2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.04.17 (Thu)

ライブ雑感その1(今さらストーンズ)

 今年に入って出かけられたのはストーンズとジェフ・ベックだけだけれど、そのほかも含めればメジャーインディ新旧問わず来日ラッシュが続いてますよねえ。音楽業界も映画と同様、売れ行きは邦高洋低みたいなことがいわれ出してずいぶん久しい気がするけれど、それでもこの来日具合ってもちろんジャンルも客層もばらけているんでしょうし、なかなかバッティングすることって無いのかも知れないけど、それでも網羅しきれないしなによりジジ連というか大物は単価が高すぎて1つ見にいくだけで大枚が飛んでいく…。キビシイざんす(涙)。でも、去年11月には行きそびれたので国立のポールは行くけど。サマソニのロバート・プラントも行きたいー(ってまたジジ連ばっかりじゃないか…)


さて、そのライブ2件ですが、ストーンズなんていまさらって感じだけどちょろりと感想を。

 今回初めて観たストーンズは3公演のうち最初と最後に出かけました。セットリストをあとから見たら、もしかして2回目が一番、ミック・テイラーが活躍したんじゃないかと思われ、こんなことなら全部行けばよかったなと思いました(お財布のことは忘れて)。
 初日のはビギナーズラックというか、端のほうではあったけどここ数年のなかではかなり良席があたったので、ミックの顔のしわしわまでしっかり裸眼で確認出来ました。だけど、わたしの席のサイドのスピーカー調整がイマイチだったのか結構ハウってしまってて、こっちに来るとスピーカーがキンキンいうものだから、途中からミックってばあんまり来なくなっちゃった(泣)。最後のほうはものともせずに端から端まで走ってくれたけど。
 それよりあの最近はやりの花道を取り囲む席をすげー値段の区画として売ってるスペシャルシートですけども、今回8万とか言ってたっけ? 相撲やら歌舞伎の桟敷みたいに特別なお土産がつくならともかく、あれ、あたしが仮に今回のストーンズその値段で席買っていたとしたら、金返せってムッとしたと思う。だってあんまり活用してなかったよね…ミック。まあ全然行かないってことはもちろんないのだけど、8万の価値あるほどの頻度で目の前で見られるわけじゃないと思うし、あれなら端でもSS最前でみたほうが特だと思うんだけど。なんだってあんな砂かぶり席みたいなのが定着したんでしょうねえ?

 それはともかく中身のほうはというと、とりあえず自分は初体験だったので、最初から最後まで興奮しっぱなしではありましたが、それは置いといても、初日はちょっとキースがしんどかったですね。曲のイントロとちるなどはご愛敬でも、真ん中の持ち歌コーナー2曲の基本以上のはずれっぷりに大丈夫なんだろか?と思ったんですが、あとからレポート記事を読んだらやっぱり初日は体調不良だったんですね、彼ってば。間がしばらく開いた(2日目)最終日はコンディションも回復してくれたようで規定値に戻っていて(…)安心しました。
 セットリストをざっと眺めると3日間とも選曲がちらりほらりと変わっていてやっぱり全部、、、と思わないでもないのだけれど、初日のオープニングのGet Off Of My Cloudには他ツアー映像で予習もしないで観たのもあって、非常に盛り上がったし、二日目は例によって職場ベランダで耳を澄ませていたのだけれどStart Me Upのイントロ来た時にはさすがに1人ギャーっと絶叫。最終日のJumpin’ Jack Flashではいきなり!?とまた興奮、というわけでそれぞれ出だしからテンション上がりっぱなしでした。
 ひとつひとつの曲については私なんかが書かなくたってもっと詳しい方々が語っているでしょうから割愛しますが、ステージ観ていて気がついたのはキースもロニーもタバコってあんまり吸わなくなったんだーってことだろうか。初日のロニーは曲の合間にタバコに火をつけては次の前にささっと消して、みたいなちょっと隠れて吸ってる風な感じだったけど(最終日はいわゆる往年のくわえ煙草姿がみられたんでなぜかホッとしたり)、キースなんて1本も吸ってなかったんじゃないかしらん。体調も今ひとつだったのかもしれないけどクリーンなのね、って思いました。チャーリーはチャーリーだったし、ミック・テイラーは生で観られただけでもありがたいって感じだったし、でもってミック・ジャガーは、やっぱりミックというかすごい。あのスコセッシの映画のときですらすごいと思ったけど、あれからまた5〜6年は経っても変わらないというかよりパワーアップしてるのがすごすぎる。普段普通に節制しただけじゃあそこまでできないと思うので、以前も書いたけれど相当の努力はしているのだろうと思うけれど、ミック・ジャガーがミック・ジャガーであり続けるための努力というかそのプロ意識というか意地には本当に脱帽。おそるべしです。でも、曲の合間にドリンク飲みながらやれやれっぽいおじいちゃん風ボヤキというかなんかぶつぶつ言ってた姿のギャップがみていてちょっとクスッと笑えた。
 などなど、ライブからしばらく経った今でも思い出せる場面はあれこれあるけれど、一番印象に残ってるのは(ホテイの場面はもう覚えてない)やっぱり最終日のSatisfactionの最後の最後のおかず、というかゴスペル風のアレンジのところ。めちゃかっこよかったしずっと忘れないと思う。
 また生で観られる機会があるかどうか分からないけれど、今回はよきライブみせてもらってありがとうございました&体験できてよかった!って思いました。

3日間のセットリストは こちらに
あと、こんなの上がってました。




関連記事

タグ : ローリング・ストーンズ ライヴ

08:40  |  お出かけ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |