FC2ブログ

花粉襲来

 思えば、まだ田舎にいる高校時代のころから春先はいつもいつも偏頭痛がしてキライだった。その当時は花粉症なんて言葉もなかったような気がするし(あったのかもしれないけど、ここまで身近ではなかったというか)、うちの田舎はめちゃ寒いので特に冷え込む2月ぐらいにはよく風邪をひいて寝込んだものだったけれど、少し寒さが緩む3月には寒暖の差に体が追いつかなくてだるいのかと思っていた。たぶん当時から花粉の気はあったんだと思う。だけどまさか、目の前に杉の木ばやしがどーんとあるところ住まいの自分が花粉症になるなんてフツー思わないよね。誰もが持ってる抗体の許容がいっぱいになってそれが溢れると花粉症になる、みたいなメカニズムを聞いたことがあるけれど、自分が症状を自覚したのはたぶん30代のころなので、杉の木ばやしの前に住んでたわりには結構持ちこたえたほうなんだろうか。それとも免疫ついていたのが長年の都会暮らしで尽きたのかしら、オホホ…などなど、あれこれぐるぐる考えてるうちにまた鼻水がつつーっとたれてくるので、点鼻薬をしゅこしゅこして鼻の奥が苦くなっている。頭痛も相変わらずだけど毎日バファリン飲むわけにもいかないので、よほど辛くなるまでは飲まないようにしている。ともかく、今年も花粉の季節が本格的にやってきた。
 昨日電車に乗っていたら同じ車両にくしゃみが止まらなくなっている若者がいて、ほんとにあんまりにも連発するのでなんだろなと振り返って見ちゃうほどだったのだけど、あまりのデロデロ具合にせめてマスクなりハンカチで押さえるとかしろよなと他人事ながら思ったり。隣に座ってた外国人の人とか迷惑そうだったのに。二人ともよく席立たないなあと思いながら。
 とりあえずしばらくは花粉の試練も続くけど、サクラの開花予想も少し早まったらしいのでせっかくの春、楽しみたいものだ。そろそろ通勤途中の散歩も復活しなければ、完全防備きめて。

関連記事