2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.07.05 (Tue)

人として

って、金八先生の2シーズン目だったっけ。
そういえば金八先生も福岡だな。

えとですね、辞任されたかたですが
震災直後からご本人は被災者の立場に寄り添ってたつもりかしれません。
被災の県と同じ立ち位置でフランクに語り合おうとしたから
ああいう口調になったのかもしれません。
 端から見ればどうみても高圧的ですけどね。
ご本人はご出身の土地柄やら血液型とかを仮にも一応公式な
囲み会見で理由にあげたそうですけれども、
言葉遣いやらなんやらを、公人たるもの乙女雑誌の占いのような
わけのわからんものにかこつけた理由で、
いかにもポーズったらしくマスコミの前でぶってみたところで
自分の真意が伝わるとでも思ったんでしょうか。
そう思っていたとしたなら、限りなく愚かな人だと思います。
 マスコミが今さら晒し者にして、みたいな発言も今日になって見かけますが
 報道されないところでならああいう態度が許されるとでも?
 基本的にいち政治家、というかいい還暦のオトナが対人で口にする
 発言とは到底思えないけどね。

しかも、自分の非を認めない発言をしていながら翌日には撤回→辞任。
そんな展開になることが最初から予測できなかったんでしょうか。
ただでさえ批判渦巻く政権にあって、自分に与えられていた役割を
見栄だかなんだかわからん言動で不意にしたことにはかわりない。
愚かにもほどがある。
無念だ何だとか弁解させる必要もないでしょう。
ほかにも都の長やらむかつくヤツはいるけれど
このひとに限っては、言語道断。
このまま被災地に寄り添い続けるというなら、ぜひ文字どおり
身体を張るなり、豊富だというご自分の活動資金を使うなどして
態度で示してみろよ。とフランクにメッセージをお伝えしたい。

これ以上、バカな政治家はいりません。
この国が、自分が票を入れたこともないアホな政治家どものせいで
どこまでも理不尽でサイテーな国に成り下がるのを見続けるのは
あまりに屈辱すぎるというものだ。

**

ちょっと、頭来てるので、申し訳ないんだけどもjust one more thing。
人として。
あれだけ、多くの人が助けてほしいといったのに
原発20キロ圏内の家畜はいまだ餓死or殺処分
保証金は出すんだから安楽死、という国のスタンスは崩れていない模様です。
菅さんが書類で命令したまんま。
なぜ生きているものを助け出せないか。
放射能を浴びるなり降り注いだ牧草を食べてしまって
食用に適さないと見なされた肉牛や乳牛、ブタは、
イコール生きる汚染瓦礫、という見解なんでしょう。
だからどこにも移動させられないし、持ち出せない。

先日、職場で同僚と話したこと。
汚染された家畜を外に出すなんてもってのほかだそうです。
口蹄疫だって、鳥インフルだって全部殺処分されたのに
なんで放射能にまみれたウシをわざわざ助けなきゃならんのかと。
ただでさえ、警戒区域指定前の駆け込みで競りに出された汚染ウシが
全国に出回って人の口に入ってるかもしれないのに、と。
放射能に汚染された牛肉と口蹄疫の牛肉だされたら
迷わず自分は口蹄疫の肉を食う、と。
ゼッタイ食えよ、あんた。向こうは伝染病だぜ、バカ。

酪農家の人のことを考えて一生懸命汗をかいている
偉い人も少なからずいるけれど、
結局下々からお上まで我々ニッポンジンにとって、
人以外の生き物の命は価値ある対象じゃないということが
あきれるほど分かりました。
人でさえ対応遅すぎるのに、対ほかの動物なんてもう問題外
というか考えることすらおかしいんでしょう、フツーには。
そういうことしてると、しっぺ返し食いますよ
すでに、遅いかもしれませんけれどね。

鬼畜の所業以外のなにものでもない家畜への仕打ち。
http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/62962176.html
こんなところに、警戒解除された農家の人は帰ってくるんですよ?
「がんばろうニッポン」「ひとりじゃない」?
いったい、誰が、どうしてくれる
関連記事

タグ : 震災

16:59  |  ヒビつらつら
 | HOME |