2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.02.03 (Fri)

愛と悲しみの恵方巻(今週のつぶやき50)

…なんていったものの、タイトルに全く意味はなくてただ単に今日が節分だったから。
ネタにふさわしきブラックなタイトルも朝には浮かんだけれど、このところ物忘れがとみに激しくこれまた忘れてしまった。ま、それだけたわいもないことだったってことで。
 しかし、恵方巻といえばコンビニ業界が仕掛けたんだか事の起こりはよく知らないけれども、いつのまにやらすっかり全国区になったもんですな。自分が最初に聞いたのは元職にて当時の若い女の子/現スイスのマダムから「関西の方では節分になるとある一定方向を向いて太巻き食べる風習があるんだそうですよー」なんて話を聞いて「んなオマヌケな風習があるわけねーじゃん!!!」と某お宅のMさんらとゲーラゲラ大笑いしたのが事の発端ではありましたが、今じゃ毎年変わり種太巻きあれこれ食ってますからね。あの時笑っちゃってごめんね、マダムギュー。だけど、未だに南南西だか北北西とかの方角向いてかぶりつくなんて、お下品なことはしてないけども。オホ。

 さて、
 年末からまわりで病人ぞろぞろケースが頻発してなんなのさって感じなんですけども、今週になって突然同居人が水疱瘡になりました。そうそう考えていたタイトルは「ツレがみずぼーそーになりまして」だ。なんのひねりもないですね、はい。
 最初、目元にぽちっとなんかできてるんじゃね?なんていってたのが月曜で、仕事から帰ってきて疲れたからちょっと横になったら寝ちゃって食欲もあんまりないーといってたのが火曜。で、一昨日の水曜、帰宅して家のドアを開けたら暖房はガンガン効いているのに部屋は真っ暗、隣のほとんど物置がわりの小部屋のランプが地味に付いてるというただならぬ雰囲気に「なにしてんの?」とのぞいてみたら……布団から顔出すなりあばたー、もとい赤い点々まだらな同居人。水疱瘡か風疹かしらと即思ったけどどっちにしたってこりゃマズいべと、マフラーぐるぐる巻きにして近所の夜間開いてる病院に連れてった。応急処置で解熱剤もらって、翌朝もう1回同じ病院(地域の総合病院みたいなところ)にいったらば、今日は専門医が休診日なのでよそでみてもらって下さい、と皮膚科を紹介されて「なんで??」と半信半疑で出かけたらやっぱり水疱瘡との診断だったとのこと。皮膚科の分類になるんだねえ。自分もそうだったろうか?
 とりあえずわたしは水疱瘡、はしか、おたふくかぜのセットは小学校の頃に済ませたはずなので、いくら大昔とはいえ多少なりとも免疫は残ってるのかピンピンしてて普通におさんどんも出勤もし、ネコにも伝染しないらしいからぺちも(ここんとこ寒くてくしゃみぷしゅぷしゅしてるとはいえ)大丈夫だろうけども、予防注射も何も全く対策してこなかった本人は当然のようにしんどそうです。薬は強力な専門特効薬(←保険がきかないからすごい高い…)をだしてもらってそれなりに効いてるようではあるけれど、解熱剤が切れるとガクガクものの寒気で眠れないやら、そろそろ痒みも来てるらしい。大人の水疱瘡は重いっていうけど、本当なんだなあと治療半ばで思う次第。
まだやってない人はワクチンとか打っといたほうがいいですよ、マジで。

関連記事

タグ : Life おからだ

15:24  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |