2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2014.02.14 (Fri)

プルシェンコ

 ソチ五輪が始まり約1週間。今回はアイスホッケー男子の放送があまりに少なすぎることに向かっ腹をたてたわたくしは勝手に抗議を決め込んで(?)ほとんどライブの放送を見てないのだけれど、カーリングに一喜一憂してる同居人がまめに録画かけてくれてるのでなんだかんだ言いつつもちらちらみたりしている半へたれぶり。メダルを期待されていた有力選手が惜しい結果に終わっているのかと思えば、若者たちが表彰台に登ったりとかしているようだけど、やっぱり国のためとかいう以前に自分が悔いなく力を出し切って結果がついてくるのであればそれでいいじゃん。出し切れなかったことを一番悔いるのも選手なんだし、それまでやってきた自分の努力が報われるようにがんばってほしいと応援するってことでそれ以上外野がとやかく言わなくていいと思うけどね。

 そんなわけでフィギュアも録画でしかみてないんだけど、羽生クンは大したもんだし、でーすけだって十分表彰台は狙えると思うし仮に結果が着いてこなくてもあんなにきれいなスケートできる選手はあの中にはいなかったと思うし、町田君も「逆バレンタイン」なんつーコメントを残せるだけの心の余裕があるのならまだ行けると思うし、ジェレミーはあんな酷い転倒してもすごくがんばったなーとか、「カナダのトム・ソーヤくん」と勝手に命名したケビン・レイノルズ君が使ってるAC/DCに興奮したり、ジュベールやらベルネルくんやら…とそんな熱心に観てるならリアルタイムでみろよって気もするんですが、プルシェンコの棄権はすごく残念でした。
 やっぱりロシアの男子枠1人しか選べなかったっていうのがそもそもマズかったんじゃないのかしら。だってプルシェンコはどうしても外せなかったコマなのだろうし、団体戦の種目が決まった時点でっていうかソチでやること決まった時点でせめて女子並みに男子も3枠ぐらいとれるような強化をして来れたらよかったのに……。
 でもってあの団体戦も、選手にしてみれば個人種目別に先だって実際のリンクで競技できることで氷に慣れられるという利点はあるのかもしれないけれど、仮にケガとか消耗してしまったらリスクは増えるわけだし、団体専用の選手を加えられないのであれば枠が1つしかない国の選手には当然負担になるだろうし。プルシェンコにとっては、チーム・ロシアとして金がとれたのは、もちろん彼のパフォーマンスも素晴らしかったし勇姿を観られてよかったと思うけれど、せめて個人種目のあとに国別対抗を持ってきてもよかったんじゃないかと思うんだけど。これまた部外者の余計な邪推ではあるけれど、なんだかモヤモヤしたものが残ってとっても残念です。
 とりあえず今日のフリーはみんな出し切れるといいですね。願わくば日本の選手が1等賞のメダルがとれるといいけれど。
 プルシェンコはこれが本当に最後になるとしたら、お疲れ様としか言えないですね。すごいカリスマだったと思うし、いい選手でした。ゆっくり休んでほしいです。

関連記事

タグ : オリンピック フィギュアスケート

16:57  |  sportこばなし  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |