FC2ブログ

報じることと晒すこと

 両者どこかの点で表に出すということの共通点はあるかもしれないけど、ごっちゃになってる気がしてならない。
 犯罪が起きてその被害者がいて、その方を報じる場合どこまでどういう形でというのはいつでも意見が分かれるものだと思う。それって報じる側の内部でも一致することはないんじゃないか(というか両論あってほしい)と願うけど。
 相模原の事件のとき、被害者の肉親の方々から彼・彼女がどんな子だったか知ってほしいという希望がでてのちに報じられたというのは、手を下した側のあまりに勝手な持論を正す意味でもそれは十分理由のあるものだと思うけれど、今回の事件はどうなのか。センセーショナルな猟奇的事件の一報が報じられ、日ごとに犠牲者の数も増え、その全員の身元が判明した。それはこんな方々でした、と写真かかげて報道するのって、いくら彼女・彼らが視聴者であるあなたがたと同じように普通に生活を送ってきた人々なのだ、と訴える意図があるにしても時期尚早過ぎると思うし、多くの人には必要のない情報だと思う。そしてご家族や彼らと親しくしてきた人々の気持ちはどうなるのだ。
 今の時代情報提供を募れば、そんな彼らの周囲含めていろいろ安易に手に入るのかもしれないけれど、晒すこととまともな報道は違うのだときっちり線を引いてほしい。白日の下に晒さなければならないのは、犯罪被害者のプライバシーではない。もっと重大なことがあるはずだ。
関連記事