FC2ブログ

Sgt.ぺっぱー

 なんとなくビートルズが聴きたくなって、出勤がてら『サージェント・ペッパー~』を聴きながら職場まで来たんだけども、いつも『サージェント~』で思い出すのはメグ・ライアンとヒュー・ジャックマンがでていた『ニューヨークの恋人』だったりする。
 別に映画の中に使われてたとかではなくて(テーマ曲はスティングの「Until」だった)劇中のセリフでタイムスリップしてきたヒューことレオポルトのコスプレを不審がるメグ扮するケイトが、レオポルトに向かって「あなたはサージェント・ペッパーのつもりよねえ?」と言葉をかける場面、それだけでもははは…と笑えるわけですが、それより忘れられないのが、さる映画の情報番組のその場面でついていた字幕。それは
「あなたはペッパー警部?」
…爆笑しましたねー。翻訳者さんの頭の中ではビートルズよりもピンクレディが踊りまくってたんでしょうか。もちろん公開された劇場用とかDVDの字幕は「警部」ではなかったはず。ってそんな訳つけたら何を言われるやら。「警部」はInspectorとかコロンボなんかはLieutenantと呼ばれてるし、でもLieutenantもsergeantも警部補なので目くじら立てなくてもいいのかもだけど、厳密にはやっぱりちょっと違うだろうな。でも座布団5枚ぐらいあげたいほど、おもしろかったので今でも覚えてる次第。
→予告編→ 50秒あたりのセリフ
ちっともビートルズの話じゃなくって失礼。

関連記事

0コメント

コメント投稿