FC2ブログ

Archive: 2019年01月  1/1

1月に読んだ本

No image

1月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:2180ナイス数:0贅沢貧乏のお洒落帖 (ちくま文庫)読了日:01月31日 著者:森 茉莉奥のほそ道読了日:01月27日 著者:リチャード・フラナガンベルリンに一人死す読了日:01月23日 著者:ハンス・ファラダアラビアのロレンス (岩波新書 赤版 73)読了日:01月16日 著者:中野 好夫オンブレ (新潮文庫)読了日:01月11日 著者:エルモア レナード姉・米原万里 (文春文庫)読了日:01月0...

  • -
  • -

定例のボヤキ

No image

開き直りで垂れ流す罵詈雑言をその人の苦しいやら辛いやらの免罪符だとでも思ってんじゃないの?ってみえる人がいる。にはならないと思う。そんなのわざわざ書いて他人の同意がもらえればそれで本人満たされるものはあるのかもしれないけど目にする人はそういう人ばかりじゃない。過去になにがあってそういう生活選んだかは知らないけれど、その人のくぐり抜けて辛酸なめたらしい環境が悪いのか?と言いたくなるわけですよ。不愉快...

  • -
  • -

ばたばたと

No image

 仕事はまだ閑散期といっていいこの時期なのでよいのだけれど、実家マターの方があれからバタバタしている。母の状態があまりよろしくなく、というかぶっちゃけ悪化。具合が悪い、もやもやする、気力はあっても動けないなどたびたびの訴えがあるので、週に何度か妹やいとこの手を借りて病院にでかけているものの、実際の検査値には表れず、原因が身体にあるのかメンタルにあるのかお医者にもよくわからない様子。友人知人の身内に...

  • -
  • -

10ccのライブ

 今年最初のライブはビルボードライブへ10ccを聴きにいった。10ccは初めて観る。…とはいってもエリック・スチュワートはもずいぶん前に脱退しているのでオリジナルのメンバーはグレアム・グールドマンだけだけど、ドラム&ギターは往年のツアーメンバーってことでコーラスなんかも昔のままでした。ヒット曲をわりとたくさんやってくれたし、ステージでお客を盛り上げたりする様子も楽しかったし、もちろん観客も盛り上がってました...

  • -
  • -

落ち着かない1週間

No image

 先週の土曜に叔父が亡くなり、連休中の月曜には葬儀ということで妹と何年も会っていなかった従弟が盛岡から参列にやってきた。たまたま連休中でよかったとは思うけれど、そんな3日間のうちに主だった1式が済むとは思っていなかったので、家族葬タイプってこんなに簡略に済むものなのかとびっくり。そのあと「せっかくだからみんなで食事しよう」と叔母が中華街のお店を予約してくれたのだけど、なんと叔父の骨壺を葬儀場から渡さ...

  • -
  • -

母方の受難

No image

 昨日、母が慌てて電話してきた。ここのところ毎日のように電話があったりこちらからもしたりしているけれどただならぬ様子。きけば母の長弟である横浜の叔父が緊急入院して危ないと叔母から連絡があったのだとか。どこの病院に入院したか聞いたのかと問えば慌てて聞きそびれたのか黙り込んでしまったので、こちらで調べることに。とはいってもそんな事態なのに叔母に電話をしてもおそらく捕まらないだろうと思ったので、もう1人...

  • -
  • -

休み足りず

No image

正月休みも終わり、今日から通常モード。憂うつ。 ほんの数日とはいえ年末年始いなかった東京の部屋は、バスルーム掃除はおとーさんの仕事と認識しているらしく同居人が済ませていたものの、その他はほぼ手つかず。今朝の初のゴミ出しでは結構放出したはずなのになぜなのだ…。今年はあれこれと節約mustもあるのでものを買わずに、多すぎる数々の家のものを効率よく断捨離することを目指そう。 この休みの間によかったといえばネコ...

  • -
  • -

新年早々

No image

 まだ年明けから1週間も経っていないというのに仕事の新年会というか前年の打ち上げ会を夜ブッキングされたので今日は出動。とはいっても、がっつり職場に出ていって何か始めるとすぐには終わらないこと多数なので、夕方からしか行かないつもり。 毎年言ってるけれど、今年は出来るだけ無理は避けてストレスため込まないような働き方をしたい。あとは「これって…」と思ったら自分のその嗅覚を信じてまずしかるべき所でウラをとれ...

  • -
  • -

古いヤツだとお思いでしょうが

No image

正面切ってやり合わなくとも受け入れがたいものはノーサンキュー。誰だってそうだろう悩んでばかりもいられないけれど小さくて確実な幸いを求めるのが今年の目標。...

  • -
  • -

新年に

No image

 年末は30日に帰省し2泊3日して東京戻りというあたふたした新年の幕開け。家族とあれこれ話をしなければいけなかったことも時間切れ。というより、たぶん即座に結論は出せないことばかりなのでなにも変わらず。とりあえず状況は結構深刻、という様は目の当たりにしてきて、あまり余計な事にのほほんとかまけている時間はなさそうだということだけは認識できた。うーむ。 と、年明け早々にぼーっとしてたからってわけではないのだ...

  • -
  • -