2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.05.23 (Sun)

今週のつぶやき19

予報どおりの雨の日曜日

・週半ばに目を留めたニュースの見出し。トピックになるような話題なんでしょうか。これ
>けっこう“勇敢”な女性が多いことがわかった。

すっぴんで外出することって世間的にはそんな「勇敢」よばわりされるようなことなんすか?

・音信不通→むっとしてるのを隠しながらさりげなくせかす→「いただいためーるがとどいておりませんでした」&詫びなし
=すっとぼけの常套パターン。少しでもせかしちゃ悪いかなんて迷ったことを後悔し自分にムカツク。なぜこうもグズな人々はみんなおんなじ手を使ってくるんでしょう。

・今週(というか先週だけど)は美術館2館と映画2本にでかけた。いかに仕事が余裕かというか、上記のような理由でちっともはかどってないだけなんだけど。
 根津美術館の燕子花図屏風は駆け込みの鑑賞で平日の午後遅めだったのにすごい人。屏風の前に連なって見るよりもさる番組で紹介してたように少し遠めで、屏風の前の人々も全体の構図に入れてみるのが趣あってよいと思う。近くで観察するなら人が少ないときにじっくりしてみたいけど、なかなかそういうわけにはいかないんでしょうねえ。国宝級になると。
 根津美術館は照明の当てかたがちょっと暗いんだけど、あれぐらいでちょうどよかった。もっとも絵画の展示と大判の屏風やら置物の展示の仕方は違うんだろうけれど、先日の平塚はちょっと照明が強すぎて額のガラスに光が反射してたのがもったいないと思ったので。
 映画はまず『アリス・イン・ワンダーランド』。これは、劇場にもよるのかもしれないけど、2Dで観たほうがよかったんじゃないかとちょっと後悔。3Dのめがねかけて画面見るとずいぶん暗くなるので、あの英国庭園やら景色が全部くすんで見えるんだもの。
 あと午前十時の映画祭で『薔薇の名前』を再見。あの中世のダークな禍々しい雰囲気が非常によい。たしか原作本を持ってたはずなんだけどどこいったかな。しかし先日CSで放送されていた『スタンド・バイ・ミー』のリバーも、これのクリスチャン・スレーターもかわいいよなあとしみじみ。将来を嘱望されてた若手だったよなあといまさらながら惜しい。クリスチャンはいまどうしているんだろう。

・インテルCL優勝はめでたい。セリエのチームが振るわなくなって久しかったし、40何年ぶりなんてそれだけでまずは応援するだろう。きっとジャンルカ富樫さんも遠い空の向こうでお喜びのことでしょう。モウリーニョはやっぱりたいしたもんだよな。

口蹄疫、早く収まりますように。

関連記事
23:38  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |