FC2ブログ

山海塾をみる

 世田谷パブリックシアターで開催している山海塾の「金柑少年」をみにいった。
金柑少年はたぶん伝説のパフォーマンスに入るのではないかと思うけれど期待どおり。山海塾の出し物で自分がみているのはここ5、6作かと思いますが、スタイルが近いけれど微妙に違う気もするし、音楽の使い方も既存のマイルス・デイビスとか使ってあったりしてそこは違うと思った。今回はリクリエーション版ということで4つのソロパートは天児さんではなく若手にそれぞれ振り分けてあったのだけれど、舞台後のトークでもいってたみたいに、あれは独りで踊るのは大変。豆太郎パートの後に1つおいて逆さづりグルグルはさすがキツいだろうな。しかしあの豆太郎ダンスはすごく美しかった。あとなんといってもクジャク。抱えられて出てきた時に作り物かしらと思ったんだけど、よく見たら頭がキロキロ動いてるしあれはホントに舞台その都度都度の緊張感ありますよねー、何てったって生ものだもの。昨日は一旦舞台袖に隠れてしまったら、また舞台に放り込まれたと思ったら、いきなりバサバサと飛んで吊してあるアクリルの「金柑環」に止まったのは偶然なのか、それとも慣らしてあるのかそのときは分からなかったけれど感動した。天児さんと音楽の吉川さんのポストトークの話に出たのですが、クジャクがあのアクリルに止まったのはオリジナルの時も含めてこの日が初めてだったんだそう。そんな舞台に居合わせられてよかった。ちなみにクジャク君はステージ終わるまでアクリルに止まり続け、そのあとトークの準備をしている時、スタッフが捕まえようとしたら客席に逃げてきました^^ 今回は新作が結局見られなくて残念。ルネこだいら、行きたいな。

関連記事