FC2ブログ

母方の受難

 昨日、母が慌てて電話してきた。ここのところ毎日のように電話があったりこちらからもしたりしているけれどただならぬ様子。きけば母の長弟である横浜の叔父が緊急入院して危ないと叔母から連絡があったのだとか。どこの病院に入院したか聞いたのかと問えば慌てて聞きそびれたのか黙り込んでしまったので、こちらで調べることに。とはいってもそんな事態なのに叔母に電話をしてもおそらく捕まらないだろうと思ったので、もう1人の叔母2に連絡を取ってみる。彼女は10年ほど前に亡くなった母の次弟のお嫁さんなのだけれど、ありがたいことに今でもこちらの実家にもわたしなんぞにも親しく連絡をくれるなどよく気の回る優しい人だ。そんなわけでメールしてみるとやっぱり叔母とは連絡がつかないらしい。大ごとでないといいけどとやりとりしつつ仕事していると再び母より電話があり、今度は母の姉である盛岡にいる伯母も入院したという。偶然といえば偶然なのだけどなんとも間の悪いというか。とりあえず何かあれば連絡はもらえるからと母を慰めて電話を切るも、これで盛岡に帰ったりあれこれ出かけるのも、今は仕事は繁忙期でもなく多少自由がきくとはいえちと困る。でもたまたまとはいえ万が一のことがあれば母にはキツイモノはあるだろうし。これも今後対処して行かなくちゃならないのだなと再び考える。自分が悩めばいいだけの問題じゃないからね…誰もが通る道ではあるのだろうけれど。
 その後、叔母と連絡が取れた叔母2が母に電話を入れて叔父はICUに入っているとはいえ容態はひとまず落ちついていると説明をしてくれた。甘えてばかりもいられないけれどとてもありがたいことです。やっぱ今年は大変かもしれない、家まわり。
せめて自分は心身共に健康でいなければ。

関連記事