2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.05.18 (Mon)

今週のつぶやき243

 最近少し通常モードに戻ってきたので、隙を見計らって歌舞伎座と国立博物館に出かけました。

 先日歌舞伎ネタの仕事をやっていたのもあって、何か観に行きたいなあと思っていたんだけれど、ちょうど今月は團菊祭。菊之助くんの出し物も新聞に寄れば評判よいし、どれも結構よさそうな出し物だったので久々昼夜出かけてきました。
 今回昼の部の2本、「摂州合邦辻」「天一坊大岡政談」は菊之助くんの女形も小悪党ぶりも十分堪能できるプログラムで好評も十分に納得。夜の部の3本のうち「丸橋忠弥」「め組の喧嘩」は何度か前もみたことがあると思うのだけど初見の「蛇柳」も含めどれも立ち回り&大人数でうわーみたいな派手というかわいわい賑やかな演目で楽しかったですね。個人的にはずいぶん久しぶりに松緑くんを見たんだけれど、前は声はりあげるばっかりで台詞棒読み風とかどうなんだろ?と思っていたのだけれど、なんだかとても上手になっていて失礼ながらビックリ。酔っぱらい忠弥の役どころも決まってたし、すごくいいなと思いましたねー。
 やっぱり菊之助・海老蔵・松緑の3人って若い頃からある程度段階をおって見てこられた役者さんなのでそれぞれ成長ぶりが分かるというか、それはうれしいなあと思うんだけど、そうすると今回むむむ…と思ったのは海老蔵くんだろか。でも、朝日の歌舞伎評で叩かれてるほど悪くはなかったと思うぞ。台詞の節回しとか好みもあるだろうし(わたしもそんなに上手だとは思ってないけども)ある程度の批判はあったほうが本人のためになるとは思うけど、あの欄の担当者は毎度毎度のことだけど海老蔵くんにカラすぎると思うわ、まじで。でもまあ、そこにいるだけで華のある役者さんだからいいんですけども、ブログアップもほどほどに(…)文句の付け所のない役者さん目指して精進してほしいっすね。

 国立博物館は平成館の鳥獣戯画展へ。いや、混雑は覚悟していたんですけれど…激っ混みすぎ!!金曜の夕方で、夜も時間延長でやってるからまだマシだろうと出かけたのだけど、外にできてた列は意外と早めに進んだので(とはいえ1時間以上は待ったはず)これは中もいける?と期待したんだけど全く甘かった。。。「鳥獣戯画」といって真っ先に頭に浮かぶウサギ、カエル&サルの場面を描いた「甲巻」を見るための列というのが中にできていて、これがもう展示スペースぐるっぐる巻きの壮絶な大行列で並んだ時間はそこだけで軽く2時間越え…ものにたどり着いたときには疲労困憊でした。展示は巻物の前後半に別れていて、作品の品質保持のために半分ずつ公開されているのだけれど、こんなにならぶんなら後半なんか見にこなくていいーっっ!てマジで思ったもの。
 でもね、かわいいんですよ、やっぱり本物って。メチャクチャ疲れてても、今にも動き出しそうなウサギちゃんやらちょこちょこっとしたイラスト、といったらあれだけどさらりと描かれた墨絵の背景やら小さな物見てるだけでなんだか自然と笑顔になっちゃうのよね。なんだか最近こんなのが続いてますけども、そんなトータル4時間近くもかけて並んで見てそんな甲斐があったかといえば…やっぱり見てよかったとは思いましたよ。あの時は後半なんてもうぜーったい見ないと思ったけど、やっぱりカエルとウサギのお相撲場面はみておきたいよなあ…なんて思い始めてるこの頃。なんて言ってるうちに、また会期終了が迫ってエライ目に遭いそうな気もしてきた。

koinu05152015.jpg

 鳥獣戯画のある(今はオリジナルは京都と東京の博物館で保存)高山寺にある子犬の彫り物のレプリカ。本物も来てるんだけど、レプリカちゃんも十分かわゆいのです。

関連記事

タグ : 美術館/博物館 歌舞伎

18:28  |  お出かけ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |