FC2ブログ

YEAH! / Def Leppard

Yeah!

1. 20th Century Boy (T.Rex)
2. Rock On (David Essex )
3. Hanging On The Telephone(The Nerves-1977,Blondie-1978)
4. Waterloo Sunset (The Kinks)
5. Hell Raiser (Sweet)
6. 10538 Overture (Electric Light Orchestra)
7. Street Life(Roxy Music)
8. Drive-In Saturday (David Bowie)
9. Little Bit Of Love (Free)
10.The Golden Age Of Rock & Roll (Mott the Hoople)
11. No Matter What (Badfinger)
12. He's Gonna Step On You Again (John Kongos)
13. Don't Believe A Word (Thin Lizzy)
14. Stay With Me (Faces)
**邦盤ボーナストラック**
15. American Girl アメリカン・ガール (Tom Petty & The Heartbreakers) 
16. Search And Destroy (Iggy Pop)

 全然前のエントリーから脱線してるようにみえるんですが、実は「ジョブライアス」のアルバムが届きましてライナーを読んでいたら、デフ・レパードもカバーして云々の一文があったのでひょっとして入ってたっけ?と。アルバムをチェックしてみたらこれには入っていなかったんですが、以前にクイーンズライクのところでも触れたことだしこういうイベントアルバムというかカバー集は嫌いじゃないので紹介。発売は去年~なんて前回書いてしまいましたが2006年のリリースです。
 一応ハードロック/メタル系らへんに分類されるデフレパですけども、結構ステキなカバー曲集だと思いませんか? メンバーが若い頃に聴いてた曲を持ち寄ってやってみたとのことで、2,12のオリジナルのアーチストは自分は聞いたことないんですけれども守備範囲の広さに感心。一応そのほか聴いたことのある曲に関してはオリジナル風味を活かしつつもらしさを感じられるアレンジにはなっているように思います。1はめちゃかっこよく、また14はジョーではなくてフィルが歌っているんですけどハスキーな感じが非常によいです。そういやまだガール在籍時の彼は、当時のヒョウ柄シャツ&ぴったりタイツで髪の毛立ててたロッドにちと近いものが…なんてMLとか書かれてたことありませんでしたっけ。
しかし邦盤タイトルは「イエーイ」って…いらないじゃんね。
 ちなみにスタジオ盤の新作は『Songs from the Sparkle Lounge』というタイトルで、この3月に発売の予定と最近アナウンスがあったようです。
関連記事

2コメント

ルドルフ  

このアルバム、よそ様のブログで紹介されているのを見てからずっと手に入れようと思っていていまに至る。つまりまだ聴いてません(汗)。でも、この選曲は魅力的だというのは、よくわかりますです、ハイ。

> そういやまだガール在籍時の彼は、当時のヒョウ柄シャツ&ぴったりタイツで髪の毛立ててたロッドにちと近いものが…なんてMLとか書かれてたことありませんでしたっけ。

1stアルバム「シアー・グリード」でしたっけ? 確かに、その頃はそんな感じでしたよね。ほくろの位置とかも同じで。ちなみに私、ガールの中古CD探しています。なかなかないんだな~これが!

2008/01/31 (Thu) 22:30 | EDIT | REPLY |   

mako  

No title

ルドルフさん♪

いらっしゃいませ&コメントありがとうございますー!
あんまり売り上げは芳しくなかったらしいと聞きますが、やはりお詳しい方々の間では話題になっていたアルバムだったのですね、これ。わたしはたまたま去年見かけてほー!と手にしたのですけれど、選曲には改めてメンバーたちのイギリス人ロック青年っぷりというかルーツを感じさせられたというか、おいしいラインナップですよね。

エントリーした後でガールも久しぶりに聴きたくなりました。そうそうアルバムは『シアー・グリード』でシングルカットされたのが『ハリウッド・ティーズ』でしたよね。やっぱあれくらいの年代に出たバンドだとCD探すのは結構難しいんでしょうか。わたしも探ってみますです。

2008/01/31 (Thu) 23:28 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿