2016年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.07.25 (Mon)

ごー・なう

 「Go Now」といったらわたしの頭の中では ♪ しんす・ゆーがったごー・ゆーべたー・ごー・なーう(Since you gotta go, oh you'd better go now)と続いとるのですが(←ムーディーブルースよ)、今どき検索かけるとスマッpの曲なんてのがあってそれが真っ先に来るんだけど、いったいどーゆーことよ?!…とぷりぷりするものの、最近評判のアイルランド映画『シング・ストリート』でもGo nowという別な曲が使われているんですね.

 さて、「ごー・なう」といったら、ここ数日はやっぱし、ぽけもんごー・なう。
 …って非常に強引な持っていき方ではありますが、日本で解禁になった先週の金曜日、風邪ひいて家で伏せっていたときにふと気晴らしにダウンロードしてみました、わたくしも。で、布団にいながらにして結構モンスターが捕まえられるので、「なーんだ、出かけなくても結構行けるじゃん」と思っていたわけです。
 でも自宅の近所にもいろんなものをゲットできるというスポットが割りと多くあるので、じゃあ少し元気になった買い物ついでに様子でも見に行ってみようか知らん、と表に出てみました。そしたらスマホをのぞき込みながら一心不乱に路上をさまよい歩く人また人の様子に、思いっきりどん引きました。なんかね、ほんとにゾンビみたい、ってか相当に気持ち悪かった。そんなわけで自分も用意して外に出た割りには気恥ずかしくて何もせずに引き換えしてきた初日だったわけでした。

 なので、家から表に出ない範囲でスポットをあれこれ見ていたんですけれど、これがなかなか楽しい。肝心のモンスターのほうはピカチューぐらいしか分からないけど、普段からぷらぷら歩いてる通り道や散歩道にある不思議オブジェが大きなものから小さなものまで写真入りで載っていて、「あ、ここ知ってる!」って場所がちらほら。考えてみればそんな小さな路肩のものまでGPSで認識されちゃうってのもちょっと不気味な気もしますけれど、でもお散歩ごころをそそられた。
 そんなわけで、2度目は昨日の出勤がてら職場周りをチェックしてみたんだけど、やっぱりモンスターゲットよりもスポット巡りというか発見が楽しいわたし。本筋とはちょっと違うんだろうけど、ちょっと「ゴー」を楽しんでおりました。まあ、表歩いてると不気味っぽい人々もたくさんいるけど、親子、といってもお父さんと小学校の僕ちゃんお嬢ちゃんや、小学校の高学年ぐらいのそろそろお父さんとはそりが合わなくなってきそうな微妙な年頃の女の子とか一緒にモンスターハントしてるのをみてると、悪いことばかりじゃないのではないかとも思ったり。 

 猪突猛進の歩きスマホや、車や自転車乗ったままゲームするなんてのは論外だし、勝手にお店やら他人の敷地内にずかずか入り込んだり写真撮りまくるくなんていうのも当人の神経を疑うけども、もしいろんな問題を受けてアプリがバーションアップされるなら、モンスターが出るときだけでなくスポット以内何メートルとかそういうときにもバイブでお知らせのような機能はぜひつけてほしいものです。



わたしのGo Nowはこれっすね
Wingsのバージョン

タグ : よのなか ガジェット

17:56  |  music  |  コメント(0)

2016.07.18 (Mon)

今週のつぶやき 262

 7月も半ばを過ぎ、そろそろ世間も夏休み。個人的にも今年はちゃんと帰省できるようなまともな休みはとる予定なのだけど、その前にあれこれ立ちはだかる高い壁が。でもなんとか休日をニンジンにのりきるど。って戻って来たら秋モード突入なんだけど。一年が早いー。

 ニースのテロ、トルコのクーデター未遂事件も衝撃的だけど、アメリカの相次ぐ銃の事件が悲しいし情けない。未だ人種問題で同国人の中で殺し合うって正直言ってシビライズドされた人のやることとは思えない。アメリカの文化も,パワフルな人々の間の推進力のようなものも考え方も影響されたりいいなと思うところはたくさんあるけれど、未だ続く人種間の問題や銃を持つ権利みたいな不寛容や傲慢さみたいなはき違えた自由だけは理解できない。
いろんな形はあれど「はき違えた自由」ってあまりに世界に横行しすぎてると思う。
もちろん日本にも。

What's Going on [12 inch Analog]

あれこれの事件が起きる度に頭の中でぐるぐると。

タグ : よのなか

09:46  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2016.07.04 (Mon)

ネコさんと花瓶


久しぶりに密林以外の外国からのお買い物。

リサ・ラーソンの花瓶と丸ネコさん。

この子は顔が白っぽくないのだけど
どことなくうちのネコさんっぽいところが気に入って。

色味がいいなあと思った花瓶。


19:30  |  気になるブツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.07.03 (Sun)

今日の朝ごはん


ひだパンのキュウリトースト。

ちなみに昨日は

やっぱりキュウリ。
キュウリがふにゃっと柔らかめになってきたので2連続となりましたが
でも野菜たくさん摂れると言えば摂れるし。
ちなみに昨日の小鉢。スライスチーズの下にはじゃがバター。
とろけるつもりがとろけなかった。。


16:29  |  家ごはん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.07.03 (Sun)

今週のつぶやき261

 7月最初の週末は出勤も持ち帰りもなくのんびり。くちゃくちゃの家の中を掃除して見てはいけないものを発見したり,夏物いっきに洗濯したり。近場のコンビニにアイス買いに行く以外は家ごもり。昨夜は今年初の熱帯夜なんてニュースで言ってたけれど、そのせいか寝付きが悪く変な夢を見たり、朝もはよから目が覚めてしまったけど、まあその分EUROもリアルタイムで見られたからいいか。

 さて、この部屋に越してきて6回目の夏。窓を開ければそれなりに風通しもあるので、熱帯夜は暑いとはいえ夏場がめったくそ憂うつというほど、そうひどすぎはしないのだけれど、窓を開けると風ばかりでなく近隣の音も聞こえてくる。ここの200メートルぐらい先に小学校があるけど周りは住宅地でまあ静かなほう。その分、斜め前の家のお母さんが子どもを叱ってる声が、たぶんあちらも夏場は窓開けてるためかかなりはっきり聞こえちゃう。
 越してきたばかりの5,6年前はそこんちの子たちもまだ幼稚園とか小学校の低学年ぐらいで「**してよ、ダメでしょうー?!」とか言われると刃向かって「いやーだ!」みたいな応酬を何度か続けて最後にはうわーん!!で終わってた、ほとんど毎週末。我々そんな一般家庭の夕飯時間帯に家にいるなんてあまりないけども、四六時中って大げさかも知れないけど結構な頻度で小言いってるらしき声が聞こえてきて,その度に「あのお母さんキッツイよねー」とひそひそしていたんである。剣幕がすごい、とかじゃなくてなんか角があるってかねっちり嫌な感じ。子ども相手にああいう言いしなくても、みたいな。
 で、子どもちゃんが大きくなるのに伴い小言のあとの「うわーん」って泣き声は減っていったけど、内容聞こえなくても何かしら会話の語気で「またお母さん怒ってるよ」ってのは時折聞こえていた。それで先日ひっさびさにちゃんと聞こえてきたのは、「あなた****とでも思ってるわけ?鏡見てご覧なさいよ、まったく*****」って…もしもしあなたシンデレラの継母ですか?みたいな陰険嫌みMAXな小言。しかも結構マジっていうかヤな感じ&罵倒度が増していて、あんな言い方されたらあたしならグレるで?というようなね。
 怒ってる声が聞こえるなら楽しそうに笑ってる声だって聞こえてきてもよさそうだけど、今まで笑い声ってあんまり聞こえてきたことないと思うよ、あそこんちから。まあ、それでもご家族幸せならばそれでよいのですけれども。

 なんていってて、うちもPちが毎晩うるさいんで、「あそこんちのネコ、また今日もあんなに鳴いてるよ、おっかしんじゃね?」とか「動物虐待じゃね?」とか言われてるかもしれないけどさ。だったら心外だけど…ってあのお母さんも思うだろーか?
でも、今も聞こえてるんだよね、「どうして***なの、***してよ」と怒ってる調子が。

タグ : Life

13:19  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2016.07.01 (Fri)

(チョウジュウ)GIGA

今日から7月。
今年の夏は酷暑の予報だけど何とかばてずに過ごしたいものですね。



さて、ガチャガチャはたまにするんですけれど
家の近所に見つけたこれ

giga1.jpg

鳥獣戯画がちゃがちゃ。
なんかミョーにリアルでかわいいんだかかわいくないんだか分かんないけど
兔くんが当たったのはうれhしかった。
とはいえ、とりだしてみると…

giga2.jpg

全身像がビミョー…
リアルも考えものですなあ

コップのふちこさんみたいなものなんでしょうし、ある程度の微妙な手つきは
しょうがないとはいえ、ちょっとアヤしい

giga3.jpg

ねえ。

16:03  |  気になるブツ  |  コメント(0)

2016.07.01 (Fri)

7月

早いもので今年も後半。
くれぐれも仕事にばかりかまけないようにとこころがけ。
レンズ豆のサラダにプチトマトとミモレットを散らして
元気に行きましょー、おー


15:50  |  家ごはん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |