2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.02.14 (Tue)

今週のつぶやき51

 遠出が続いたりして週末をすっ飛ばしてしまった。ついこないだ恵方巻とか書いてたのに本日はチョコレートの日。うちの職場の男子は某仕事先のバレンタインぱーちぃにお呼ばれですよ。なんかずるー。ちっともそんなイメージにそぐわないのにぃ。ここの職場では全くそういう習慣がないんで華麗にスルーしておりますが、ここのところもらい物が多いのでおやつには不自由がありません。むふ。

 さて、うちの同居人の水疱瘡はおかげさまですっかり落ち着きました。皮膚科の診断が下りたその日の晩と翌日は大層しんどかったようですが、ピークの後はわりとあっという間に収束。もらった特効薬の切れるちょうど一週間目の診療で水疱につける塗り薬が処方されたんだけど(…お医者が出すの忘れていたらしい)、痒みもそんなにひどくないし外から見える場所のぽちぽちはほとんど落ち着いてきたので特に薬を激しく塗ることもなさそう。隔離部屋から追い出されていたPちも行き来できるようになりました。めでたしめでたし。
 そんな回復具合もあったし、あとは仕事がこの先がっつり忙しくなりそうで時間もとれそうにないので、先週末は父の顔を見に盛岡に戻ってきました。マジサムカッタ。でもまあ、こちらも本人覚えてないだろうけれど「また戻る」っていう約束は果たせたし、おかげさまで予後もよさそうな感じだったのでひと安心。次に帰るのは早くて連休のあたりかな、年末から結構散財つづきでこっちの懐が極寒なので。

 そんな帰省中に知ったホイットニー・ヒューストンの訃報にはただ驚いた。亡くなる前にホテルで奇行とか金銭的に苦しかったなんて話を聞く以前に、なんだかとても哀れに思いました。同列で語れるかどうかはわからないけれどマイケル・ジャクソンが亡くなったときと同じような感情を抱かずにはいられなかったです。どっちかといえばホイットニーの方が自滅色濃いのかもしれないけれど、天賦の才能だけではどうにもならないもんなんだなあという悲しさを感じたというか。
 その全盛期には黙っていても彼女のヒット曲は耳に入ってきたし、ちゃんと聴いてたわけではないけれど、2009年のアルバムは結構気に入って聴いていてこんなことも書いたりしていたので 今回のことはとても残念だとしか言えないです。しかもまだ48。おばちゃんになったって現役で行けただろうに…。セレブには遠く及ばぬ極東の片隅で同時代を生きた世代としてもカナシイものがありました。
 その1週間前にはほぼ同時代のトップアイドルとして君臨してきたマドンナが、ああやってスーパーボウルのステージで健在ぶりを発揮してみせた矢先の訃報というのも皮肉なものだよね…。
関連記事

タグ : Life 音楽わき道

18:55  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |