2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013.04.29 (Mon)

歯が抜けた

 わたしじゃなくてPちの話。
 4日程前いつものようにPちといちゃいちゃしていたらなんか違う感じがした。もしや…と思い口を開けさせたら左上の犬歯がすぽっと抜けていてまあるい穴が開いている。軽いショックのあまり「ぺっちーがおばあちゃんになっちゃったよぅ!」…まあ、元々年齢不詳のPちこゆえ、出会った頃からばあちゃん疑惑は十分クロ。そんなにわたしがダメージ受けなくてもいいんですけども。
 いつ抜けたのかは分からないけどそんなに日は経ってないんじゃないだろうか、1週間ぐらい前にはまだあった気がするし…。Pちの犬歯は出会ったときから下の2本はなくなっていて、上の2本もその今回抜けてしまった左は右に比べると少し長めで、もしかしてこっちも抜けそうになってるんだろか?と触ってみたことも何度かあるけどぐらついてる様子はなかったのよね。口をぴっと閉じたときたまに先っちょがのぞいていていわばチャームポイントのようでもあったのだけれど。
 動揺したとはいえ、先代しろさんは出会ったときから歯がなかったし(どんだけばあちゃんだったのだ?)Pち自体も痛がるでもないしここ数日体調に異変があったわけではないので、とりあえず抗生物質でも飲ませておこうかと飲み残しを取ってあった錠剤のかけらを食べさせて、そろそろ毎月のお薬ももらいにいく時期だからついでに先生にも診ておいてもらえば安心だろうと今日病院に連れて行った。
 抜けちゃったんですねーとニコニコしていた先生だけど「抜けたのは犬歯」と言ったらばビミョウに態度が変化。歯が抜けるのは年を取ればしょうがないけれど、上の犬歯が抜けると状態が良くない場合には鼻の骨まで影響があるので注意しなくてはいけないのだそうです。でも、しろさんのケースもあるしPちだって下の犬歯の跡はきれいにふさがってるし、歯ぐきってだんだん縮んでいく物ではないのですか?と聞いてみると、なかなかそういうことはないです、穴を縫合!する場合もあります、とのこと。縫合???! おそらく「すぐにふさがる」ってわけではない、ということなんだろうけども、やっぱり軽く考えてはいけないようです。とりあえずぽっかり開いた穴を綿棒できゅきゅっと掃除して物が詰まったり、化膿したりしないように気をつけないといけないようですが、先生ならいざ知らずうちらにPちが綿棒なんて使わせてくれるのかどうかは限りなくアヤシイので、当面の間毎月お医者にはつれてこようと思います。来月は年1度の半日検査を受ける予定なんだけどもね。

関連記事

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

タグ : ネコさん

02:04  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |