2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.03.20 (Thu)

ズーイorゾーイー

 ここのところ口を開けば、というかここに何か書き込もうとすれば仕事だ、忙しいーばっかりで、面白くもなんともないことでまったく申し訳ないんですが、ストレス解消法といえば、そりゃ買い物。消費税アップ前にぜひ買っておきましょう!なんて口車にはのらないようにふふん、と思ってたのはいつのことやら、もーいったん楽●やら密林に行ってしまうと物欲がとまらなくなるので極力近づかないようにしていますが、これが近所のスーパーとかでかけたらでかけたであれこれバカスカ買いこんじゃ、これひとりでどーやって食うんだ?とわが身のアホさを悔やむことしきり。来週にはようやく同居人がお勤めを終えて帰ってくるので、そのまえに大量の段ボウルを廃棄せねば(爆)

さて、先日村上春樹氏の新訳版「フラニーとズーイ」を近所の本屋さんで買いました。

フラニーとズーイ (新潮文庫)

 なんども言ってるように発刊されればそれだけで社会現象巻き起こる~みたいな村上さんの新刊小説には、あまり興味のない自分ですが、エッセイとかとりわけ翻訳本なんかはついついそそくさと入手してしまいます。村上さんの新訳版というのはギャツビーやらチャンドラー一連ものにしても、清水俊二さんや野崎孝さんの訳本に慣れて思い入れ持って読んできたほうとしては、正直手放しで歓迎しているわけじゃないなくて、今回新聞の宣伝になってた「こんなにおもしろい話だったのか」みたいなコピーもなんかしつれーじゃん?と思わないでもなく、でもやっぱりとりあえず買ってしまった次第。

 まだ本編を読む時間が取れないのだけれど、いつものように村上さんのあとがきだけは真っ先に読んでしまったんだけど、その中に今回の改題についてちょっと触れてあった。「Zooey」という名前をどう発音するかいろんなアメリカ人に取材したら「ゾーイー」と「ズーイ」それぞれ読み方はあったけど「ズーイ」のほうが若干多かったのと、ドキュメンタリー映画の中で「ズーイ」という発音で統一されていたことと、村上さん自身の語感の好みで「ズーイ」としたとのこと。ふーん。でもレニー・クラヴィッツの曲の中じゃ「ゾーイ」って歌ってるじゃん、とか思ったんだけど、よくみたら向こうの綴りは「Zoë」なのでまるで別物だったのだけど、固有名の読みって当人がどう読ませたいかだと思うので、本当のところはサリンジャー当人しかわからないのじゃなかろうかとか思ったり。

 なんてことをちらりと考えていたら、このあいだ見たLevon Helmのドキュメンタリーの中で、ザ・バンドがエド・サリバン・ショーにたぶん初めて出演した際の映像で、エド・サリバンが「君の名前なんと呼べばいいんだ?」と確認してから「リヴォン」と紹介してる場面があって、綴りからだとはっきりしない時にはやっぱ本人に聞くもんだよねと思ったところだった。
 でもって、そこからそういえば最近じゃドイツ映画でもMichaelを普通のドイツ語読みならミヒャエルだけど、マイケルと英語風に呼ばせてることもよくあるもんなあと、あれこれとぐるぐる考えてしまったのでした。

と、とりとめないことを。



関連記事

タグ : 本の話 村上春樹 翻訳

23:49  |  本とか絵とか  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |