FC2ブログ

小さな出口のひかりへ

 職場にはひと山越えたというか今年のお仕事も終わりね的まったりした空気がふんわりしてるのに、わたしの周りだけあいかわらず殺気を帯びたキリキリ感が漂っているのである。あーあ。来週スタート分の納品を数本済ませて地方に送らなくちゃいけない分の完成が見えた昨日・おとといには一瞬気も抜けたのだ。ようやく、ようやく長いトンネルの先にちっちゃい空気穴が見えたよぅウウウと。だけど落ち着いて考えてみたらまーだまだ量はたんまりあるし、技術的にめんどい行程を経なければならないブツたちがうじゃうじゃあって、まだ喜んでもいられない。やっぱりお金方面から揺さぶりをかけるしかない気がしてきた。なんとなく光だけは見えてるのに、もどかしい。

 うちの地域は月木で燃えるゴミ回収なのだけど、マンションの管理人がゴミ置き場から回収用に表に移すのは月曜だけといつのまにか定着してしまったので、回収日の朝は自主的に表に出しにいくようにしている。この辺に回収車が来るのはいつもは9時15〜20分ぐらいだけど月曜以外の休日ってほかでも回収量が少ないのか結構早くやってくる。今日も8時40分ぐらいだったかな。いつもならヒィ〜って感じだけど今日も出勤のわが家はとっくに起きていてゴミ出しもふふんと余裕だった。休日出勤も悪くない。とミョーなこじつけをして、この雨の中出かけますかね。
関連記事