FC2ブログ

今週のつぶやき4

 いや、まず、代表アジアカップ優勝めでたい! 毎度ハラハラ&キリキリし通しの試合ばかりだったけど、劣勢ひっくり返しての勝利はすごいやね。ふぅ…心臓によくないといいつつもだからこそよりうれしい。正直、自分は黄金世代のあとの日本サッカー界って暗黒時代に突入するんじゃないかと思ってた。そんな自分の間違いと、着実に一つずつ実になっている感がうれしいですね。とはいっても、ジーコのときだってアジアカップは制したわけだから、このあと万事オーライというわけにはいかないのは当然のこと。満足することなく精進してほしいものですね。Jの季節がやってくるのが楽しみ。

 週末はピーター・バラカンさんと池田香代子さんのトークショー目当てで『ソウル・キッチン』を再見に出かけたり、弥太郎美術館もとい三菱一号美術館にレンバッハ展を観に行ったりちょっとドイツ系イベント盛りだくさんでした。これで紀伊国屋にドイツパンでも買いに行けてたらよかったのに(?)。
 ピーターさんと池田さんのトークではトルコ系の監督が撮ったギリシャ系移民の兄弟が主人公ということで映画の舞台ハンブルクというかドイツの移民事情の話やら、もちろん劇中にふんだんに使われているイカした音楽にピーターさんがいたく感激してその趣味の良さなどが語られ、個人的にはそっちの話をもうちょっとたくさん聞きたいところだったけど、出かけたよかったです。移民の話に関しては、先日今の時期がちょうど春節前のお休みだからなのか平日の渋谷周りのアジア系観光客の多さにギョッとした話を職場でしてたばかりだったので、んーと思うところがなかったわけではないけれど、移民と観光客の問題はまた別ものだし。それはまた別の機会にでも。

 レンバッハ展は展示最後の週末ということで、いつものそういった展覧会に比べればそうでもなかったかもしれないけれど、混み合ってた。レンバッハはミュンヘンで何度か足を運んだお気に入りの美術館だったので展覧会そのものの開催がうれしくて懐かしかったし、フランツ・マルクのトラさんや「幸せの黄色い牛」に東京で再会できたことが非常に満足。美術館の展示も額縁に写りこむライトの光がそんなに気にならないところが気に入りました。かなり絵に近づいてみられるし。すてきなカフェもよろしくまた来たい美術館。
 
関連記事

0コメント

コメント投稿