FC2ブログ

ギャツビー読了

グレート・ギャツビー

 予定より大幅に遅れましたが「グレート・ギャツビー」を読みました。本を読むより先にレッドフォード出演の映画を観ていたので(かなり前だけど)いちいちその場面を思い出しつつ文章による描写を堪能。いつものごとく本編よりもあとがきから読んでしまったのもあるんですけれど、いつもの村上さんの翻訳本よりも文体が小説に近いような気はします。ひと夏に起こるうわーっと華開いて幻のようにまぼろしのようにふうっと消える夢のような感覚は、自分が感じるところの村上さんの「青さ」っぽいところをくすぐるのは何となく分かるような気がしたし、ほんとは60になったら訳そうと思ってたという計画の前倒しも分かるような気がしました。これまで出回っていた野崎孝さんの版も読みたいなと思ったし、村上さんの小説と比較して書くのも比較の対象少なすぎるのでもうちょっと読んだらまた「ギャツビー」に戻って読んで考えられたらよいなあ。映画ももう1回みたいです。
関連記事