歌舞伎座へ



 立て替えのためのさよなら公演から早3年。新しくなった歌舞伎座へ出かけてきました。
 建物の全景が見えたときに、元の建物からほとんど形が変わっていなかったことに、嬉しいなと思ったのだけれど、今日中に入ってみてロビーから吹き抜けの佇まいも元通りであることに驚いたし、余計に嬉しくなりました。でも舞台空間は広いし、輪をかけてナイスなのは座席の前後間隔が広くなってたこと。インターナショナルサイズのわたくしには非常にありがたいw。
 3年前のさよなら公演の最後に自分が見たのは籐十郎さんの「藤娘」だったのだけれど、今回の最初に見られたのが同じく籐十郎さんの鶴の舞いだったのが、とても感慨深く思われました。
 悲しい出来事も続いたここ最近の歌舞伎界でしたが、新開場で盛り上がっていくことでしょう。
おかえりなさい、歌舞伎座!

関連記事

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment