FC2ブログ

ジョブライアス2枚

job1

「謎のジョブライアス」

job2

「頽廃の街角」

 前の前のエントリーで触れたアメリカン・グラムの落とし子ジョブライアスのアルバム2枚を聴きました。なるほど映画『ベルベット・ゴールドマイン』でパクられてたのは1stのジャケですね。曲のほうはというと、1stの前半はもろジギーです。そのころの本家ジギーはほぼ封印に向かっていたんじゃ?と思うのでまだお別れしたくなかったファンには受け入れやすかったのかもですね。逆に反発憶える人もいたかもですが。ただ単なるコピーではなくてなんか違うかも、と思うのはライナーにもあったけどやっぱり後半から。ジョブライアス自身はこのデビュー前にミュージカルのオーディションを受けたりしていたこともある人だそうですが、そんなシアトリカルな歌唱法というか舞台が浮かんでくるような声音がなんとも魅力的でした。なんとなくウテ・レンパーとかヨーロッパ的なにほいを感じたり。そんな路線で活動続けていたらもっとおもしろかったんじゃないかなと思いました。
関連記事

2コメント

令子  

こんばんは

貴婦人たちのROCKの令子です。
こんばんは!
このアルバム覚えています。
ちょっと前に紙ジャケになって驚きましたが・・・出で立ちに似合わず、結構ファンキーなのりだったような・・・
確か、ジョブライアスはお亡くなりになったようですね・・・残念です。
mako様!また伺いますね!
今後ともよろしくお願い致します。

猫ちゃんのうしろ姿・・・可愛いですね!

2008/03/28 (Fri) 22:03 | EDIT | REPLY |   

mako  

令子さん♪

こんばんは!ご訪問&コメントをありがとうございました。うれしいです~。故・愛猫もお褒めいただきありがとうございます。ネタも音楽以外に節操ないこんなブログですが、こちらこそよろしくお願いいたします。

ジョブライアスさんは実はわたし、現役活動時は存じ上げずに、まるっきり映画の元ネタつながりで知ったという体たらくでございます。ポリポリ。モリッシーが一押しだったアーチストだったんですね。アルバムは2枚ともグラムかつりショー的なエンターテインっぽくて奥が深いスルメのようで気に入ってます。

2008/03/29 (Sat) 00:55 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿