽しみもほどほどにって思うことはしょっちゅうあるし、数十年前っていうか今もなのかわからんが、日本人観光客だって同じようなことやってたんだろうし。いまだに旅の恥はかきすてーなんて言葉どおりにとんでもないことしちゃう輩もいるんだろうしね。結局どこの誰だろうがなにごとも普通の節度だったり感覚の問題だろうとは思う。
 でも、最近新聞やらテレビでも報道されてた何千人単位の一族郎党での社員旅行っていうのは、ちょっと理解できないわ、やっぱり。

タグ : よのなか

13:20  |  ヒビつらつら

2015.05.18 (Mon)

今週のつぶやき243

 最近少し通常モードに戻ってきたので、隙を見計らって歌舞伎座と国立博物館に出かけました。

 先日歌舞伎ネタの仕事をやっていたのもあって、何か観に行きたいなあと思っていたんだけれど、ちょうど今月は團菊祭。菊之助くんの出し物も新聞に寄れば評判よいし、どれも結構よさそうな出し物だったので久々昼夜出かけてきました。
 今回昼の部の2本、「摂州合邦辻」「天一坊大岡政談」は菊之助くんの女形も小悪党ぶりも十分堪能できるプログラムで好評も十分に納得。夜の部の3本のうち「丸橋忠弥」「め組の喧嘩」は何度か前もみたことがあると思うのだけど初見の「蛇柳」も含めどれも立ち回り&大人数でうわーみたいな派手というかわいわい賑やかな演目で楽しかったですね。個人的にはずいぶん久しぶりに松緑くんを見たんだけれど、前は声はりあげるばっかりで台詞棒読み風とかどうなんだろ?と思っていたのだけれど、なんだかとても上手になっていて失礼ながらビックリ。酔っぱらい忠弥の役どころも決まってたし、すごくいいなと思いましたねー。
 やっぱり菊之助・海老蔵・松緑の3人って若い頃からある程度段階をおって見てこられた役者さんなのでそれぞれ成長ぶりが分かるというか、それはうれしいなあと思うんだけど、そうすると今回むむむ…と思ったのは海老蔵くんだろか。でも、朝日の歌舞伎評で叩かれてるほど悪くはなかったと思うぞ。台詞の節回しとか好みもあるだろうし(わたしもそんなに上手だとは思ってないけども)ある程度の批判はあったほうが本人のためになるとは思うけど、あの欄の担当者は毎度毎度のことだけど海老蔵くんにカラすぎると思うわ、まじで。でもまあ、そこにいるだけで華のある役者さんだからいいんですけども、ブログアップもほどほどに(…)文句の付け所のない役者さん目指して精進してほしいっすね。

 国立博物館は平成館の鳥獣戯画展へ。いや、混雑は覚悟していたんですけれど…激っ混みすぎ!!金曜の夕方で、夜も時間延長でやってるからまだマシだろうと出かけたのだけど、外にできてた列は意外と早めに進んだので(とはいえ1時間以上は待ったはず)これは中もいける?と期待したんだけど全く甘かった。。。「鳥獣戯画」といって真っ先に頭に浮かぶウサギ、カエル&サルの場面を描いた「甲巻」を見るための列というのが中にできていて、これがもう展示スペースぐるっぐる巻きの壮絶な大行列で並んだ時間はそこだけで軽く2時間越え…ものにたどり着いたときには疲労困憊でした。展示は巻物の前後半に別れていて、作品の品質保持のために半分ずつ公開されているのだけれど、こんなにならぶんなら後半なんか見にこなくていいーっっ!てマジで思ったもの。
 でもね、かわいいんですよ、やっぱり本物って。メチャクチャ疲れてても、今にも動き出しそうなウサギちゃんやらちょこちょこっとしたイラスト、といったらあれだけどさらりと描かれた墨絵の背景やら小さな物見てるだけでなんだか自然と笑顔になっちゃうのよね。なんだか最近こんなのが続いてますけども、そんなトータル4時間近くもかけて並んで見てそんな甲斐があったかといえば…やっぱり見てよかったとは思いましたよ。あの時は後半なんてもうぜーったい見ないと思ったけど、やっぱりカエルとウサギのお相撲場面はみておきたいよなあ…なんて思い始めてるこの頃。なんて言ってるうちに、また会期終了が迫ってエライ目に遭いそうな気もしてきた。

koinu05152015.jpg

 鳥獣戯画のある(今はオリジナルは京都と東京の博物館で保存)高山寺にある子犬の彫り物のレプリカ。本物も来てるんだけど、レプリカちゃんも十分かわゆいのです。

タグ : 美術館/博物館 歌舞伎

18:28  |  お出かけ  |  コメント(0)

2015.05.18 (Mon)

アナログ脱却へのみち

 ここ数日は仕事のほうもようやく通常モード気味に近づいてきたので、連休の代休がてら休みを取って歌舞伎を観に出かけたりなんだり。とはいってもあそんでばかりもいられないので、長〜〜〜いことほかしておいた某仕事用ソフトをぽつりぽつりと使ってみることに。
 去年の春先からPCもソフトも揃っていたにも関わらず大して使っていなかったのは、まだまだデッキちゃんが使えたため。えとー、「デッキ」というのはビデオデッキのことです。はい、VHS。今どきのお若い方にはVHSなんて見たこともないという方がおられるそうですけれど、この4Kテレビだ何だと行っているご時世に、今どきビデオテープやらデッキを所有されてるお家なんてほとんどないんでしょうねえ…。うちにはあるけど。同様に、うちの職場はいまだ業務用機材をばりっばりの現役で使っているわけで……というか使っていたわけです、連休中までは。
 でも、もう長いことキーキーと苦しいノイズを出しまくっていたデッキちゃんの継続動作が3分と持たなくなってきて、ちょっと動かしては止めてだましだまし使っていたものの、2分もたたないうちにテープの音もうねうねして聞いていられないような状態となり、いよいよダメかも……と、ようやくあきらめの境地に至ったため、実作業でもアナログ脱却に大きく踏み出した次第。
 そんなわけでようやく今までビデオでやって来たことをデータの形でできるよう、ってかやらないと立ちゆかない状況に追い込まれてちまちまノートPCをいじってるんですが、毎日が肩凝り&偏頭痛。やっぱりラップトップは画面小さいしデスクまわりも狭いまんまだからぜったいこれって年のせいじゃないよなーと独りぶつくさ。ホントはデスクのメインで使ってるMacにWinを載っけて使えたなら多少楽だと思うけど、それでソフトの動作がうまく行くのかは限りなく分からないし、いくら繁忙期ではないとはいえそこまでリスクも犯せず。ともかく、操作に早く慣れることで自宅で作業の道、はれてはその先の野望(?)も開けると思うんで、なんとか次の波までにはマスターしよう、という小さな目標に邁進するのみでございます。
 
そういえば、今じゃ毎朝の血圧測定で使用するのがメインとなった自宅の仕事デスクもちゃんとお勉強用に片付けなくては。

これも見てきました。
それにしてもあまりの大行列すぎて展示入れ替え後の後期も見に行くかは…
並んでるときはぜーったいもうヤダ、と思ったけど はてさて。


16:35  |  ヒビつらつら  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.11 (Mon)

ポールのライブ

 ポールのライブからもう2週間ほど経ちますけれど、遅ればせながらちょこっと。
今回はドーム1回と武道館公演に出かけました。ええ、鳴り物入りの武道館10万円ライブ。まあ武道館に限らず去年の延期騒動からいえば今回のツアー自体が鳴り物入りっていってもよいのかもしれないけれど、とりあえずその2回に出かけました。ちなみに武道館のわたしの席は10万円席なんかではなくってまさに2階最後列のほとんど天井桟敷でしたけども。ドームに比べればどんな席だってましだもの。

 セットリストに関しては公式にもいろんなニュースにも出ていると思うので触れませんが、前回おととしのツアーを踏襲していたようです。わたしは2013年のライブには行ってないので2002年以来のライブ体験となりました。そんな長い時間が経ったようには思っていなかったけれど13年ぶり?それって相当です。
 相当は相当なりにこっちも年食ったけれど、ポールもおじいちゃんになっていました。もちろん実年齢からしたらぜんぜん若々しいポールだけどやっぱりおじいちゃんになったなと思ったよ。
 実をいうと、正直今回パスしてもよかったかもしれない、って思った瞬間がありました。わたしのでかけたドーム公演は2日目だったけど開演が30分以上おくれてだーらだらしてる運営周りの出だしからして…それはポール本人の問題ではないと思いたいけどイラッとしたし(個人的に連日の残業続きで疲れてたのもあり、と言い訳)、ようやく8days a weekから始まった時には、あまりのポールの声の出てなさにちょっと衝撃をうけたほどだったので。2曲3曲と進んで行くに連れ心配通りこしてかなり冷めてきてしまって、もしかしたらちょっと…失敗だったかもなあ……なんて思いが本気で湧いてきてしまったんです。
 で、大好きなMaybe I'm Amazedが始まったときも、あーこんなキーが高くてシャウト満載な曲なのに…って出だしは思った。だけど聞いてるうちにいつの間にか泣いていた。だって、キー下げないんだよ、ポール。10年以上前に初めて生で聞いたとき、そして遡って初めて聞いたウン十年前のUSAライブの頃と同んなじまんまで歌ってるんだもの、それって…それだけで本当にすごいと思ったし、自然と感激してしまっていたし、ふと気づいたらぼろぼろ涙が出てた。隣の席のおねえさんも目のあたりをハンカチで拭いていたっけ。そこからかなー、どの曲も勝手に耳の中で変換されて、というか補われて聞こえたのは。ぴちぴちの頃の、ずっと聞きなれてきたポールの歌声に。まるで魔法のようではありませんか。
 幸い中盤からノドも温まったのか、実際ポールもどんどん声が出るようになって一緒になって歌ったり、おきまりのMCに会場も大いに盛り上がり、アンコールのHelter Skelterはもしかして歌ってるのってばドラムの彼ではないかしらと今でも疑っているのだけれど、約2時間半のライブは大盛況のうちに終了。一緒に出かけたロック友くんとヱビスビール飲みながら(去年の国立残念会以来の打ち上げ!)だんだん声が出るようになってきてたよね、ホントによかったねーなんて話をわいわい。

 武道館はこれまた開演が遅れに遅れてなんと18時半予定が始まったのは20時前後、ってかたぶん過ぎてたと思うんだけど、これに関してはまったく別物でプリプリもイライラもなし。始まるまでに左右の隣になったおじさま…もとい、おにいさまやおねえさまとこれまでのライブやレコードだったり、今回の座席話であれこれくだ巻いたりわいわい盛り上がれたのも楽しかったし、やっぱりそれなりの熱心なファンが多く集っていたせいなのか会場内自体なんとなく和気藹々というかとってもいい雰囲気だったし、ライブ本番もドームの時より時間こそ30分ほど短かったとはいえ、ドームから曲が差し変わったりライブじゃ初演奏なんてのもあったり、どこをとってもすごく濃密なひと時だった。Let it beのとき、座席に配られてたリストライトが場内一斉にともった瞬間ってば本当にうわーって声が出ちゃうほどきれいで、このままずっと終わらなかったらいいのに、と思ったもの。だから、武道館公演へ出かけたことはまったく後悔していないし、観ることができてあの場にいられて本当に、本当によかったなあと心から思ってる。
 そんな感じで、コストに見合ったライブだったかといえば…いい時間が過ごせたという意味ではもちろん文句はないのだけれど、何度もこの手が通用するとは絶対に思ってほしくないよね。ポール、というより呼び屋さんには。あの法外な値段のチケットに関してはいまだに非常識だと思ってることには変わりないので。

 この先再びポールが来日してくれたとして、またライブに出かけるかどうかは…今のところ何とも言えないです。仮にやって来てチケット買わなかったとしたら一昨年のようにやっぱ行けばよかった、と思うんだろうし、でも、自然の摂理だし仕方ないとはいえ、体力大丈夫だろうか、ちゃんと声がでるのかなとハラハラ心配しながらステージ見つめるのも切ないだろうし。だけど、どんなことになろうとも自分の頭の中で響くポールの歌声は、3〜40年前のものにやっぱり置き換わってしまうのだろうから、なんであれ一緒かもなあとも思うし……。
そんなわけで、もし次が決まったならギリギリまで悩もうと思います。

USENのビートルズ・チャンネルでAnother Girl→Being for the Benefit of Mr. Kite!と続いてるのを聞きながら。
お疲れさま!&楽しかったよ、ポール。

paul0428.jpg


テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : ポール・マッカートニー ライヴ

14:48  |  お出かけ  |  コメント(0)

2015.05.10 (Sun)

夜中の電話

 金曜の深夜というか土曜の3時前ぐらいにケータイが鳴り出した。金曜日には職場の健康診断があったんで朝も早くから出かけていたうえ、夕方には開放感でお酒も飲みまくっていたので早めに就寝&爆睡していたんだけど、真夜中の電話。いやですよねえ。
 どうせ間違い電話だろーとぼーっとしながら放っておいたけれどしばらく鳴り止まないので寝ぼけまなこでカバンの中のケータイをごそごそとりだしたところ、相手は「母」の表示…。そりゃびびりましたよ。とりだしたら丁度鳴り止んだというこれまたイヤなタイミング。寝ぼけた頭でかけ直そうかどうしようかとしばし迷ったけれど、本当の緊急だったなら家電にでももう1回ぐらいはかかってくるよな、そーだよなと思い直してまた寝た。
 で、朝。
 とりあえず早々に目が覚めてしまったので頃合い見計らって実家に電話してみたところ、出た瞬間からニタニタしてる風な気配の母。夜中に電話くれたよねえ?と問いただしたところ、母が言うにはその時間までまだ帰ってきていなかった妹あてに電話していたものの連絡がつかず、何度か電話しているうちに間違えてわたしの短縮ダイアルを押しちゃったのよねーすみませんねえとのこと…。
 そんな事だろうとは思ったけれど、もしや何か緊急事態が?と思うより先に、もしかしてボケたのか?とギョッとしたのも事実。人騒がせな母、というか妹であったのでした。そんな時間までぶらっぶらしてるような年頃でもないだろうに、マイシスターよ…。ま、あたくしも人のことはいえませんけどね。

13:07  |  コボレタ話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.10 (Sun)

今週のつぶやき242

 連休も終わった週末、とはいえこの週末までの大連休だった人もいるのかも知れないけれど、ようやく昨日今日は自分も休日。結局連休の間は1日おきに出ていってなんだかんだしていたので、久しぶりの連休だす。持ち帰りの仕事はあるけれど、とりあえず予定大幅オーバーとはいえ昨日のうちにほぼ片付けて今日はのんびり。同居人は出張中なので、朝からゆっくりお風呂入ったり、洗濯したり、朝飯食べて、ぼーっとする。ここしばらくお天気に恵まれていて今日も気持ちのよい風がそよそよ入ってくるよろしい陽気だけれど、家でごろごろするのが今の自分には一番の休養。ほげーっとしますぜ、今日は。
 でも、ほんとはちょっとどこか遠くにも行きたい。旅に出たいなあ。

タグ : Life

12:32  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2015.05.08 (Fri)

連休明けの健康診断

 お天気に恵まれた今年のゴールデンウィークは、もしかしてこの週末まで継続中の方もいるのかも知れないけれど、終了。とはいえ、あたくしの場合は一日おきに出勤していたんで、やっぱりあまり関係なし。そんなことなら固めてさっさと終わらせて数日まとめて休めばよかったじゃんと思わないでもないけれど、でて来たらでて来たで「こんないい天気の中一人で仕事してるあたしってば(涙)」と悲しくなり、休んだら休んだで「いいのか、ほんとにいいのかー?」とほとんど脅迫概念で気が落ち着かなくなるというアップダウンを繰り返して、結局出勤/休みを繰り返していたという効率の悪さ。
 とはいえ、家では冬物一掃片付けを1日でこなし、職場じゃ連休明け早々にカンヌへ旅立つクライアント様方のスケジュールにあわせて終わらせるべきだった案件も間に合わせられたので、肩こり引きづりながらも出てきた甲斐はあったと思いたいのだけれど、すっかり忘れていた休み明けの健康診断。

 あすけんで食事記録つけ始めてからなんとなく食生活に気をつけるようになって来たせいか、始めた当初から比べれば体重は自然と3キロぐらいは減っているのでそれはまだしも、ここ数日は疲労やらストレスもたまっていたので、いくら自宅でも測っているとはいえ血圧測定でとんでもない数字が出たらへこむよなーと半分心配してのぞんだ本日だったけれど…
 結果は予想外に良好。もしかしてここ数年来続けてきた検査の中でも一番記録はよかったんじゃないかという血圧の低さ(といっても平均値)で、ちょっと喜んだ私をよそに「体重が減ると血圧にも反映されるんですよ」とかいいつつ、看護師さんは去年からの落差にびっくりしたのかもう1回測っちゃったり。また、メタボ審査というか腹囲測定もマイナス5センチ以上の数値が出て、内科の先生にがんばりましたねーとお褒めの言葉を頂く始末。ま、健康でよかったんではありますが。
 でも、ダイエットサプリを飲んだり運動するとかしなくても、食べる物そのものや食べ方/時間帯を少し見直すだけでも変わるものなのだねえ、というのは改めて実感できました。こんなことなら1年前の健診の後からやっときゃよかった。
とりあえず気張ることもせずに、このまま普通に記録を続けていこうと思いましたです。

連休中のブランチ。昼間からのむのむ。


12:28  |  ヒビつらつら  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.02 (Sat)

今週のつぶやき241

世の中連休真っ只中、とこのじき毎年書いてるけれど、やっぱり今年も一緒。
連休開催の某ブツほかひと月先のもの、お役所ものやら大車輪のごとくフル稼働するのもここ数年ルーティン化しているとはいえ、正直しんどい。しんど「かった」でなく、今も進行形。
 年が明けてからはしばらくぼーっとする日が続いたけど、2月後半から3月向けの怒濤ギューギュー詰め作業が終わってから後半寒くて体調崩れたり、お花見の時期はあったとはいえ上記のような物事が一気に流れてきてぽこっと1日2日の休日があってもあんまりくつろげず、くわえて先週末からポールのライブがあったりなんか落ち着かなかった今週模様。
 ライブへ行くのも、まあ仕事だって自分が好きでやってることには違いないけれど、早朝出勤に残業に追いつかなくて泊まりとか秋並みの労働だもの。結構本気で考えたよ、もーリタイヤしようかと(爆)。だけど、仮にリタイヤしたとして自分にはこの年になっても持ち家も貯蓄もなーんもなく、自営の仕事をしたとして十分Pちこまで養えるような月々の収入がえられるとは全く思えないので、リタイヤなんて6億当てるのと同じレベルの夢のまた夢だと瞬時に決着した次第。あー6億なんて贅沢言わないから1億ぐらいあたんないかな、1回でいいんだけど。

と、ボヤキながら労働にいそしもうと試みたけど、あんまりお天気の日が続いて世間も行楽に浮かれてるのが悔しいので、もう仕事持ち帰りにして休むことに決めました。あれこれコピーしてパソコンかついて、と備えてるものの、ほんとに家でこれら使うかどうかは不明。また重たい思いして往復するだけになりそうな気もするけど、そうしないと気が済まない労働貧乏性な自分。もしかしなくてもワーカホリックなのか。



 そんな感じで新聞やらネットニュースすらよく読んでいないので、むかむかむかっぱら立てる事柄もそんなに目にしてはいないのだけれど、ネパールの大地震の被害の大きさには本当に心が痛い。救援物資が行き渡っていないというけれど、なんとか一人でも多くの人が早く日常の生活を取り戻せますように。

タグ : Life

15:02  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2015.05.01 (Fri)

連休で。

世の中は連休中。今年の連休って結構長めなようだけど
今のところあまり自分には関係なし。
3月からの重労働の煽りで遅れに遅れていたこの連休用の仕事に
連休明けの事柄が気がつけば倍ぐらいに増えていたのに加え
先週後半〜今週はポールのライブで当日は使い物にならなかったので
泊まり・早出・残業の3点セットですでに疲労困憊。
まだまだやることあるのだけれど、せめて来週ぐらいは休みたい。
酒飲みながらコタツや冬物衣料を片付けて、掃除もしたい!!
それがささやか〜な連休のキボウ。

だよね。


17:00  |  ヒビつらつら  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |