2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.01.16 (Wed)

今年初の音楽ネタ

 さて、音楽のネタです。
 今年最初に聴いたのは恒例ツェッペリンですけども、Good Times, Bad Timesでした。久しぶりにアルバムで聴いてみたくなって。というわけで今年も正月休みからUSENで70〜80年代のチャンネル聴きまくるなど、どっぷり大昔から抜け出せないまんま流れているわたくしのミュージックライフ。タイムリーなことに年末年始にはSong to Soulの特番というかピックアップ再放送で「いとしのレイラ」→「クリムゾン・キングの宮殿」→「ホテル・カリフォルニア」→「天国への階段」という鉄板ナンバーをやってたんで当然録画。実言うとホテ・カリの放送はちゃんと見たことがなかったので、ランディのインタビューやらフェルダーさんの演奏が聴けたのはよかった。やっぱ再結成でやってきてあのドンの変わらない歌声が聞けても、ギターはフェルダーさんに弾いててほしいもんな。二度と叶わないことかもしれないけれど。

 そんなしょっちゅう再放送されているにもかかわらず毎度飽きずにちゃんと見ているSong to Soulだけどこないだは久々?に新作の放送でした。曲はJourneyのDon't stop Believin'。「親父のロック名曲路線とはちょっと違うくね?」と同居人はいぶかってましたが、まあこれまでだってBon JoviやらVan Helen(しかもJumpとか)なんかも放送されてるしねえ。それに当時メタラーに足を突っ込んでいたわたくしには無縁の世界でしたけども、バブル全盛期のディスコシーンじゃLong train runningと一緒に結構かかってたらしいなんつー話を聞いたことがあるんで、世代的には結構支持されてるんじゃないかと思うけども。まあ、3月の来日公演に向けた宣伝ってのも大きいんでしょう。
 番組本編にはニール・ショーンとジョナサン・ケインのほかプロデューサーやアートワークを手がけた(名前ど忘れ)方などがDon't〜楽曲制作裏話なんかを話してるんですが、バンドの成り立ちからスティーヴ・ペリー加入/売れ線狙ったバンドの方向転換でグレッグ・ローリー脱退とかジョナサン・ケイン加入、でもってEscapeで大ブレークしたってところの紹介まではいいけど、その後の遍歴やら今のメンバーに落ち着くまでの課程も入れてよかったと思うのよね。というのも、インタビューでもメンバーが言ってたけどあの曲は「ガンバレソング」。諦めなければいつかは…諦めたらいけないって内容ですけれども、ずいぶん前にも書いたけど現ヴォーカルのアーネル・ピネダなんかはそれを地でいったサクセスストーリーを持ってるわけだから、そのへんのエピソードも絡めれば3月のライヴの集客にも結びくんじゃないのかなーと思った。劇中でDon't〜が歌われてるということで「Glee」の映像とか長々やってたけどそんなのいらんから。

 というわけで、音楽というよりジャーニーネタでした。ちなみに個人的にはEscapeよりその前のライヴCapturedが好き。
 関係ないけど、ジョナサン・ケイン→BABYSつながりでジョン・ウェイトとかどうしてるんでしょう。濃いめの顔しか思い出せないけどほかのメンバーも。
関連記事

タグ : 音楽わき道

16:34  |  music  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |