FC2ブログ

こころをぷちうしない中

 なんだか慌ただしいこのごろです。自分でなにかの仕事をしてるってわけでもないのに1日中メール書いて、あせあせとテープコピーして、ものをパッキングしての繰りかえし。ほよよ。

 そんなわけで記事を書いているわけでもなけりゃ(いちおう)カテゴリー登録してる音楽ネタを書いてるわけでもないのに、ちょっと前から管理画面に登場した「ランキング確認」みたいなやつではアクセスがちょっと上がっているようでありました。なして? すいませんねー、せっかく来ていただいたのに最近は音楽ネタはおろかグチが多くって。身体が空いたらどーにかします。

 なんてこと書いてまた音楽じゃなくてグチネタですが、正直いってほんとに今期の仕事の中身はおいしい。自分がお客の立場なら絶対お金払って観に行ってるであろうブツばかりなんだけど、そんなシロモノがここに回ってきているということはほんとに、裏を返せば危機的な状況だと日に日に思いが強まるばかりで、非常に複雑な心境なんです。
 もちろん、これまで未公開の新作の仕事をしてそれが無事に配給会社がついて公開されたり日の目を見るケースは今年も待機してるものを含めて何本かあるけれど、でも今の全貌は、いずれ発表されたならギョッとすると思うよ。自分があっち側の人間だった時代とはまるでそのブツの位置が違うんだもん。ってか、その状況を憂うことをしなければホントに業界はマズイと思う。見られる機会がないよりゃまし、じゃなくてもっと、コミュニティシネマじゃないけど、きちんと考えていかないと、文化じゃなくて単なる娯楽になっちゃうと思う。映画の管轄が元の通産省であることを考えれば娯楽でオッケーなのかもしれないが、それではその辺の映画館が全部テレビの拡大版になるだけですぜ。それで困る人は多くないのかもしれないが。
 なんてことをまたカテを無視して、こんな小さなスペースでごく一部にしか分からないグチを書き連ねてもどうしようもないんだけどもね。
関連記事

0コメント

コメント投稿