2016年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.06.28 (Tue)

イングランド

ほとんどフルでは追えていない今回のEUROですが
英国関連が3つもでてるってことでそこだけはみてました。
それまで出場経験のない同士の北アイルランドと
イチ押しベイルくんの激突は心が痛かったのに続き
くさ●てもイングランドはやっぱり捨てがたいけど、
でもアイスランドにもがんばってほしいし…と悶々とした対決。
結果はいいんです、アイスランドも応援してるから。
だけどさ、「ジャイキリ」ってのはどーなのよ。
果たしてイングランドってば「ジャイ」だったのか?
毎回優勝候補!!って持ち上げられるけど、いつからかは憶えてないが
ほんとに「ジャイアント」っていえる実がともなっとったことがあったのか、ここ数年。
EUから離脱(って100%はっきりかはわからんが)が決まったときに
最初に思ったのは、プレミアに自国の選手が戻ってくるのかな、だったけど
仮にそうなるならせめてサッカーぐらいはそういう方向に動いてほしいなあ、
と、そんなせこいことしか考えずもうしわけないけども。
などとぶちぶち。



が、しかし「離脱派」も勝った途端に
「そんなこと言ってない」「約束なんかしてない」発言が
ばんばんでてるようですな。
それじゃまさに詐欺、っていうか単に大ウソつきではないか。
まるでどこかの国と同じ。
世界中どこもかしこも政治家の質が低下してるのか?
っていうか、そんなレベルの話じゃないよね。

タグ : サッカー

06:42  |  sportこばなし  |  コメント(0)

2016.06.26 (Sun)

いまさらのらいん

5月の連休明けぐらいから友人宅の庭でプチ園芸ってかプチ畑を作成し
友人たちと時々集まって土いじりをしてる。
とはいっても、わたしはあんまりまじめに通えているほうではないんだけども
それでも遅めの種まき&苗植えだったにもかかわらず、ちょこちょこっと
成長してるらしく、そりゃすんばらしいことだと感心。
植えてあるのはスイカとコーン。
とらぬ狸のナンチャラではないけどこのままちゃんと育てば
結構収穫できるようになるのかな??

さて、そんな「農業活動」の連絡用に、参加してる女の子から
今ごろLINEの設定をおそわった。
Phone導入以前からiPadには入れてたんだけど、一度も使ったことはなく
なんだかよーわからんとほうって置いたものなので設定なんぞもしてなかった。
で、彼女のぜったい便利!というお言葉のまま、まるごと設定もお任せで
…その間なんて、ほんとぼーっとみてるだけで自分の無力さというか
ババ加減が身に沁みるって感じでしたが、
とりあえず全部やってもらえたので、たまにいじってる。
でも、ポイントがどうたらもよくわからんし、勝手にインストールした
同居人のあいぽんに一方的にスタンプ送りつけてるだけなんすが。
(同居人は「俺はこんなのに乗らんー」と頑なに返事をくれない)
そんなにはまるつもりもないけども、何かの時には役に立つといいなあ。

タグ : Life ガジェットやお道具

16:58  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2016.06.26 (Sun)

アジサイ

美しいあじさい&6月のイメージショットを撮ってみた!


高井戸の友人宅に出かけたとき
近所の線路脇にみごとなアジサイがずっと続いておりました。
春はサクラもきれいだったこのあたり
なかなか素敵ですね。

来年はもっと早い時期に来てみようっと。


16:26  |  お散歩  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.06.26 (Sun)

マーマレード風


先日作っておいた甘夏のマーマレード風ジャムが
なくなりかけたので記録。
時間がなくてばばばと皮はざっくり切ってしまって
無精せずにちゃんとスライスすればよかったなあと反省もあるけど
柔らかく煮込んであったので、まあ1人で頂く分には大丈夫。
また1,2回おいたらつくりましょう。
この次はアメリカンチェリーのジャムの予定。


16:12  |  こまごまおいしかったり  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.06.25 (Sat)

今週のつぶやき260

 昨日の英国の国民投票の結果には正直ビックリした。女性議員の殺害事件の影響もあって残留にぐっと傾くのかとも思ったのだけれど、それでも拮抗した結果ということはあれがなければ離脱の方向がもっと支持されていたって事なのだろか。本当にひどく、痛ましく、許せない事件ではあったけれど、経済的な垣根を取り払われたことでの弊害が長年積み重なっていって、深刻な問題に耐えられる体力が厳しくなっていたのは地方の市町村なのだろうし…。
 今回のことが世界に及ぼす経済的な影響も心配だろうけれど、真っ二つに割れた国内の世論がさまざまな混乱を招くようなことにはならなければいいですね、本当に。

 よそのことばかりでなく日本もどーなるのだか。政治家のぐだぐだに振り回されず、もっと当事者意識持ってといろんな事を考えないとね。

The Clash Poster London Calling 24 by 36 by Poster Revolution [並行輸入品]

タグ : よのなか

10:08  |  ヒビつらつら

2016.06.21 (Tue)

よーわからんが

某フェスに政治を持ち込むなとかボイコットすべしうんたらとか。
たしかに頭っから説教臭いのは煙たいし、今年のそのメンツの発表時には
なにすんの??とは思ったけども
多かれ少なかれ過去のあそこのフェスに登壇した全部のアーティストが
政治的な主張から遠い人たちばかりではなかったように思うし
(清志郎にしたってどっちかといえば社会的/政治的意識を持ってる
アーティストの登場はむしろ多かったろう)
別に今年のメンツにそこまで目くじら立てることもないと思うのだが。
聞きたくないなら他のステージに移動すればいいだけだろうし
たまたま耳に入って違うと思ったらブーイングのひとつでも飛ばせばいい。
最初っから遮断することはない。

他人に対する無礼失礼を確信犯で人前で働いて
ですけどなにか?とかスカしてるいっちょまえぶったガキのほうが
よっぽど目にしてむかつくけど。
そんなヤカラこそボイコットすべしだべ(怒…∞)

ってのはおいといて

曲調がそうでなくなって世の中怒ってる歌なんて
洋報古今問わずいっくらでもあるだろに。

追記

↑とはいっても
このご意見には妙になっとく
何すんの、がすっきり。

タグ : 音楽わき道 よのなか

09:09  |  ヒビつらつら

2016.06.15 (Wed)

梅雨の晴れ間に



気持ちのいい朝だったので通勤途中に千鳥ヶ淵をお散歩


緑でリフレッシュ



14:48  |  お散歩  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.06.10 (Fri)

今年の芍薬

Holmegaard Floraの大きなサイズを入手したのは
なにより芍薬をきれいに飾りたいなあという
願望が念頭にあったのだけど
いつのまにか芍薬の季節もすぎつつあり
今年は一度しか飾れておらずちょっと残念。


でも今年入手したつぼみは全部完全に咲いてくれたので
結構長期間楽しめたのが満足


また来年のお楽しみ。


12:01  |  ヒビつらつら  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.06.08 (Wed)

グラノーラモーニング

最近はこんなのもあるのですねー
エクセルシオールカフェのモーニング

12:52  |  食べあるき  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.06.03 (Fri)

6月

 オバマさんが広島を訪れたり、象のはな子さんが天寿を全うしたり多くのことがあった5月末だったけれど、自分のほうはなんもかわりなく、「待ち人来ず」の心境でじりじりのまま。困りましたねえ、問い合わせても音沙汰ないし。自分らが必要な情報の時には勘弁してくれってくらい電話攻めにするくせにこれだもの。一件ようやく片付きそうな案件についてはあとはよそ様の御手にゆだねられるモノなので、すでにこちらでできることはないとは言えこれまたまだ気が抜けないし。いつのまにかこの時期にはいろんなことが被りすぎて負担が重くなっちゃったなあ、とため息ついてみる。まじで担当割り振りの見直しは必要だと思うわ。

 家から最寄りの駅にたどり着くまでの間と、駅を降りて職場までの通勤経路の間とそれぞれに1つずつツバメの巣があって毎年通勤の時はツバメが飛び交ったりヒナが育つ様子を観察するのを楽しみしていたのだけれど、今年はどちらにもツバメの姿を見かけない。家の近所の方は去年の巣がそのまま残っているだけ。職場近くの方はいつもだったらビル入り口のロビー側天井近くの柱に巣作りがしてあってその真下に停めてある車のボンネットにはいつもフンよけの新聞紙が敷いてあるのだけれどそんな様子はゼロ。もしかして巣を撤去しちゃったのかな。本当の理由はよく分からないけれど、とても寂しいことです。


追記

 ツバメたち、いました! 職場近くのいつものビル入り口ホールに、梁の背中合わせでなんと2つも巣があってせわしげに飛び回っていましたよ。もしかしたら最近まで卵を抱いていたのかな。真下には毎年おなじみの車が停めてあったけど、なんとか今年も巣立つまで無事に見守ってほしいものです。自宅近所の巣にもツバメ、帰ってきてきてほしいな。

09:29  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)
 | HOME |