FC2ブログ

ノートルダムの火事

 昨夜遅くまで自宅仕事しつつそろそろ寝ようかという時間、そのまえにツイッターでもと開いたときに飛び込んできたパリ・ノートルダム大聖堂の火事には目を疑った。激しい炎を上げて燃えさかっている画面を呆然と見つめていたらあの尖塔が焼け落ちる映像が。観光で訪れた程度の自分でもショックだったのだから、パリの人、フランスの人たちはどんなにかショックだったろう。長い歴史の中では革命やら戦火もあっただろうけれどそんな年月をくぐり抜けてきた建物があっという間に失われて行く様子はあまりに儚かった。消火活動が続く中祈ったり賛美歌を歌いながら様子を見つめる人々に心が痛んだ。状況は違えどアフガニスタンのあたりでタリバンに破壊された岩壁の仏像の写真を思い出したり。つらい。
 最終的なダメージがどれほどかは分からないけれど、もう国を挙げての再建の計画や援助寄付の報道もでている中、相変わらずいまだにストやら続くフランス国内も、このことが心をつなぐじゃないけれどひとつになったりするんだろうか。ならば大聖堂も本望なのかもしれないけれど。
いつの日か再建されたあの場所を訪れられたらいいな。
関連記事

0コメント

コメント投稿