FC2ブログ

はじめてのハーレクイン

 向学?のためにハーレクインを1冊読んでみた。普段ほとんど読んだことのない類のジャンルなのだけど、翻訳のニーズはあるのかと思い、傾向と対策用に。
 原文と付け合わせをしてないので堅いのか柔らかいのかわからないけど、どちらかと言えば訳調含めて「翻訳」調なんだろうか。というか、たぶん自分のしてる今までのしごと2が極端なぐらい流れ重視に傾いているところがあるともいえなくもないので、これがごく普通の文芸翻訳なのかもしれないけど。
 でも予想してたよりどぎつい表現はなかったな。というか、以前にとある翻訳学校主催のトライアル課題を読んでみたときには、これホントにフツーの課題なの?って思うような結構過激な場面というかもろハードコアな描写がばばーんとでてきていたので、そういう路線なのか、ヒョエ〜と思ったんだけれどね。それともその課題だけがとりわけ特殊だったのだろうか?? 
 その辺は個々の作品とか分類のシリーズにもよるのかもしれないけれど、どれぐらい我々で言うところのディレクションというかチェッカーの手が入ってるものなんだろ? 原文と付け合わせのできるタイトル探してもうちょっと調査の必要がありそう。

関連記事

0コメント

コメント投稿