FC2ブログ

ネガティブカッター

といいつつ、そんな商売の専門的なことではなく

ネガティブは「ネガティブなこと」のほう。


 SNSでフォローしているわけではないのに、よそから回り回ってきた発言が結構悪意と偏見に満ちているものに感じられて「何者だよこいつ」的に発言主のプロフをさかのぼってみたのが去年の秋頃。海外在住だというその人物の現状や過去の履歴を読んでいるうちに、偶然にも間接的に心当たりのある人だと気づいてしまった。本人の身内とつながっている表アカとは別に、思いの丈を叫ぶその「裏アカ」のフォロワーは約6000人。つぶやき数は日に100を越える日もあったりして、よほどヒマなのか、直接話してガス抜きしあえるようなお友だちが身近なところにいないのか、いずれにしても寂しい人なのだなぐらいに思っていたのだけれど、それからも彼女の叫びはときおり流れに流れてきて数回目にすることがあった。

 それだけ共感なりなにかを感じて回す人がいるから自分の目にも触れてしまったりするんだろうけれど、「ふうん」と思うことはあっても多くの言葉のチョイスや斜め断言具合、飛躍と執拗にも感じられる繰り返しの文言に、あまり書き手の精神状態が健全とは思えなかった。加えて、個人的な偏見で申し訳ないけれど、海外から匿名使って激しくわーわーキャーキャーと声高風にがなりたてる輩はかなり胡散臭い印象で、ちょっと勘弁願いたいと思っている。

 にも関わらず、なんとなくその彼女の思いの丈をちらちらのぞきに行くようになってしまった。人の不幸は蜜の味じゃないけれど、意外なところでたまたまつながっていたという興味本位ののぞき趣味も手伝って。でも、さすがにいい加減ドンヨリしてきてしまった。ヘタに読んでしまっているうちに、気がつくと本当に、実にとてもイヤな気分になっているのだ、こちらまで。ここのところ自分の公私でめげることも多々あったこともマイナス方向に影響してるのかもしれないけれど、ガンガンと書き殴られた文章ってやっぱり気を削ぐものなのだなと思った次第。

 ネガティブはカットしたいものだけど、なかなかそうもいかないところが自分の下世話なところを見るようでなかなかイヤなもんだと思いつつ。

関連記事