FC2ブログ

歩くわたし

 九州は大雨で大変なことになっているけれど、先週半日ほどで台風が去っていってからまるで梅雨が明けたんじゃないかと思うようなカンカン照りの日が続いている東京。このお天気、南の方に分けてあげたかった。

 そんな中、今日の日差しは昨日に比べれば少しはマシだったので千鳥ヶ淵緑道経由のウォーキング続行。緑道経由出勤は、自分にしてはこれまでになく続いているほうなのです。とは言っても週に3〜5日ぐらいのペースなので決して皆勤賞ではないけども。

 歩いてるわけは…やっぱり健康診断の結果を受けてというのはあるけど、自分の結果そのものよりも同僚くんの努力話に焚きつけられたのはある。というのも、それまでまだ若いくせにわたしぐらい血圧高かった彼が今年の検査結果はそれなりに改善できたというので「どうしたの?」と聞いてみたら、毎日玉ネギを食べ続け、なにより雨の日以外は新宿から自宅まで歩いて帰っているという話。感心して帰宅してから同居人にその話をしたら「やっぱりそれは本気度の違いじゃないの?」と。そりゃそうだよな… 。それからなんとなく心に引っかかるようになり、しばらく放置していた食べた物の記録や職場から二駅前で降りて緑道を歩くことを再開というわけ。

 これまでも緑道経由通勤は春先やW杯シーズンや夏に蒸し暑くて早起きしたときなど気が向いたときにしていたけれど、カンカン照りの日が続くと暑いし、大汗かくし、忙しいしと何かと理由をつけて基本根性なしの自分はさくっとやめていた。今年はいまのところ続けられてる理由はといえば、はっきりいっていつもより仕事が多くないというのも大きな要因ではあるけど、なんとなく習慣づけられつつあるのかなという気もしてる。半蔵門の駅が近づくと毎日「今日どうしようかな…」と迷わないこともないけれど、いつの間にかホームに降りてしまってたりして。

 あとは、やっぱ昔とった杵柄じゃないけどバスに乗りっぱぐれると2〜30分山越えて歩いて通学していた身としては、緑道の緑の中をぶらぶら歩くのはやっぱり気持ちよかったりするのもある。

 …なんてこと書いていていつまで続くかは分からないけども、とりあえず秋の繁忙期まで、でもって真っ最中も気分転換がてら歩けているようならば、四季折々の千鳥ヶ淵の写真でもお届けできることでしょう。




関連記事

0コメント

コメント投稿