FC2ブログ

仕事における着払い問題

…なんて、大した「問題」なんてことじゃないんだけど。前と同じ人物よりまたしてもそうやって送られてきたので、着払いで送るなら前もって知らせてねさりげなくメールで書いたらば、隣の同僚のところに「こんな風に言われちゃったんですけどーそれって業界的に御法度なんですか−?自分、今まで着払いでした送ったことないんですけど(汗)」ってことを入ってきたらしい。なんやそりゃ。

 着払いでものを送るのが御法度かどうかというのは、要は気持ち、というより心遣いの問題では。初めて仕事をした取引先の会社でそれで構いませんよと言われたのかもしれないけれど、だからといってほかがすべてそうとは限らないでしょ。今までそれに関してどこにも、何にもいわれたことがなかったからずっとそれでよしと思ってたのかもしれないが、相手だって仕事頼んだ相手にいきなりものを送りつけられてこられたら「この人ってば…」と思ったってなかなか当人には言いにくいもんでしょ(自分は言っちゃったけどさ)。内輪で「ねーねー、いきなり着払いなんだけど-」「マジー?」ってな展開じゃないのかなあ。
 そりゃたしかに仕事を依頼したのはこっち、ってのはあるのかもしれないが、だからといってもひと言の「断り」は一般論としてあって然るべきでないのか。あたしの頭か固すぎるんすか? でも相手の忙しい手を煩わせる案件だと思うなら、自分なら「着払いで送ってくれて構わないから」と伝えるし、逆の場合にも承諾はとりますよ。だって会社に受け取りようの常備金備えてあるかも分からないし、無言で建て替えさせるわけにもいかないでしょ?
 立場を替えて言うならば、自分がよそにお仕事くださいってアピールしてもらった素材を、作業の過程でそんなふうに戻すなんて先方の指示もない限りは恐れ多くてできません。それに言わせてもらえば、仮にもやりたいやりたい言ってふってもらった仕事を「あまり楽しくないー」とかアピールされてもねぇ…。やっぱこの方に問題があるようにしか思えないんだが。 
「御法度」以前に単なるお互い気持ちよく(ってほど大げさなもんでもないんだけど)仕事できる空気のようなひと言の気遣い、なんてスカした言葉でいわなくともフツーのマナーに過ぎないと思うんだけど。違いますかねぇ。

関連記事

0コメント

コメント投稿