FC2ブログ

宅配便のはなし

 うちの職場の配送はヤマトさんを使っているのだけれど、9月だか10月の終わりだったかに配送料の値上げと配送時間帯の変更の話をきいたときには、そうだよね、大変だもの、値上げぐらいしたっていいに決まってるじゃないですかーなんて出入りの担当さんをみんなで励ましたものだった。だけどしばらくあたふたしていてふと落ち着いたとき、集荷のついでに個人払いの分を出したらその値上げ幅にびっくらこいたものだった。
 そういえば、以前夕方の集荷以降の時間に荷物が出たときには近所のコンビニに行って処理してもらえば、夜8時ぐらいまでなら配送先が都内近郊であれば翌日午前中着便、終電近くの時間に持っていっても翌日14時以降着の便で配送はしてもらえたけれど、今は6時前に持っていっても都内ですら翌日着でなく翌々日着になるんだよ、という話で同僚たちとわいわいした。(※集荷の回数が1日1回になったそうでたぶんコンビニの場所にもよるのだろうけど集荷の時間もまちまちみたい。営業所に直接持ち込めばそこまで厳しい時間制限ではなさそう)
 だけどそれだけ無理きいてくれてたんだよね。ヤマトさんの車両にいまだオリンピックのロゴと一緒に貼ってある「世界が驚く物流」云々のステッカー。震災の時には被災地へのいち早い配送対応の報道記事に本当に心からすごい、ありがたいと思ったヤマトさんだけど、その「世界が驚く物流」がドライバーさんやスタッフさんのあまりにしんどいオーバーワークという犠牲の上に成り立っていたと思うととてもむなしく哀しい。
 職場では「まあ、昔どおりのサービスに戻っただけだし、うんうん」なんてまとまったとは言え、なかなか慣れてしまったものを以前の使い勝手に戻すことは難しい。じゃあこれからDVDとか送るのはなるべくやめて動画ファイルのやり取り中心にしようとか、ちょっとしたものを送るときはレターパックがいいね、なんてことも話した。
 そう。うちくんだりの利用具合でも代用として考えたのは郵便局なのだから、普通の配送関係が一気にそっちへ流れるのは当然だったんだろう。そして案の定この年末はゆうパックの配送がピンチだという。
 おりしも世の中は年末商戦に加えてひんぱんに続く楽・やら密林のセール。自分もちまちま利用してしまっているので大きな顔はできないけど、よく購入してる実家のクラフトビール、以前はヤマトさんと共同で開発したと書いてあった輸送箱がちょっと変わっていて、郵便局さんが届けに来てくれたのは単に本数のせいなんだろか。そんな重たいもの買っといた口で申し訳ないけど、どうか郵便局さんには無理のない範囲で頑張ってほしい。
 てか、やっぱ日用品でも小物でも近所で買えるものは通販利用せず近場で買ったほうがみんな幸せだと思うんで、微々たる協力でもそのように心がけようとまた思った次第。
関連記事